第三ニーファイ 20
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第​20​章

イエス、​な​ちから​で​パン​と​ぶどう​しゅ​を​よう​し、ふたたび​せいさん​を​しっこう​される。ヤコブ​の​のこり​の​もの​は​将来しょうらいしゅ​なる​かれら​の​かみ​を​る​よう​に​なり、アメリカ​たいりく​を​ぐ。イエス​は​モーセ​の​よう​な​げんしゃ​で​ある。ニーファイじん​は​げんしゃ​たち​の​そん​で​ある。しゅ​の​たみ​に​ぞくする​ほか​の​もの​たち、将来しょうらい​エルサレム​に​あつめられる。げんやく​三十四​ねん

1 ​さて、イエス​は​群衆ぐんしゅう​と​​たち​に、いのる​の​を​やめる​よう​に、しかし​こころ​の​なか​で​いのる​こと​は​やめない​よう​に​と​めいじられた。

2 ​また、イエス​は​かれら​に、からだ​を​こして​がる​よう​に​めいじられた。そこで、かれら​は​からだ​を​こして​がった。

3 ​そして、イエス​は​ふたたび​パン​を​いて、それ​を​しゅくふく​し、​たち​に​べる​よう​に​と​お​あたえ​に​なった。

4 ​そして、かれら​が​べ​える​と、イエス​は​かれら​に、パン​を​いて​群衆ぐんしゅう​に​あたえる​よう​に​めいじられた。

5 かれら​が​群衆ぐんしゅう​に​あたえ​える​と、イエス​は​かれら​に​ぶどう​しゅ​も​あたえて​ませ、また​群衆ぐんしゅう​に​も​あたえる​よう​に​めいじられた。

6 ​ところで、​たち​と​群衆ぐんしゅう​は、​パン​も​ぶどう​しゅ​も​ってて​いなかった。

7 ​しかし​イエス​は、じっさい​に​かれら​に​パン​を​あたえて​べ​させ、ぶどう​しゅ​を​あたえて​ませられた​の​で​あった。

8 ​そして、イエス​は​かれら​に​われた。「この​パン​を​べる​もの​は、ぶん​の​ため​に​わたし​の​からだ​を​べる​の​で​あり、この​ぶどう​しゅ​を​む​もの​は、ぶん​の​ため​に​わたし​の​​を​む​の​で​ある。その​もの​は​けっして​える​こと​も​かわく​こと​も​なく、たされる​で​あろう。」

9 ​さて、群衆ぐんしゅう​は​みなべ​え、み​える​と、よ、かれら​は​たま​に​たされた。そして、かれら​は​こえ​を​わせて​さけび、ぶん​たち​が​たり​いたり​した​イエス​に​えいこう​を​した。

10 ​そして、かれら​が​みな、イエス​に​えいこう​を​する​と、イエス​は​かれら​に​われた。「よ、いま、わたし​は​イスラエル​の​いえ​の​のこり​の​もの​で​ある​この​たみ​に​ついて、ちち​から​めいじられた​こと​を​たそう。

11 ​あなたがた​が​おぼえて​いる​よう​に、わたし​は​あなたがた​に、​イザヤ​の​こと​が​じょうじゅ​する​とき​の​こと​を​かたった。よ、イザヤ​の​こと​は​しるされて​あなたがた​の​まえ​に​ある​ので、それ​を​調しらべ​なさい。

12 ​まことに、まことに、あなたがた​に​う。イザヤ​の​こと​が​じょうじゅ​する​の​は、ちち​が​ぶん​の​たみ、イスラエル​の​いえ​に​てられた​せいやく​が​たされる​とき​で​ある。

13 ​その​とき、​の​おもて​に​ひろく​らされる​のこり​の​もの​たち​が、ひがし​から​西にし​から、みなみ​から​きた​から​あつめられる。そして、かれら​を​あがなわれた​しゅ​なる​かれら​の​かみ​を​る​よう​に​なる。

14 ​また​ちち​は、ぎ​として​この​​を​あなたがた​に​あたえる​よう​に、わたし​に​めいじられた。

15 ​あなたがた​に​う。ほうじん​が​わたし​の​たみ​を​らした​のちしゅくふく​を​けて​から、もし​あらため​なければ、

16 ​その​とき、ヤコブ​の​いえ​の​のこり​の​もの​で​ある​あなたがた​は、かれら​の​なか​に​て​く​で​あろう。ほうじん​の​かず​は​おおい​が、あなたがた​は​かれら​の​なか​に​いる。あなたがた​は​かれら​の​なか​で、もり​の​けもの​の​なか​の​ライオン​の​よう​で​あり、ひつじ​の​れ​の​なか​の​わかい​​ライオン​の​よう​で​ある。わかい​ライオン​は​とおり​ぎる​とき​に​みにじり、いて、だれ​も​すくう​こと​が​できない。

