アルマ書 13
    脚注

    第​13​章

    人々ひとびと​が​だいさい​として​される​の​は、その​ひとしん​の​じょう​に​ふかい​しんこう​と​い​おこない​の​ため​で​ある。だいさい​は​いましめ​を​おしえ​なければ​ならない。かれら​は​​に​よって​きよめられ、しゅ​の​あんそく​に​はいる。メルキゼデク​は​その​ひと​で​あった。てん使​たち、くにじゅう​で​よろこび​の​おとずれ​を​げ​らせる。てん使​たち​は​将来しょうらい、キリスト​の​じっさい​の​らいりん​を​らせる。げんぜんやく​八十二​ねん

    1 「さて、わたし​の​同胞はらから​よ、しゅ​なる​かみ​が​ぶん​の​ども​たち​に​これら​の​いましめ​を​あたえられた​とき​の​こと​に、あなたがた​の​ちゅう​を​けたい​と​おもう。あなたがた​は、しゅ​なる​かみ​が、おん​の​くらい​に​したがう​せい​なる​くらい​に​したがって​さい​たち​を​聖任せいにん​し、たみ​に​これら​の​いましめ​を​おしえる​よう​に​された​こと​を​おぼえて​おいて​ほしい。

    2 ​その​さい​たち​は​かみ​の​おん​の​くらい​に​したがって​聖任せいにん​された​が、人々ひとびと​は​その​聖任せいにん​の​かた​から、どの​よう​に​すれ​ば​かみ​の​おん​を​のぞんで​あがない​を​られる​か​を​る​こと​が​できた。

    3 ​そして、さい​たち​が​聖任せいにん​された​ほうほう​は​つぎ​の​とおり​で​ある。すなわち、さい​たち​は​かれら​の​じょう​に​ふかい​しんこう​と​い​おこない​の​ため​に、かみ​の​先見せんけん​の​めい​に​よって​​の​はじめ​から​され、そなえられて​いた。かれら​は​はじめ​に​ぜん​を​えらぶ​の​も​あく​を​えらぶ​の​も​まかされて​いた。そこで​かれら​は、ぜん​を​えらんで、じょう​に​ふかい​しんこう​を​はたらかせた​ので、現在げんざいせい​なる​し​を​けて​いる。まことに、この​よう​な​もの​の​ため​に​まえもって​よう​された​あがない​と​ともに​そなえられ、また​あがない​に​おうじて​そなえられた、その​せい​なる​し​を​けて​いる。

    4 ​この​よう​に、さい​たち​は​かれら​の​しんこう​の​ゆえ​に​この​せい​なる​し​を​けた​の​で​ある。いっぽう、ほか​の​もの​たち​は、その​こころ​が​かたくな​で、おもい​を​くらませて​いる​ため​に、かみ​の​たま​を​こばんだ。もし​そう​で​なかった​なら​ば、かれら​は​その​同胞はらから​と​おなじ​おおきな​とっけん​を​る​こと​が​できた​で​あろう。

    5 ようするに、かれら​は​はじめ​は​その​同胞はらから​と​おなじ​たち​に​いた。この​よう​に、この​せい​なる​し​は、こころ​を​かたくな​に​しない​人々ひとびと​の​ため​に​​の​はじめ​から​そなえられて​おり、まえもって​よう​された​かみ​の​ひと​の​贖罪しょくざい​に​よって、また​贖罪しょくざい​を​とおして​さだめられて​いる。

    6 ​この​よう​に、さい​たち​は​ひと​の​ら​に​かみ​の​いましめ​を​おしえて、かれら​も​かみ​の​あんそく​に​はいる​こと​が​できる​よう​に​する​ため、この​せい​なる​し​に​よって​され、かみ​の​せい​なる​くらい​の​だいしんけん​に​聖任せいにん​された​の​で​ある。

    7 ​この​だいしんけん​は​かみ​の​おん​の​くらい​に​したがう​もの​で​あり、その​くらい​は​​の​はじめ​から​そんざい​して​いた。い​えれば、それ​は​​の​はじめ​も​なく​とし​の​わり​も​なく、すべて​の​ものごと​に​たいする​かみ​の​先見せんけん​の​めい​に​よって、永遠えいえん​から​永遠えいえん​に​わたって​そなえられて​いる​の​で​ある。

    8 ​さて、かれら​は​つぎ​の​よう​に​して​聖任せいにん​された。すなわち、かれら​は​せい​なる​し​に​よって​され、せい​なる​しき​に​よって​聖任せいにん​されて、せい​なる​くらい​の​だいしんけん​を​けた。この​し​と​しき​と​だいしんけん​は、はじめ​も​なく​わり​も​ない。

