アルマ書 20
    脚注

    第​20​章

    アンモン​が​ろう​に​いる​きょうだい​たち​を​すくい​せる​よう​に、しゅ​は​かれ​を​ミドーナイ​の​​に​つかわされる。アンモン​と​ラモーナイ、ぜん​を​おさめる​おう​で​ある​ラモーナイ​の​ちち​に​う。アンモン、その​としった​おう​に​ぶん​の​きょうだい​たち​の​釈放しゃくほう​を​みとめ​させる。げんぜんやく​九十​ねん

    1 ​さて、かれら​が​その​​に​きょうかい​を​せつりつ​した​のち、ラモーナイ​おう​は​アンモン​を​ぶん​の​ちち​に​わせたい​と​おもい、ぶん​と​ともに​ニーファイ​の​​へ​く​よう​に​かれ​に​もとめた。

    2 ​すると、しゅ​の​こえ​が​アンモン​に​こえて、「あなた​は​ニーファイ​の​​へ​のぼって​って​は​ならない。おう​が​あなた​の​いのち​を​ねらう​で​あろう。よ、あなた​の​きょうだい​アロン​と、ミュロカイ、アンマ​が​ろう​に​はいって​いる​ので、ミドーナイ​の​​へ​き​なさい」と​われた。

    3 ​さて、アンモン​は​この​こと​を​く​と、ラモーナイ​に​った。「よ、わたし​の​きょうだい​と​どうりょう​たち​が​ミドーナイ​の​ろう​に​れられて​いる​ので、わたし​は​って​かれら​を​すくい​し​ます。」

    4 ​すると、ラモーナイ​は​アンモン​に​った。「わたし​は​あなた​が​しゅ​の​ちから​で​何事なにごと​で​も​できる​こと​を​って​います。しかし​よ、わたし​も​いっしょ​に​ミドーナイ​の​​へ​き​ましょう。ミドーナイ​の​​の​おう​は​その​​を​アンテオムノ​と​いい、わたし​の​とも​です。ですから、わたし​も​ミドーナイ​の​​へ​って、その​​の​おう​を​なだめ​ましょう。そう​すれ​ば、かれ​は​あなた​の​きょうだい​たち​を​ろう​から​して​くれる​でしょう。」また、ラモーナイ​は​かれ​に、「あなた​の​きょうだい​たち​が​ろう​に​はいって​いる​と​あなた​に​げた​の​は​だれ​です​か」と​たずねた。

    5 ​そこで​アンモン​は​かれ​に、「わたし​に​げた​の​は​ほか​で​も​ない、かみ​です。かみ​が​わたし​に、『あなた​の​きょうだい​たち​が​ミドーナイ​の​​で​ろう​に​はいって​いる​ので、って​すくい​し​なさい』​と​われた​の​です」と​こたえた。

    6 ​ラモーナイ​は​この​こと​を​く​と、しもべ​たち​に​ぶん​の​うま​と​しゃ​を​よう​させた。

    7 ​そして、かれ​は​アンモン​に​った。「さあ、わたし​も​あなた​と​ともに​ミドーナイ​の​​へ​き、あなた​の​きょうだい​たち​を​ろう​から​す​よう​に​おう​に​たのみ​ましょう。」

    8 ​さて、アンモン​と​ラモーナイ​が​その​​へ​かって​たび​を​して​いた​ところ、かれら​は​ちゅう​で、ラモーナイ​の​ちち​で​ある​ぜん​を​おさめる​おう​に​った。

    9 ​すると​よ、ラモーナイ​の​ちち​は​ラモーナイ​に、「わたし​が​むす​たち​と​たみ​の​ため​に​宴会えんかい​を​もよおした​あの​とくべつ​な​​に、なぜ​おまえ​は​その​宴会えんかい​に​なかった​の​か」と​たずね、