17 ​あなた​の​​は​あなた​に​てき​を​いだいて​いる​もの​の​うえ​に​げられ、あなた​の​てき​は​ことごとく​たれる。

18 ひと​が​り​たば​を​ゆか​に​あつめる​よう​に、わたし​は​ぶん​の​たみ​を​あつめよう。

19 ちち​が​せいやく​を​わされた​わたし​の​たみ、わたし​は​あなた​の​つの​を​てつ​と​し、また​あなた​の​ひづめ​を​真鍮しんちゅう​と​しよう。あなた​は​おおく​の​たみ​を​くだく​で​あろう。わたし​は​かれら​の​とく​を​しゅ​の​ため​に​聖別せいべつ​し、かれら​の​しょゆうぶつ​を​ぜん​の​しゅ​の​ため​に​聖別せいべつ​しよう。よ、それ​を​おこなう​の​は​わたし​で​ある。

20 ​さて、わたし​の​ばつ​の​つるぎ​は​その​かれら​の​うえ​に​せまる​と、ちち​は​われる。かれら​が​あらため​なければ、それ​は​かれら​に、すなわち​ほうじん​の​すべて​の​こくみん​に​くだる、と​ちち​は​われる。

21 ​そして​わたし​は、ぶん​の​たみ、イスラエル​の​いえ​を​きずき​げよう。

22 よ、わたし​は​この​たみ​を​この​​に​てて、わたし​が​かつて​あなたがた​の​せん​ヤコブ​と​わした​せいやく​を​たそう。この​​は​しん​エルサレム​と​なる​で​あろう。てん​の​ちから​は​この​たみ​の​なか​に​あり、まことに、​わたし​は​あなたがた​の​なか​に​いる​で​あろう。

23 よ、モーセ​が​かたった​の​は​わたし​の​こと​で​ある。モーセ​は​った。『しゅ​なる​あなたがた​の​かみ​は、あなたがた​の​ため​に、あなたがた​の​同胞はらから​の​なか​から​わたし​の​よう​な​げんしゃ​を​ひと​お​て​に​なる。その​げんしゃ​が​あなたがた​に​かたる​すべて​の​こと​に​みみ​を​かたむけ​なさい。そして、その​げんしゃ​に​みみ​を​かたむけない​もの​は​すべて、たみ​の​なか​から​たれる​で​あろう。』

24 ​まことに、あなたがた​に​う。サムエル​を​はじめ​として、かれ​に​つづいて​かたった​げんしゃ​は​みな、わたし​に​ついて​あかし​した。

25 よ、あなたがた​は​げんしゃ​たち​の​そん​で​あり、イスラエル​の​いえ​に​ぞくする​もの​で​あり、ちち​が​あなたがた​の​せん​と​わされた​せいやく​を​けて​いる​もの​で​ある。ちち​は​アブラハム​に、『​あなた​の​そん​に​より、​の​すべて​の​ぞく​は​しゅくふく​を​ける​で​あろう』​と​われた。

26 ちち​は​わたし​を​よみがえらせ、まず​あなたがた​に​つかわされた。あなたがた​ひと人​ひと​を​ざいあく​から​とおざけて​しゅくふく​に​あずからせる​ため​で​ある。これ​は、あなたがた​が​せいやく​の​そん​だから​で​ある。

27 ​あなたがた​が​しゅくふく​に​あずかった​のちちち​は、『あなた​の​そん​に​より、​の​すべて​の​ぞく​が​しゅくふく​を​ける​で​あろう』​と​って​アブラハム​と​わした​せいやく​を​たされる。それ​は、わたし​を​つうじて、ほうじん​に​聖霊せいれい​が​そそがれる​ため​で​ある。ほうじん​は​この​しゅくふく​を​あたえられて、何者なにもの​に​も​して​つよく​なり、わたし​の​たみ、イスラエル​の​いえ​を​らす​で​あろう。

28 ​そして​ほうじん​は、この​​の​たみ​に​とって​むち​と​なる​で​あろう。それでも、かれら​が​わたし​の​完全かんぜん​な​ふくいん​を​れた​とき、『もしも​わたし​に​たいして​こころ​を​かたくな​に​する​なら​ば、わたし​は​かれら​の​ざいあく​を​かれら​しん​の​こうべ​に​もどそう』​と、ちち​は​われる。

29 『また​わたし​は、ぶん​の​たみ​と​わした​せいやく​を​おもこそう。わたし​は​ぶん​が​ふさわしい​と​おもう​とき​に​かれら​を​あつめ、かれら​の​せん​の​​を​ぎ​として​ふたたび​かれら​に​あたえる​と​せいやく​した。その​せん​の​​と​は​​エルサレム​の​かれら​の​ため​の​とこしえ​の​やくそく​の​​で​ある』​と、ちち​は​われる。

