アルマ書25
戻る 次へ

第25章

レーマンじんしんりゃくひろがる。ノアのさいたちのそん,アビナダイがげんしたようにほろびる。おおくのレーマンじんかいしゅうし,アンタイ・ニーファイ・リーハイのたみくわわる。かれらはキリストをしんじ,モーセのりっぽうまもる。げんぜんやく九十ねんから七十七ねんいたる。

1 さてよ,そのレーマンじんぶんたちの同胞はらからころすことになったのでますますいかり,ニーファイじんへのほうふくちかった。そして,そのときにはもうアンタイ・ニーファイ・リーハイたみころそうとはしなかった。

2 そのわりに,かれらはぐんたいひきいてゼラヘムラのさかいえ,アモナイハのにいるたみめてほろぼした

3 そののちかれらはニーファイじんなんたたかったが,そのたたかいではらわれ,ころされた。

4 そして,ノアのさいであったアミュロンとかれなかたちのそんは,そのほとんどぜんいんころされてレーマンじんせんしゃなかにいた。かれらはニーファイじんによってころされたのである。

5 また,のこったものたちはひがしんで,レーマンじんはいするけんりょくけんのううばり,かれらがしんこうっているというゆうでレーマンじんおおくをあぶりにしてころさせた

6 それというのも,レーマンじんなかおおくのものたちが,おおくの同胞はらからうしない,じょうおおくのなんけたのち,かつてアロンとかれどうりょうたちがぶんたちのつたえたことおもすにいたったからである。そして,これらのものたちは,せんつたしんじるのをやめてしゅしんじるようになり,またしゅがニーファイじんおおきなちからあたえられたことをしんじるようになったのである。このように,なかおおぜいのレーマンじんかいしゅうした。

7 さて,アミュロンそんのこりのものはいしゃになったものたちは,まことに,これらのことをしんじているすべてのひところさせてしまった。

8 すると,このじゅんきょうおおくの同胞はらからいかりをかきてられ,あらそいがこった。そして,レーマンじんがアミュロンとかれなかそんしてころはじめたため,かれらはひがしんでしまった。

9 そしてよ,かれらはいまでもレーマンじんまわされている。このようにして,ぶんころすようにけたさいたちのそんについて,アビナダイのべたことじょうじゅした。

10 アビナダイは,「あなたがたがわたしにおこなことは,しょうらいこることのけいである」とったからである。

11 さて,アビナダイはかみしんじているというゆうあぶりにされてんださいしょひとであった。したがって,かれおうとしたことは,おおくのひとぶんおなじようにあぶりにされてぬということである。

12 アビナダイはノアのさいたちに,かれらのそんはアビナダイがころされるのとおなほうほうおおくのひところすが,そののちかれらは,ひつじいのいないひつじじゅうわれてころされるように,ほうぼうらされてころされるとべた。よ,これらのことじっしょうされたのである。さいたちのそんはレーマンじんわれ,され,たれたからである。

13 さて,レーマンじんはニーファイじんかせないことをると,ふたたぶんくにげた。そして,そのなかおおくのものがイシマエルのとニーファイのうつみ,かみたみ,すなわちアンタイ・ニーファイ・リーハイたみくわわった。

14 かれらもまた,その同胞はらからがしたようにぶんたちのにかなったたみになった。そしてしゅみちあゆみ,しゅいましめとしゅおきてまもるようにつとめた。

15 また,かれらはモーセのりっぽうまもった。モーセのりっぽうはまだすべてはじょうじゅしていなかったので,かれらはモーセのりっぽうまもひつようがあったからである。しかしかれらは,モーセのりっぽうまもっていたにもかかわらず,キリストのらいりんのぞんでいた。かれらは,モーセのりっぽうはキリストのらいりんけいであるとかんがえ,キリストがぶんたちに姿すがたあらわされるときまでは,それらのがいけいじょうつとめをまもらなければならないとしんじていたからである。

16 ところでかれらは,モーセのりっぽうによってすくられるとはおもっていなかった。しかしモーセのりっぽうは,キリストをしんじるしんこうつよめるのにやくった。このようにしてかれらは,しょうらいこることについてげるげんれいたよりながら,しんこうをもってえいえんすくいにあずかることができるというぼういだつづけたのである。

17 さてよ,アンモンとアロン,オムナー,ヒムナイ,およびそのどうりょうたちは,しゅかれらのいのおうじてねがいをかなえてくださり,またすべてのことについてしんことじっしょうしてくださったことをって,かれらがレーマンじんなかせいこうじょうよろこびをたのであった。