第四ニーファイ1
戻る 次へ

だい四ニーファイ

ニーファイのしょ
このニーファイは,イエス・キリストの一人ひとりであったニーファイのむすである

ニーファイのろくによるニーファイのたみはなし

第1章

ニーファイじんとレーマンじんみなしゅする。すべてのものをきょうゆうし,かずかずせきおこない,さかえる。二せいぶんれつあくいつわりのきょうかいはくがいこる。三百ねん,ニーファイじんもレーマンじんもともにわるくなる。アマロン,しんせいろくかくす。げんやく三十五ねんから三百二十一ねんいたる。

1 さて,だい三十四ねんり,だい三十五ねんって,よ,イエスのたちはしゅうぜんでキリストのきょうかいせつりつした。そして,かれらのところにて,つみこころからあらためたものみな,イエスのによってバプテスマをけ,またせいれいけた。

2 そしてだい三十六ねんには,たみはニーファイじんもレーマンじんもともにみなぜんめんしゅした。そして,かれらのなかにはまったくあらそいがなく,ろんそうもなく,みなたがいにこうせいった。

3 また,かれらはすべてのものきょうゆうしたので,ものちもまずしいものも,そくばくされたものゆうものもなく,みなゆうとなり,てんたまものにあずかるものとなった。

4 さて,だい三十七ねんり,ぜんとしてつづへいであった。

5 そして,イエスのたちはおおいなるおどろくべきわざおこない,びょうものいやしゃをよみがえらせ,あしゆうものあるけるようにし,えないものえるようにし,みみこえないものこえるようにした。またかれらは,ひとらのなかさまざませきおこなった。しかし,イエスののほかには,どのようなでもせきおこなわなかった。

6 このようにして,だい三十八ねんり,まただい三十九ねんだい四十一ねんだい四十二ねん,そしてだい四十九ねんり,まただい五十一ねんだい五十二ねん,さらにだい五十九ねんぎた。

7 しゅたみじょうじょうさかえさせられたので,まことに,かれらはぜんけたまちのあったところふたたまちきずいた。

8 まことに,あのおおきなまちゼラヘムラさえもふっこうした。

9 しかし,しずめられみずおおわれたまちおおく,これらのまちさいけんすることができなかった。

10 さてよ,ニーファイのたみちからをつけ,きゅうそくえ,じょううるわしくてよろこばしいたみになった。

11 かれらはめとり,とつぎ,しゅかれらにてられたおおくのやくそくのとおりにしゅくふくされた。

12 またかれらは,もはやモーセのりっぽうつとしきまもることなく,ぶんたちのしゅぶんたちのかみからけたいましめにしたがってあゆみ,だんじきいのりをつづけ,またいのりをささげ,しゅことくためにしばしばあつまった。

13 そして,ぜんですべてのたみなかにまったくあらそいがなく,イエスのたちのなかかずかずおおきなせきおこなわれた。

14 さて,だい七十一ねんぎ,だい七十二ねんぎ,ようするにだい七十九ねんまでった。また,だいねんった。そして,イエスがえらばれたたちは,とどまることになっていたにんのぞいて,ぜんいんがすでにかみパラダイスき,かれらにわってほかのたちせいにんされた。また,そのだいおおくのひともすでにった。

15 そして,たみこころなか宿やどっていたかみあいのために,おもてにはまったくあらそいがなかった

16 また,ねたみふんそうそうどう,みだらなおこない,いつわり,さつじんもなく,どのようなこうしょくもなく,かみによってつくられたすべてのひとなかで,かれじょうしあわたみたしかにありなかった。

17 ごうとうひとごろしもおらず,レーマンじんとかなになにじんとかわれるものもなく,かれらは一つであり,キリストのであり,かみおうこくものであった。

18 このように,かれらはなんしゅくふくされていたことか。しゅかれらのおこなうすべてのことについてかれらをしゅくふくされたからである。だい百十ねんるまで,かれらはしゅくふくされてさかえた。そして,キリストからのさいしょだいひとびとったが,ぜんすこしもあらそいがなかった。

19 さて,ここまでのろくしるしたニーファイ(かれはそれをニーファイのはんしるした)がに,かれむすアモスがわっていだ。そして,アモスもニーファイのはんしるした。

20 かれは八十四ねんかんろくぎ,そのぜんとしてへいであった。ただきょうかいからそむいて,みずからレーマンじんったものたちがしょうすういただけである。このためにふたたびこのにレーマンじんそんざいすることになった。

21 さて,アモスもんで(それはキリストのらいりんからかぞえて百九十四ねんのことであった),かれむすアモスがかれわってろくいだ。むすのアモスもまた,ニーファイのはんしるした。そのろくはニーファイのしょ,すなわちこのしょにもしるされている。

22 さて,二百ねんり,だいだいひとびとは,わずかなひとびとのぞいてすべてった。

23 さて,わたしモルモンがあなたがたにってもらいたいのは,たみえてぜんめんひろがり,キリストにあってさかえたためにじょうゆたかになったということである。

24 ところが,このだい二百一ねんには,こうふくて,あらゆるごとしんじゅうつくしいものをけるなどして,こうまんになったものたちがかれらのなかあらわはじめた。

25 そのときから,かれらはもはやぶんたちのしょゆうぶつものきょうゆうしなくなった。

26 そして,かれらはかいきゅうかれはじめた。また,かれらはえきようとしてぶんしんのためにきょうかいきずはじめ,キリストのまことのきょうかいていするようになった。

