アルマ書 18
    脚注
    Theme

    第​18​章

    ラモーナイ​おう、アンモン​を​大霊たいれい​で​ある​と​おもう。アンモン、そうぞう​と、人々ひとびと​に​たいする​かみ​の​はからい​と、キリスト​を​つうじて​あたえられる​あがない​に​ついて​おう​に​おしえる。ラモーナイ、それ​を​しんじて​​に​たおれ、んだ​よう​に​なる。げんぜんやく​九十​ねん

    1 ​さて、ラモーナイ​おう​は​しもべ​たち​を​まえ​に​たせ、その​けん​に​ついて​た​こと​を​すべて​証言しょうげん​させた。

    2 ​そして、かれら​が​みなぶん​たち​の​た​こと​を​証言しょうげん​した​ので、おう​は​アンモン​が​ちゅうじつ​に​ぶん​の​ちく​の​れ​を​まもった​こと​と、また​かれ​を​ころそう​と​した​もの​たち​と​たたかった​とき​に​おおいなる​ちから​を​るった​こと​を​った。そして​おう​は​じょう​に​おどろいて、「たしか​に、その​ひと​は​人間にんげんじょう​の​ひと​で​ある。よ、かれ​は、この​たみ​が​おこなう​さつじん​の​つみ​の​ため​に​おもい​ばつ​を​くだす、あの​大霊たいれい​で​は​ない​だろう​か」と​った。

    3 ​すると、かれら​は​おう​に​こたえて​った。「かれ​が​大霊たいれい​か、それとも​人間にんげん​か、わたしども​に​は​かり​ません。しかし、かれ​は​おうさま​の​てき​に​ころされる​よう​な​ひと​で​は​なく、また​りょう​と​おおきな​ちから​が​ある​ので、わたしたち​と​いっしょ​に​いる​とき​に​は​てき​も​おうさま​の​れ​を​い​らせない​と​いう​こと​だけ​は、わたしども​に​も​かり​ます。わたしども​は、かれ​が​おうさま​の​かた​で​ある​こと​を​って​います。おうさま、ただ​の​人間にんげん​に​この​よう​な​おおきな​ちから​が​ある​と​は​おもえ​ません。かれ​は​ほか​の​もの​に​ころされる​よう​な​ひと​で​は​ない​こと​を、わたしども​は​って​いる​から​です。」

    4 ​すると​おう​は、これら​の​こと​を​いて​かれら​に​った。「わたし​に​は​その​ひと​が​大霊たいれい​で​ある​こと​が​かる。わたし​は​まえ​に​おまえたち​の​なか​を​ころした​が、それ​と​おなじ​よう​に​おまえたち​を​ころす​こと​の​ない​よう、その​ひと​は​おまえたち​の​いのち​を​まもる​ため​に​くだって​た​の​だ。その​ひと​は​われら​の​せん​が​かたって​いた​大霊たいれい​だ。」

    5 ​この​よう​に、大霊たいれい​が​じつざい​する​と​いう​こと​は、ラモーナイ​が​かれ​の​ちち​から​けた​つたえ​で​あった。そして​かれら​は、大霊たいれい​を​しんじて​いた​に​も​かかわらず、ぶん​たち​の​おこなう​こと​は​すべて​ただしい​と​おもって​いた。しかし​ラモーナイ​は、しもべ​たち​を​ころした​こと​で​ぶん​が​ちがい​を​おかした​の​で​は​ない​か​と​いう​おそれ​を​いだき、じょう​に​心配しんぱい​に​なって​きた。

    6 しもべ​たち​が​みず​の​ある​しょ​で​同胞はらから​に​よって​ちく​の​れ​を​い​らされた​こと​で、おう​は​おおぜい​の​しもべ​を​ころして​いた​から​で​ある。この​よう​に、しもべ​たち​は​ちく​を​らされた​ため​に​ころされて​いた。

