アルマ書 24
    脚注

    第​24​章

    レーマンじんかみ​の​たみ​を​める。アンタイ・​ニーファイ・​リーハイ​じん、キリスト​の​こと​を​よろこび、てん使​たち​の​おとずれ​を​ける。かれら​は​えい​する​より​も​むしろ​ぬ​ほう​を​えらぶ。さらに​おおく​の​レーマンじん​が​改宗かいしゅう​する。げんぜんやく​九十​ねん​から​七十七​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、アミュロン​の​、また​ヘラム​の​、さらに​​エルサレム​の​ようするに​周辺しゅうへん​の​ぜん​に​いて、改宗かいしゅう​して​おらず、​アンタイ・​ニーファイ・​リーハイ​の​​も​けて​いない​アマレカイ​じん​と​アミュロン​じん​と​レーマンじん​たち​は、アマレカイ​じん​と​アミュロン​じん​に​せんどう​されて​同胞はらから​に​いかり​を​しめす​よう​に​なった。

    2 ​そして、同胞はらから​に​たいする​かれら​の​にくしみ​は​じょう​に​ひどく​なって、ついに​かれら​は​ぶん​たち​の​おう​に​そむく​よう​に​なり、その​おう​が​ぶん​たち​の​おう​で​ある​こと​を​のぞまなく​なった。その​けっかれら​は​アンタイ・​ニーファイ・​リーハイ​の​たみ​に​たいして​​を​った。

    3 ​ところで、おう​は​むす​に​おう​を​ゆずり、かれ​の​​を​アンタイ・​ニーファイ・​リーハイ​と​んだ。

    4 ​そして​おう​は、レーマンじん​が​かみ​の​たみ​と​たたかう​ため​の​じゅん​を​はじめた​その​とし​に​くなった。

    5 ​さて、アンモン​と​かれ​の​どうりょう​たち​と、かれ​と​こうどう​を​とも​に​して​いた​すべて​の​ひと​は、レーマンじん​が​その​同胞はらから​を​ほろぼす​じゅん​を​して​いる​の​を​て、ミデアン​の​​へ​かった。そこで​アンモン​は​どうりょう​たち​ぜんいん​と​い、そこ​から​かれら​は​イシマエル​の​​へ​かった。ラモーナイ​および​かれ​の​きょうだい​で​ある​アンタイ・​ニーファイ・​リーハイ​と​ともに、レーマンじん​に​たいして​えい​する​ため​に​なに​を​すれ​ば​よい​か​きょう​する​ため​で​あった。

    6 ​ところが、すでに​しゅ​に​​して​いた​人々ひとびと​の​なか​に​は、その​同胞はらから​に​たいして​​を​ろう​と​する​ひと​は​だれ​ひと​いなかった。それ​だけ​で​なく、かれら​は​たたかい​の​じゅん​を​する​こと​さえ​も​のぞまなかった。また、かれら​の​おう​も​たたかい​の​じゅん​を​して​は​ならない​と​めいじた​の​で​ある。

    7 ​さて、おう​が​この​けん​に​ついて​たみ​に​かたった​こと​は​つぎ​の​とおり​で​ある。「あいする​たみ​よ、わたし​は​かみ​に​感謝かんしゃ​する。おおいなる​かみ​は​いつくしみ​を​もって、同胞はらから​で​ある​この​ニーファイじん​たち​を​われら​の​もと​に​つかわして​くださった。そして、われら​に​おしえ​を​き、また、​な​せん​の​つたえ​が​ただしくない​こと​を​みとめ​させて​くださった。

    8 ​また​よ、われら​の​こころ​を​やわらげる​ため​に、おおいなる​かみ​が​たま​の​いち​を​お​さずけ​くださった​こと​に、わたし​は​感謝かんしゃ​して​いる。おかげ​で​われら​は、同胞はらから​で​ある​これら​の​ニーファイじん​たち​と​​する​よう​に​なった。

    9 ​また​よ、​する​こと​に​よって、われら​が​ぶん​たち​の​つみ​と、これまで​に​おかした​おおく​の​さつじん​を​かく​する​よう​に​なった​こと​も、わたし​は​かみ​に​感謝かんしゃ​して​いる。

    10 ​さらに、わたし​の​かみ、まことに​おおいなる​かみ​は、われら​が​これら​の​こと​を​あらためられる​よう​に​して​くださり、また​これまで​に​おかした​おおく​の​つみ​と​さつじん​の​つみ​を​ゆるし、かみ​の​おん​の​どく​に​よって​われら​の​こころ​から​つみ​を​のぞいて​くださった。わたし​は​この​こと​も​かみ​に​感謝かんしゃ​して​いる。