27 さて,だい二百十ねんぎたとき,くにじゅうおおくのきょうかいがあった。すなわち,キリストをっているとこうげんするきょうかいがたくさんあった。それらのきょうかいはキリストのふくいんたいはんていし,あらゆるあくれ,またしんせいなものを,ふさわしくないのであたえてはならないときんじられたものにまであたえた。

28 このきょうかいざいあくのために,またかれらのこころらえたサタンのちからのために,じょうにんずうえた。

29 さらに,ほかにキリストをていするきょうかいもあった。かれらはキリストのまことのきょうかいひとびとけんそんで,キリストをしんじていたために,これらのひとはくがいした。また,これらのひとなかおおくのせきおこなわれたために,かれらはこれらのひとをさげすんだ。

30 そしてかれらは,ぶんたちとともにいたイエスのたちにけんりょくけんるい,イエスのたちをろうれた。しかし,イエスのたちのうちにあるかみことちからによってろうは二つにけ,たちはひとびとなかおおきなせきおこなった。

31 にもかかわらず,またこれらのすべてのせきにもかかわらず,たみこころをかたくなにした。そして,エルサレムのユダヤじんがイエスをそのことのとおりにころそうとしたように,イエスのたちをころそうとした。

32 そしてかれらは,イエスのたちをさかなかんだが,たちはなんがいけずにた。

33 かれらはまた,イエスのたちをもうじゅうあななかんだが,たちはどもひつじあそぶようにもうじゅうたちとたわむれ,なんがいけずにもうじゅうたちのなかからた。

34 それでも,たみおおくのきょうかいきずき,さまざまざいあくおこなうようにおおくのさいたちとにせげんしゃたちにさそわれたので,こころをかたくなにした。そして,かれらはイエスのたみった。しかし,イエスのたみかえさなかった。このためにかれらは,二百三十ねんぎるまでには,ねんねんだいしんこうになり,あくおちいっていった。

35 そして,このとし,すなわちだい二百三十一ねんに,まことに,たみなかおおきなぶんれつがあった。

36 そしてこのとしに,ニーファイじんばれるたみこった。このたみはキリストのまことのしんじゃであった。また,このたみなかにはレーマンじんからヤコブじん,ヨセフじん,ゾーラムじんばれたひとびともいた。

37 そこで,キリストのまことの信者しんじゃ,またキリストのまことのれいはいしゃは(このにとどまることになっていたイエスのにんたちもそのなかにいた),ニーファイじん,ヤコブじん,ヨセフじん,ゾーラムじんばれた。

38 そして,ふくいんれなかったものは,レーマンじん,レムエルじん,イシマエルじんばれた。かれらはだいしんこうおちいったのではなく,にキリストのふくいんそむいたのである。そして,かれらのせんはじめからしんこううすらいでいたように,かれらはぶんどもたちにしんじてはならないとおしえたのであった。

39 それは,はじめのときおなじように,かれらのせんあくまわしいおこないのためであった。レーマンじんはじめからニーファイのそんにくむことをおしえられたように,かれらもかみたちをにくむようにおしえられたのである。

40 さて,すでにだい二百四十四ねんり,たみじょうきょうはこのようであった。そして,たみなかのひときわわるものたちがちからをつけ,かみたみよりもはるかにかずおおくなった。

41 かれらはぜんとしてぶんしんのためにきょうかいきずくことをつづけ,あらゆるちょうしなじなきょうかいかざった。このようにして,だい二百五十ねんり,だい二百六十ねんった。

42 さて,たみなかわるものたちはふたたびガデアントンのみつちかいとけっしゃもうはじめた。

43 また,ニーファイのたみばれたたみも,ぶんたちのじょうおおくのとみのためにこころなかほこり,同胞はらからであるレーマンじんのようにきょえいしんつよくなりはじめた。

44 このときから,たちはつみかなしむようになった。

45 さて,だい三百ねんると,ニーファイのたみもレーマンじんもともに,おなじようにじょうわるくなっていた。

46 そして,ガデアントンのごうとうたちがぜんめんひろがっており,イエスのたちのほかには,じん一人ひとりもいなかった。ガデアントンのごうとうたちはきんぎんゆたかにたくわえ,またあらゆるしょうひんこうえきしていた。

47 さて,だい三百五ねんり(たみぜんとしてわるじょうたいであり),アモスがんで,かれきょうだいアマロンがかれわってろくいだ。

48 さて,だい三百二十ねんぎ,アマロンはせいれいつようながされて,しんせいかずかずろくえれば,キリストのらいりんからだい三百二十ねんまでつたえられてきたすべてのしんせいろくかくした。

49 かれはそれらのろくしゅげんやくそくのとおりに,ヤコブのいえのこりのものふたたつたえられるように,それらのろくしゅたくしてかくしたのである。これでアマロンのろくわる。