    9 ​この​よう​に​して、かれら​は​とこしえ​に​おん​の​くらい​に​したがう​だいさい​と​なる。この​おん​は​御父おんちち​の​もうけられる​ひと​で​あり、​の​はじめ​も​なく​とし​の​わり​も​ない​かた​で​あり、めぐみ​と​こうへい​と​しん​に​ちて​おられる​かた​で​ある。まことに​その​とおり​で​ある。アーメン。

    10 ​さて、この​せい​なる​くらい、すなわち​だいしんけん​に​ついて​べた​よう​に、聖任せいにん​されて​かみ​の​だいさい​に​なった​ひと​は​おおぜい​いた。それ​は​かれら​の​じょう​に​ふかい​しんこう​と​あらため​と、かみ​の​まえ​で​の​かれら​の​​に​よる​もの​で​あり、かれら​は​ほろびる​こと​より​も、むしろ​あらためて​​を​おこなう​ほう​を​えらんだ​の​で​ある。

    11 ​その​ため​に、かれら​は​この​せい​なる​くらい​に​したがって​され、きよめられて、かれら​の​ころも​は​ひつじ​の​​に​よって​しろく​あらい​きよめられた。

    12 ​そして​かれら​は、聖霊せいれい​に​よって​きよめられ、ころも​を​しろく​され、かみ​の​まえ​に​きよく、み​の​ない​じょうたい​に​なった​ので、つみ​を​て​み​きらう​の​を​きんじる​こと​が​できなかった。この​よう​に​きよめられて、しゅ​なる​かみ​の​あんそく​に​はいった​人々ひとびと​は​おおぜい​おり、じょう​に​おおく​の​かず​に​のぼった。

    13 ​さて、わたし​の​同胞はらから​よ、あなたがた​も​その​あんそく​に​はいれる​よう​に、かみ​の​まえ​に​へりくだり、あらため​に​ふさわしい​​を​むすんで​ほしい。

    14 ​まことに、​メルキゼデク​の​だい​の​たみ​の​よう​に​へりくだり​なさい。メルキゼデク​も、わたし​が​これまで​かたって​きた​この​おなじ​くらい​に​したがう​だいさい​で​あり、とこしえ​に​だいしんけん​を​けた​ひと​で​ある。

    15 ​アブラハム​が​じゅうぶん​の​一​を​おさめた​あい​は​この​メルキゼデク​で​あった。まことに、わたしたち​の​せん​アブラハム​は、かれ​の​しょゆう​した​すべて​の​もの​の​十​ぶん​の​一​を​この​ひと​に​おさめた​の​で​ある。

    16 ​さて、これら​の​しき​は、それ​に​よって​人々ひとびと​が​かみ​の​おん​を​のぞめる​よう​に​さだめられた。それ​は​かみ​の​おん​の​くらい​の​けい、すなわち​かみ​の​おん​の​くらい​そのもの​で​あった。これ​が​おこなわれた​の​は、人々ひとびと​が​ぶん​の​つみ​の​ゆるし​を​ける​ため​に​かみ​の​おん​を​のぞんで、しゅ​の​あんそく​に​はいれる​よう​に​する​ため​で​あった。

    17 ​ところで、この​メルキゼデク​は、サレム​の​​を​おさめる​おう​で​あった。かれ​の​たみ​は​かつて​ざいあく​と​まわしい​おこない​を​つのらせて​いた。かれら​は​みなまよって、あらゆる​あく​に​ふけって​いた​の​で​ある。

    18 ​しかし、メルキゼデク​は​ちからづよい​しんこう​を​はたらかせ、かみ​の​せい​なる​くらい​に​したがう​だいしんけん​の​しょく​を​けた​ので、たみ​に​あらため​を​いた。すると​よ、かれら​は​あらためた。そして、メルキゼデク​は​生涯しょうがい​その​​に​へい​を​かくりつ​した。その​ため​に、かれ​は​サレム​の​おう​で​あった​ので、へい​の​きみ​と​ばれた。かれ​は​その​ちち​の​もと​で​くに​を​おさめた。

    19 ​さて、メルキゼデク​より​も​まえ​に​おおく​の​ひと​が​おり、メルキゼデク​より​のち​に​も​おおく​の​ひと​が​いた​が、かれ​より​も​だい​な​ひと​は​ひと​も​いなかった。その​ため、人々ひとびと​が​かれ​に​ついて​べる​こと​は​とくべつ​で​あった。

    20 ​さて、わたし​が​その​こと​を​ならてる​ひつよう​は​なく、これまで​かたって​きた​こと​で​十分じゅうぶん​で​あろう。よ、聖文せいぶん​は​あなたがた​の​まえ​に​ある。もし​聖文せいぶん​を​げて​解釈かいしゃく​する​なら​ば、あなたがた​しん​の​ほろび​を​まねく​で​あろう。」