30 ​そして​将来しょうらい、わたし​の​完全かんぜん​な​ふくいん​が​かれら​に​べ​つたえられる​とき​が​る。

31 ​そして​かれら​は​わたし​を​しんじ、わたし​が​かみ​の​​イエス・​キリスト​で​ある​こと​を​みとめ、わたし​の​​に​よって​ちち​に​いのる​よう​に​なる​で​あろう。

32 ​その​とき、かれら​の​り​にん​たち​は​こえ​を​げ、かれら​は​こえ​を​わせて​うたう。かれら​は​たり​に​る​から​で​ある。

33 ​その​とき、ちち​は​ふたたび​かれら​を​あつめ、かれら​の​ぎ​の​​として​エルサレム​を​かれら​に​あたえられる。

34 ​その​とき、かれら​は​よろこび​の​こえ​を​げる。『エルサレム​の​れた​ところ​よ、ともに​うたえ。ちち​が​ぶん​の​たみ​を​なぐさめ、エルサレム​を​あがなわれた​から​で​ある。』

35 ちち​は​その​せい​なる​うで​を、すべて​の​こくみん​の​​の​まえ​に​あらわされた。​の​て​に​いたる​すべて​の​ひと​は、ちち​の​すくい​を​る​で​あろう。ちち​と​わたし​は​一つ​で​ある。

36 ​その​とき、しるされて​いる​こと​が​じょうじゅ​する​で​あろう。『おお、シオン​よ、めよ、ふたたび​めよ、ちから​を​よ。おお、せい​なる​みやこ​エルサレム​よ、うつくしい​ころも​を​よ。これから​は​もう、割礼かつれい​を​けて​いない​もの​と​きよくない​もの​は、あなた​の​なか​に​はいって​る​こと​は​ない​から​で​ある。

37 ​あなた​の​​から​ちり​を​り​とせ。おお、エルサレム​よ、がって​せ。おお、とらわれた​シオン​の​むすめ​よ、あなた​の​くび​の​なわ​を​き​てよ。

38 しゅ​は​こう​われる。「あなたがた​は​ぶんしん​を​ただ​で​わたした。あなたがた​は​かね​を​はらわず​に​あがなわれる​で​あろう。」』

39 ​まことに、まことに、あなたがた​に​う。わたし​の​たみ​は​わたし​の​​を​る​で​あろう。まことに、その​かれら​は​かたって​いる​もの​が​わたし​で​ある​こと​を​る​で​あろう。

40 ​その​とき、かれら​は​う。『よき​おとずれ​を​つたえ、へい​を​げて​ひろめ、ぜん​の​よき​おとずれ​を​つたえ、すくい​を​げて​ひろめ、シオン​に​かって「あなた​の​かみ​が​とう​して​おられる」と​う​もの​の​あし​は、やま​の​うえ​に​あって​なんと​うるわしい​こと​で​あろう。』

41 ​また​その​とき、さけび​ごえ​が​こる。れ、れ、そこ​を​よ。きよくない​もの​に​れるな。その​なか​を​よ。しゅ​の​うつわ​を​になう​もの​たち​よ、きよく​あれ。

42 ​あなたがた​は​あわてて​る​ひつよう​も​なければ、げる​よう​に​して​る​ひつよう​も​ない。しゅ​が​あなたがた​の​まえ​を​き、イスラエル​の​かみ​が​あなたがた​の​しんがり​と​なられる​から​で​ある。

43 よ、わたし​の​しもべ​は​かしこく​う。かれ​は​あがめられ、たたえられ、じょう​に​たかく​なる。

44 おおく​の​ひと​が​あなた​に​おどろいた​よう​に--かれ​の​かおつき​は​ほか​の​だれ​より​も​そこなわれて、また​かれ​の​姿すがた​も、ひと​の​ら​の​よう​で​は​なかった--

45 かれ​は​おおく​の​こくみん​を​きよめる。おう​たち​は​かれ​を​て​くち​を​つぐむ。かれら​は​まだ​げられた​こと​の​ない​こと​を​、まだ​いた​こと​の​ない​こと​を​さとる​から​で​ある。』

46 ​まことに、まことに、あなたがた​に​う。これら​の​こと​は​すべて、ちち​が​わたし​に​めいじられた​よう​に​かならず​こる。その​とき、ちち​が​ぶん​の​たみ​と​わされた​せいやく​が​たされる。その​とき、​エルサレム​は​ふたたび​わたし​の​たみ​の​む​ところ​と​なり、かれら​の​ぎ​の​​と​なる​で​あろう。」