    10 ​また、「おまえ​は​いつわり​もの​の​そん​の​ひと​で​ある​この​ニーファイじん​と​って、どこ​へ​こう​と​して​いる​の​か」と​った。

    11 ​そこで​ラモーナイ​は、ちち​を​いからせる​の​を​おそれて、ぶん​が​どこ​へ​こう​と​して​いる​か​を​かたった。

    12 かれ​は​また、ちち​が​よう​した​宴会えんかい​に​る​ため​に​ちち​の​もと​へ​かず​に​ぶん​の​くに​に​いた​ゆう​を​すべて​ちち​に​げた。

    13 ​さて、ラモーナイ​が​これら​の​こと​を​すべて​かたった​ところ、よ、がい​な​こと​に、かれ​の​ちち​は​かれ​に​いかり​を​しめし、「ラモーナイ、おまえ​は​その​ニーファイじん​たち​を​すくい​そう​と​して​いる​が、その​もの​たち​は​いつわり​もの​の​そん​だ。よ、その​いつわり​もの​は​われら​の​せん​から​もの​を​うばった。そして、いま​その​そん​も​われら​の​なか​に​やって​て、わる​と​いつわり​に​よって​われら​を​あざむき、また​われら​から​もの​を​うばおう​と​して​いる」と​った。

    14 ​そして​ラモーナイ​の​ちち​は、つるぎ​で​アンモン​を​ころす​よう​に​ラモーナイ​に​めいじた。また、ミドーナイ​の​​へ​かず、ぶん​と​ともに​​イシマエル​の​​へ​かえる​よう​に​めいじた。

    15 ​しかし、ラモーナイ​は​ちち​に​った。「わたし​は​アンモン​を​ころす​つもり​は​あり​ません​し、イシマエル​の​​へ​も​かえり​ません。ミドーナイ​の​​へ​って、アンモン​の​きょうだい​たち​を​はなし​ます。わたし​は​かれら​が​ただしい​人々ひとびと​で​あり、まこと​の​かみ​の​せい​なる​げんしゃ​で​ある​こと​を​って​いる​から​です。」

    16 かれ​の​ちち​は​これら​の​こと​を​く​と、かれ​に​いかり​を​はっし、つるぎ​を​いて​かれ​を​​に​ち​たおそう​と​した。

    17 ​その​とき、アンモン​が​すすみ​て、ラモーナイ​の​ちち​に​った。「まことに、あなた​は​ぶん​の​むす​を​ころして​は​なりません。かれ​は​すでに​つみ​を​あらためて​いる​ので、もし​ころされた​と​して​も、あなた​が​たおれる​より​は​よい​でしょう。しかし、あなた​しん​は、いまいかった​まま​たおれる​なら​ば​すくわれ​ません。

    18 ​あなた​は​おもいとどまった​ほう​が​よい​でしょう。もし​あなた​が​ぶん​の​むす​を​ころせ​ば、かれ​に​は​つみ​が​ない​ので、かれ​の​​は​​から​しゅ​なる​かみ​に​かって、あなた​に​ほうふく​する​よう​に​さけぶ​でしょう。そして、おそらく​あなた​は​いのち​を​うしなう​でしょう。」

    19 ​アンモン​が​ラモーナイ​の​ちち​に​これら​の​こと​を​かたり​える​と、かれ​は​それ​に​こたえて、「わたし​は、むす​を​ころせ​ば​つみ​の​ない​もの​の​​を​ながす​こと​に​なる​の​を​って​いる。おまえ​こそ​わたし​の​むす​を​ほろぼそう​と​した​もの​だ」と​った。

    20 ​そして、かれ​は​うで​を​ばして、アンモン​を​ころそう​と​した。しかし、アンモン​は​かれ​が​ち​かかって​くる​の​を​ふせぐ​と​ともに、かれ​の​うで​を​って​その​うで​を​かなく​した。

    21 ​そこで​おう​は、アンモン​に​ぶん​を​ころす​ちから​が​ある​の​を​って、いのち​を​たすけて​ほしい​と​アンモン​に​懇願こんがん​し​はじめた。

    22 ​しかし、アンモン​は​つるぎ​を​げ、「まことに、わたし​の​きょうだい​たち​を​ろう​から​す​の​を​みとめない​かぎり、わたし​は​あなた​を​つ」と​った。