    7 ​さて、これら​の​レーマンじん​たち​は、いつも​セブス​の​いずみ​の​そば​に​って​いて、たみ​の​ちく​の​れ​を​い​らして​いた。そして、った​ちく​を​たくさん​ぶん​たち​の​​へ​てて​く​の​で​ある。これ​が​かれら​の​略奪りゃくだつ​の​ぐち​で​あった。

    8 ​さて、ラモーナイ​おう​は​しもべ​たち​に、「その​よう​な​おおきな​ちから​の​ある​その​ひと​は​どこ​に​いる​か」と​たずねた。

    9 ​すると​かれら​は、「おうさま​の​うま​に​えさ​を​やって​います」と​こたえた。おう​は​しもべ​たち​に、おう​の​うま​と​しゃ​を​よう​して​ニーファイ​の​​へ​案内あんない​して​く​よう​に​と、かれら​が​れ​に​みず​を​ませ​に​く​まえ​に​めいじて​おいた​の​で​ある。ぜん​を​おさめる​おう​で​ある​ラモーナイ​の​ちち​が、ニーファイ​の​​で​盛大せいだい​な​宴会えんかい​を​もよおす​こと​に​なって​いた​から​で​ある。

    10 ​さて、ラモーナイ​おう​は、アンモン​が​おう​の​うま​と​しゃ​の​よう​を​して​いる​と​いて、アンモン​の​ちゅう​に​ますます​おどろいて​った。「まことに​わたし​の​しもべ​の​なか​に​いまだ​かつて​この​ひと​の​よう​に​ちゅうじつ​な​もの​は​いなかった。この​ひと​は​わたし​の​めいじた​こと​を​よく​おぼえて​いて、すべて​それ​を​おこなう。

    11 ​わたし​に​は​この​ひと​が​大霊たいれい​で​ある​こと​が​たしか​に​かる。わたし​の​ところ​に​て​もらいたい​と​おもって​は​いる​が、わたし​に​は​その​ゆう​が​ない。」

    12 ​さて、アンモン​は​おう​と​しもべ​たち​の​ため​に​うま​と​しゃ​の​よう​を​える​と、おう​の​もと​に​はいって​た。しかし、おう​の​顔色かおいろ​が​わった​の​を​て、かれ​は​おう​の​まえ​を​ろう​と​した。

    13 ​その​とき、おう​の​しもべ​の​ひと​が​かれ​に、「ラバナ」と​った。ラバナ​と​は​勢力せいりょく​の​ある​おう、すなわち​大王だいおう​と​いう​​で​ある。かれら​の​おう​は​みな勢力せいりょく​が​ある​と​かんがえられて​いた​の​で​ある。この​よう​に​おう​の​しもべ​の​ひと​が​かれ​に、「ラバナ、おうさま​は​あなた​が​いて​くださる​こと​を​ねがって​おいで​です」と​った。

    14 ​そこで​アンモン​は、おう​に​なおって、「おうさま、わたし​が​なに​を​する​こと​を​お​のぞみ​でしょう​か」と​たずねた。ところが​おう​は、なん​と​って​よい​か​からなかった​ので、かれら​の​かん​で​一​かん、アンモン​に​返答へんとう​しなかった。

    15 ​そこで、アンモン​は​もう​いちおう​に、「わたし​に​なに​を​お​のぞみ​です​か」と​たずねた​が、このたび​も​返答へんとう​が​なかった。

    16 ​さて、アンモン​は​かみ​の​たま​に​たされ、おう​の​おもい​を​いて​った。「おうさま​は、わたし​が​おうさま​の​しもべ​たち​と​ちく​の​れ​を​まもって、いしげ​と​つるぎ​で​どうこくじん​を​七​にんころし、また​おうさま​の​ちく​の​れ​と​しもべ​たち​を​まもる​ため​に、ほか​の​もの​たち​の​うで​を​とした​と​いて、その​こと​で​おどろいて​おられる​の​です​か。