    21 ​さて、アルマ​は​かれら​に​これら​の​こと​を​かたり​える​と、かれら​に​かって​​を​ばし、ちからづよい​こえ​で​さけんだ。「いま​こそ​あらためる​とき​で​ある。すくい​の​​は​ちかづいて​いる。

    22 しゅ​の​こえ​は、てん使​たち​の​くち​を​とおして、すべて​の​こくみん​に​それ​を​げ​らせて​おられる。まことに、かれら​が​むねおどる​おおいなる​よろこび​の​おとずれ​を​られる​よう​に、それ​を​げて​おられる。しゅ​は​ぶん​の​すべて​の​たみ​の​なか​に、すなわち​​の​おもて​に​ひろく​らされて​いる​ぶん​の​たみ​に、これら​の​よろこび​の​おとずれ​を​げて​ひろめて​おられる。そして、それ​は​わたしたち​に​も​あきらか​に​された​の​で​ある。

    23 ​また、その​おとずれ​は、わたしたち​が​あやまり​なく​かい​できる​よう​に、かり​やすい​こと​で​らされて​いる。これ​は、わたしたち​が​きょう​で​ろう​の​たみ​と​なって​いる​から​で​ある。この​よう​に​わたしたち​は、ぶん​の​ぶどう​えん​の​全域ぜんいき​で​これら​の​よろこび​の​おとずれ​を​げ​らされて​いる​ので、じょう​に​めぐまれて​いる。

    24 よ、てん使​たち​は​わたしたち​の​​で​おおく​の​ひと​に​それ​を​宣言せんげん​して​いる。これ​は、しゅ​が​えいこう​の​うち​に​られる​とき​に、ひと​の​ら​が​しゅ​の​こと​を​れる​よう​に、かれら​の​こころ​を​そなえ​させる​ため​で​ある。

    25 ​そして、いまや​しゅ​の​らいりん​に​ついて、てん使​たち​の​くち​を​とおして​わたしたち​に​げ​らされる、よろこび​に​ちた​おとずれ​を​く​の​を​つ​ばかり​で​ある。どれくらい​はやく​る​か​からない​が、その​とき​が​る​から​で​ある。それ​が​わたし​の​きて​いる​あいだ​で​ある​よう​に​と​かみ​に​ねがって​いる。しかし、それ​が​はやくて​も​おそくて​も、わたし​は​それ​を​よろこぶ。

    26 しゅ​の​らいりん​の​とき​に​は、その​こと​が​てん使​たち​の​くち​を​とおして、ただしい​せい​なる​人々ひとびと​に​らされる​で​あろう。それ​は、わたしたち​の​せん​が​かれら​の​うち​に​ある​げん​の​れい​に​したがって​しゅ​に​ついて​かたって​きた​とおり​に、かれら​の​こと​が​じょうじゅ​する​ため​で​ある。

    27 ​さて、わたし​の​同胞はらから​よ、まことに​わたし​が​心痛しんつう​を​かんじる​ほど​に​ひどく​心配しんぱい​する​と​ともに、こころ​の​そこ​から​ねがって​いる​こと​が​ある。それ​は、あなたがた​が​わたし​の​こと​を​き、つみ​を​て、あらため​の​​を​さき​に​ばす​こと​の​ない​よう​に​と​いう​こと​で​ある。

    28 ​しかし、あなたがた​は​しゅ​の​まえ​に​へりくだり、しゅ​の​せい​なる​​を​び、ぶん​が​えられない​よう​な​ゆうわく​を​けない​よう​に、​を​まして​いて​えず​いのり​なさい。その​よう​に​して、せい​なる​たま​の​みちびき​を​て、謙遜けんそんにゅう従順じゅうじゅん​に​なり、忍耐にんたいづよく​なり、あい​に​み、かぎりなく​寛容かんよう​に​なって、

    29 ​さらに​しゅ​を​しんじる​しんこう​を​ち、永遠えいえん​の​いのち​を​る​ぼう​を​いだき、つねに​こころ​の​なか​に​かみ​の​あい​を​って、わり​の​​に​げられて​かみ​の​あんそく​に​はいれる​よう​に​して​ほしい。

    30 しゅ​が​あなたがた​に​あらためる​こと​を​ゆるして​くださって、あなたがた​が​しゅ​の​はげしい​いかり​を​まねく​こと​の​ない​よう​に、また​ごく​の​くさり​に​つながれる​こと​の​ない​よう​に、そして、だい​の​​を​ける​こと​の​ない​よう​に​ねがって​いる。」

    31 ​アルマ​は​この​しょ​に​しるされて​いない​もっと​おおく​の​こと​を​人々ひとびと​に​かたった。