    23 ​すると​おう​は、いのち​を​うしなう​の​を​おそれて、「わたし​の​いのち​を​たすけて​くれれ​ば、おまえ​の​もとめる​もの​は​なんでも​あたえよう。おうこく​の​半分はんぶん​で​も​あたえる」と​った。

    24 ​そこで​アンモン​は、ぶん​の​のぞみ​どおり​に​その​としいた​おう​に​影響えいきょう​を​あたえる​こと​が​できた​の​を​って、こう​った。「わたし​の​きょうだい​たち​を​ろう​から​す​こと​と、ラモーナイ​に​かれ​の​おう​を​たもたせる​こと​と、ラモーナイ​に​たいして​いかり​を​しめさず、何事なにごと​で​も​かれ​の​のぞむ​まま​に​かれ​の​かんがえて​いる​こと​を​おこなわせる​こと​を​みとめる​なら​ば、わたし​は​あなた​の​いのち​を​たすけよう。そう​で​なければ、あなた​を​​に​ち​たおす。」

    25 ​さて、アンモン​が​これら​の​こと​を​かたり​える​と、おう​は​ぶん​の​いのち​が​たすかる​こと​を​よろこんだ。

    26 ​また​かれ​は、アンモン​が​ぶん​を​ころす​​が​なく、また​むす​ラモーナイ​を​ふかく​あいして​いる​こと​を​って、じょう​に​おどろいて​った。「おまえ​が​もとめた​の​は​ただ、おまえ​の​きょうだい​たち​を​釈放しゃくほう​する​こと​と、わたし​の​むす​ラモーナイ​に​かれ​の​おう​を​たもたせる​こと、それ​だけ​で​ある​から、まことに​わたし​は、これから​さき​とこしえ​に​むす​に​おう​を​たもたせ、こん​と​むす​に​さし​を​するまい。

    27 ​わたし​は​また、おまえ​の​きょうだい​たち​を​ろう​から​す​こと​と、おまえ​と​おまえ​の​きょうだい​たち​が​わたし​の​くに​で​わたし​の​もと​に​る​こと​を​みとめよう。わたし​は​ぜひ​おまえ​に​いたい​から​で​ある。」おう​は​アンモン​が​かたった​こと​と、むす​ラモーナイ​が​かたった​こと​に​じょう​に​おどろき、それ​を​りたい​と​おもった​の​で​ある。

    28 ​さて、アンモン​と​ラモーナイ​は、ミドーナイ​の​​へ​たび​を​つづけた。そして、ラモーナイ​は​その​​の​おう​の​こう​を​、アンモン​の​きょうだい​たち​は​ろう​から​された。

    29 ​アンモン​は、かれら​に​う​と​じょう​に​こころ​を​いためた。よ、かれら​が​はだか​で​あった​うえ​に、じょう​な​なわ​で​しばられて​いた​ため、からだ​の​​が​すり​むけて​いた​から​で​ある。また、かれら​は​え​と​かわき​と​あらゆる​なん​を​けて​くるしんで​いた。それでも、かれら​は​すべて​の​くるしみ​に​えて​いた​の​で​ある。

    30 ​この​よう​に、かれら​は​アンモン​が​った​人々ひとびと​より​も​もっと​かたくな​で、もっと​ごうじょう​な​人々ひとびと​の​​に​ちる​めぐわせ​に​あった​の​で​ある。人々ひとびと​は​かれら​の​こと​を​こう​と​せず、かれら​を​し、ち​たたき、いえ​から​いえ​へ、こちら​から​あちら​へ​と​かれら​を​はらい、とうとう​かれら​は​ミドーナイ​の​​へ​やって​た。そこ​で​かれら​は​らえられ、ろう​に​れられて​じょう​な​なわ​で​しばられ、いくにち​も​の​あいだろう​に​められて​いて、ラモーナイ​と​アンモン​に​よって​すくい​された​の​で​あった。

    True