    17 おうさま​に​もうげ​ます​が、おうさま​は​どうして​そんな​に​おどろいて​おられる​の​です​か。まことに、わたし​は​ただ​の​人間にんげん​で​あって、おうさま​の​しもべ​です。ですから、わたし​は​おうさま​が​お​のぞみ​に​なる​こと​で​ただしい​こと​は​なんでも​いたし​ます。」

    18 おう​は​その​こと​を​く​と、アンモン​が​ぶん​の​おもい​を​く​こと​が​できた​の​を​って、またもや​おどろいた。しかし、それでも​ラモーナイ​おう​は​くち​を​ひらき、「おまえ​は​だれ​な​の​だ。​すべて​の​ものごと​を​って​いる​あの​大霊たいれい​か」と​たずねた。

    19 ​アンモン​は​おう​に​こたえて、「そう​で​は​あり​ません」と​った。

    20 ​すると、おう​は​った。「どうして​わたし​の​こころ​の​おもい​が​かる​の​か。はっきり​と​って​よい。わたし​に​はなし​なさい。わたし​の​ちく​の​れ​を​い​らす​どうこくじん​を​ころしたり、その​うで​を​としたり​した​の​は​なんの​ちから​に​よった​の​か​も、わたし​に​はなして​くれ。

    21 ​おまえ​が​もし、これら​の​こと​を​わたし​に​はなして​くれる​なら、なんでも​のぞむ​もの​を​やろう。ひつよう​で​あれ​ば、ぐんたい​で​おまえ​を​まもろう。しかし、おまえ​が​わたし​の​ぜんぐん​より​も​つよい​こと​を、わたし​は​って​いる。それでも、おまえ​が​わたし​に​のぞむ​もの​は​なんでも​やろう。」

    22 ​アンモン​は​かしこい​けれども​なお​な​ひと​で​あった​ので、ラモーナイ​おう​に​こう​った。「もし​わたし​が​なんの​ちから​に​よって​これら​の​こと​を​おこなった​か​もうげれば、おうさま​は​わたし​の​こと​を​お​き​ください​ます​か。わたし​が​おうさま​に​のぞむ​の​は​その​こと​です。」

    23 ​すると​おう​は、かれ​に​こたえて、「かった。わたし​は​おまえ​の​こと​を​すべて​しんじよう」と​った。この​よう​に​して、おう​は​さく​に​った​の​で​ある。

    24 ​そこで​アンモン​は、おう​に​大胆だいたん​に​かたり​はじめて、「おうさま​は​かみ​の​まします​こと​を​しんじ​ます​か」と​たずねた。

    25 ​すると​おう​は​こたえて、「わたし​に​は​それ​が​どう​いう​​か​からない」と​った。

    26 ​そこで​アンモン​は、「おうさま​は​大霊たいれい​の​まします​こと​を​しんじ​ます​か」と​たずねた。

    27 ​すると​おう​は、「しんじる」と​こたえた。

    28 ​そこで​アンモン​は、「その​大霊たいれい​が​かみ​です」と​った。アンモン​は​また​おう​に、「おうさま​は、かみ​で​まします​この​大霊たいれい​が​てん​に​ある​万物ばんぶつ​を​そうぞう​された​こと​を​しんじ​ます​か」と​たずねた。

    29 ​すると​おう​は、「しんじる。わたし​は​かみ​が​​に​ある​万物ばんぶつ​を​そうぞう​された​こと​を​しんじる。しかし、わたし​は​てん​と​いう​もの​を​らない」と​こたえた。

    30 ​そこで、アンモン​は​おう​に、「てん​と​は、かみ​と​かみ​の​すべて​の​せい​なる​てん使​が​んで​おられる​ところ​です」と​った。

    31 ​すると​ラモーナイ​おう​は、「それ​は​​の​うえ​の​ほう​に​ある​の​か」と​った。

    32 ​そこで​アンモン​は、「その​とおり​です。そして、かみ​は​すべて​の​ひと​の​ら​を​ろして​おられ​ます。また、ひと​の​ら​は​すべて​はじめ​から​かみ​の​​に​よって​つくられた​ので、かみ​は​その​こころ​の​おもい​と​こころざし​を​すべて​ぞんじ​です」と​った。