    11 ​さて​よ、わたし​の​同胞はらから​よ、(われら​は​ぜんじんるい​の​なか​で​もっとも​霊的れいてき​に​すさんだ​もの​で​あった​ので)われら​が​できる​こと​は​ただ、われら​の​すべて​の​つみ​と、これまで​に​おかした​おおく​の​さつじん​の​つみ​を​あらためて、われら​の​こころ​から​それら​の​もの​を​かみ​に​って​いただく​こと​で​あった。われら​が​できる​こと​は​ただ、かみ​に​われら​の​けがれ​を​のぞいて​いただける​よう​に、かみ​の​まえ​に​十分じゅうぶん​に​あらため​を​する​こと​で​あった​から​で​ある。

    12 ​さて、わたし​の​最愛さいあい​の​同胞はらから​よ、かみ​が​すでに​われら​の​けがれ​を​のぞいて​くださり、われら​の​つるぎ​は​ひかり​を​はなつ​よう​に​なった​ので、つるぎ​を​​と​同胞はらから​の​​で​けがす​こと​の​ない​よう​に​しよう​で​は​ない​か。

    13 よ、わたし​は​あなたがた​に​う。われら​は​つるぎ​が​同胞はらから​の​​で​けがされる​こと​の​ない​よう​に​しよう​で​は​ない​か。おそらく、もし​われら​が​ふたたび​つるぎ​を​けがす​なら​ば、それら​は、将来しょうらいわれら​の​つみ​の​あがない​の​ため​に​ながされる、おおいなる​かみ​の​おん​の​​に​よって​あらわれて​ひかり​を​はなつ​こと​は​​と​ない​で​あろう。

    14 おお​いなる​かみ​は​われら​を​あわれみ、われら​が​ほろびない​よう​に​これら​の​こと​を​らせて​くださった。かみ​は​われら​の​ども​たち​を​あいする​よう​に​われら​も​あいして​くださって​いる​ので、これら​の​こと​を​あらかじめ​らせて​くださった​の​で​ある。その​ため​に、かみ​は​あわれみ​を​もって​てん使​たち​を​つかわして、将来しょうらい​の​そん​と​おなじ​よう​に​われら​に​も​すくい​の​けいかく​を​らせて​くださって​いる。

    15 ​おお、われら​の​かみ​は​なんと​あわれみ​ぶかい​こと​か。さて​よ、われら​は​けがれ​を​のぞいて​いただく​ため​に​できる​こと​は​すべて​おこなって​きて、いまわれら​の​つるぎ​は​ひかって​いる​ので、その​かがやき​を​たもてる​よう​に、それ​を​かくして​しまおう​で​は​ない​か。そう​すれ​ば​その​つるぎ​は、わり​の​​に、すなわち​さばき​を​ける​ため​に​かみ​の​まえ​に​される​​に、かみ​の​こと​を​つたえて​われら​を​きよめて​くださって​らいわれら​が​つるぎ​を​同胞はらから​の​​で​けがした​こと​は​ない​と​いう、かみ​へ​の​しょう​と​なる​こと​で​あろう。

    16 ​さて、わたし​の​同胞はらから​よ、たとえ​同胞はらから​が​われら​を​ころそう​と​して​も、よ、われら​は​つるぎ​を​かくして​しまおう。それ​を​けっして​使つかわなかった​と​いう​しょう​として、わり​の​​に​かがやき​を​たもって​いる​よう​に、それ​を​ちゅうふかく​めて​しまおう。そう​すれ​ば、たとえ​同胞はらから​に​ころされて​も、よ、われら​は​かみ​の​みもと​へ​き、すくわれる​こと​で​あろう。」

    17 ​さて、おう​が​この​よう​に​かたり​える​と、たみ​は​みなあつまり、ぶん​たち​の​つるぎ​と、かつて​ひと​の​​を​ながす​の​に​使つかった​あらゆる​​を​って​て、それ​を​ちゅうふかく​めて​しまった。

    18 かれら​が​この​よう​に​した​の​は、こう​する​こと​が、​を​使つかって​ひと​の​​を​ながす​こと​は​けっして​ない​こと​を​かみ​と​ひと​に​しめす​しょう​に​なる​と​かんがえた​から​で​ある。かれら​は​この​よう​に​して、同胞はらから​の​​を​ながす​より​は​ぶん​の​いのち​を​て、同胞はらから​から​うばう​より​は​同胞はらから​に​あたえ、たい​に​生涯しょうがい​を​おくる​より​は​ぶん​の​​を​使つかって​一生懸命いっしょうけんめい​に​はたらく​つもり​で​ある​こと​を​しょうめい​し、かみ​に​せいやく​した​の​で​ある。