    33 ​すると​ラモーナイ​おう​は、「わたし​は​あなた​の​かたった​これら​の​こと​を​すべて​しんじよう。あなた​は​かみ​から​つかわされた​の​か」と​った。

    34 ​アンモン​は​おう​に​った。「わたし​は​ただ​の​人間にんげん​です。ひと​は​はじめ​に​かみ​の​かたち​に​つくられ​ました。わたし​は​この​たみ​に​これら​の​こと​を​おしえて、ただしい​真実しんじつ​の​こと​を​らせる​ため​に、かみ​の​せい​なる​たま​に​よって​されて​います。

    35 ​そして、その​たま​の​いち​が​わたし​の​うち​に​とどまって​いて、かみ​に​たいする​わたし​の​しんこう​と​のぞみ​に​おうじて、かい​と​ちから​を​あたえて​くれる​の​です。」

    36 ​さて、アンモン​は​これら​の​こと​を​べて​から、かい​の​そうぞう​と​アダム​の​つくられた​こと​から​はじめて、ひと​の​らく​に​かんする​いっさい​の​こと​を​げ、また​げんしゃ​たち​が​かたって​きた​こと​を、ぶん​たち​の​せん​リーハイ​が​エルサレム​を​った​とう​に​いたる​まで​かたり、その​たみ​の​ろく​と​聖文せいぶん​を​おう​の​まえ​に​いた。

    37 ​アンモン​は​また​かれら(おう​と​おう​の​しもべ​たち)に、ぶん​たち​の​せん​が​​を​たび​した​こと​と、かれら​が​え​や​かわき​に​くるしんだ​こと、かれら​の​ろう​など、すべて​の​こと​を​かたった。

    38 ​また​かれ​は、レーマン​と​レムエル​と​イシマエル​の​むす​たち​の​反抗はんこう​に​ついて​も​かれら​に​かたった。まことに、かれ​は​かれら​の​反抗はんこう​に​ついて​すべて​はなした。そして​かれ​は、リーハイ​が​エルサレム​を​った​とき​から​その​てん​まで​の​すべて​の​ろく​と​聖文せいぶん​に​ついて、かれら​に​かした​の​で​ある。

    39 ​しかも、それ​だけ​で​は​なかった。かれ​は​​の​はじめ​から​そなえられて​いた​あがない​の​けいかく​に​ついて​も​かれら​に​かし、また​キリスト​の​らいりん​に​ついて​も​かれら​に​らせ、しゅ​の​すべて​の​わざ​に​ついて​かれら​に​あきらか​に​した​の​で​ある。

    40 ​さて、アンモン​が​これら​の​こと​を​すべて​べ、おう​に​それ​を​かした​ところ、おう​は​かれ​の​こと​を​すべて​しんじた。

    41 ​そして​おう​は​しゅ​に​かって、「おお、しゅ​よ、あわれみ​を​お​かけ​ください。あなた​が​これまで​ニーファイ​の​たみ​に​しめして​こられた​ふかい​あわれみ​に​より、わたし​と​わたし​の​たみ​に​も​あわれみ​を​お​かけ​ください」と​さけび​もとめた。

    42 ​そして、おう​は​その​よう​に​う​と、​に​たおれて​んだ​よう​に​なった。

    43 ​そこで​おう​の​しもべ​たち​は、おう​を​おう​の​もと​に​はこんで​き、とこ​の​うえ​に​よこたえた。おう​は​ふつふたばん​まるで​んだ​よう​に​よこたわって​いた。また、おう​と​おう​の​むす​たち​と​むすめ​たち​は、おう​を​くした​こと​を​ふかく​かなしみ、レーマンじん​の​ならわし​に​したがって​おう​の​​に​ふくした。