    19 ​この​こと​から​かる​よう​に、この​レーマンじん​たち​は​しんこう​を​ち、しん​を​る​よう​に​なった​とき​に、かっ​と​した​もの​に​なり、つみ​を​おかす​より​は​​に​いたる​まで​も​くるしみ​に​えよう​と​した​の​で​ある。また、まえ​に​べた​こと​から​かる​よう​に、かれら​は​へい​の​、すなわち​へい​を​る​ため​の​たたかい​の​​を​めて​しまった​の​で​ある。

    20 ​さて、かれら​の​同胞はらから​で​ある​レーマンじん​は​たたかい​の​じゅん​を​ととのえ、ニーファイ​の​​に​かって​た。かれら​が​もくてき​と​して​いた​の​は、おう​を​ころして​ほか​の​もの​を​わり​に​て、アンタイ・​ニーファイ・​リーハイ​の​たみ​も​また​その​​から​ほろぼし​くす​こと​で​あった。

    21 ​さて、アンタイ・​ニーファイ・​リーハイ​の​たみ​は、レーマンじん​が​めて​る​の​を​る​と、て​って​かれら​に​い、かれら​の​まえ​で​​に​​を​せて、しゅ​の​​を​び​はじめた。かれら​が​この​よう​な​姿せい​を​って​いた​ところ、レーマンじん​は​かれら​に​おそい​かかり、かれら​を​ころし​はじめた。

    22 ​この​よう​に​して、レーマンじん​は​なんの​抵抗ていこう​も​ける​こと​なく、アンタイ・​ニーファイ・​リーハイ​じん​を​千五​にんころした。これら​の​人々ひとびと​は​かみ​と​ともに​む​ため​に​​を​った​ので​さいわい​で​ある​こと​を、わたしたち​は​って​いる。

    23 ​ところで​レーマンじん​は、ぶん​たち​の​同胞はらから​が​つるぎ​から​のがれよう​と​せず、みぎ​に​も​ひだり​に​も​​を​かわそう​と​せず​に、した​まま​のう​と​して​おり、つるぎ​に​たおれる​その​最中さいちゅう​で​さえ​かみ​を​ほめ​たたえる​の​を​て、

    24 ​すなわち、レーマンじん​は​それ​を​て、かれら​を​ころす​の​を​​やめた。そして、おおく​の​もの​が​ぶん​たち​の​した​こと​を​い、つるぎ​に​たおれた​同胞はらから​の​ため​に​ひどく​こころ​を​いためた。

    25 ​そして、これら​の​もの​は​ぶん​たち​の​​を​て、ひと​を​ころして​きた​こと​に​ひどく​くるしみ​を​おぼえ、​と​​を​ろう​と​しなかった。それから​かれら​は、同胞はらから​と​おなじ​よう​に​​を​せて、かれら​を​ころす​ため​に​うで​を​げた​もの​たち​の​なす​が​まま​に​まかせた​の​で​あった。

    26 ​そして​その​ころされた​ひと​の​かず​より​も​おおく​の​もの​が​かみ​の​たみ​に​くわわった。また、ころされた​人々ひとびと​は​​に​かなった​人々ひとびと​で​あった​ので、かれら​が​すくわれた​こと​は​けっして​うたがう​​が​ない。

    27 ​また、この​よう​に​して​んだ​人々ひとびと​の​なか​に​は​ひと​の​あくにん​も​なく、しかも​しん​を​る​よう​に​なった​人々ひとびと​は​千​にん​を​えた。この​こと​から、しゅ​は​ぶん​の​たみ​を​すくう​ため​に​様々さまざま​な​ほうほう​を​もちいられる​こと​が​かる。

    28 ​ところで、その​よう​に​おおく​の​同胞はらから​を​ころした​レーマンじん​に​ぞくする​もの​の​だいすう​は、アマレカイ​じん​と​アミュロン​じん​で​あり、しかも​その​だいすう​は​​ニーホル​の​教団きょうだん​に​ぞくする​もの​で​あった。

    29 しゅ​の​たみ​に​くわわった​人々ひとびと​の​なか​に​は、アマレカイ​じん​や​アミュロン​じん、あるいは​ニーホル​の​教団きょうだん​に​ぞくする​もの​は​​だれ​ひと​おらず、しゅ​の​たみ​に​くわわった​の​は​レーマン​と​レムエル​の​じつ​の​そん​だけ​で​あった。

    30 ​この​こと​から​あきらか​に​かる​よう​に、たみ​は​いちかみ​の​たま​に​らされ、​に​かかわる​こと​に​かんして​おおいなる​しき​を​て​から、そののちつみ​と​そむき​に​おちいる​と、まえ​より​も​いっそう​かたくな​に​なる。したがって​かれら​の​じょうたい​は、これら​の​こと​を​まったく​らない​あい​より​も​もっと​わるく​なる​の​で​ある。