第三ニーファイ 14
    脚注

    第​14​章

    イエス、さばかない​よう​に、かみ​を​もとめる​よう​に、にせげんしゃ​に​​を​つける​よう​に​と​めいじられる。イエス、御父おんちち​の​こころ​を​おこなう​もの​に​すくい​を​やくそく​される。マタイ​に​よる​ふくいんしょだい七​しょう​と​かく​せよ。げんやく​三十四​ねん

    1 ​さて、イエス​は​これら​の​こと​を​かたり​える​と、もう​いち群衆ぐんしゅう​の​ほう​に​なおって、ふたたび​かれら​に​くち​を​ひらかれた。「まことに、まことに、あなたがた​に​う。さばいて​は​ならない。ぶん​が​さばかれない​ため​で​ある。

    2 ​あなたがた​が​さばく​その​さばき​で、ぶん​も​さばかれ、あなたがた​が​はかる​その​はかり​で、あなたがた​も​はかられる​から​で​ある。

    3 ​なぜ​きょうだい​の​​に​ある​ちり​を​​ながら、ぶん​の​​に​ある​はり​を​みとめない​の​か。

    4 ぶん​の​​に​は​はり​が​ある​の​に、どうして​きょうだい​に​かって、『あなた​の​​から​ちり​を​らせて​ください』​と​えよう​か。よ、ぶん​の​​の​なか​に​はり​が​ある​で​は​ない​か。

    5 ぜんしゃ​よ、まず​ぶん​の​​から​はり​を​りのけ​なさい。そう​すれ​ば、はっきり​える​よう​に​なって、きょうだい​の​​から​ちり​を​りのける​こと​が​できる​で​あろう。

    6 せい​なる​もの​を​いぬ​に​あたえて​は​ならない。また​ぶた​の​まえ​に​真珠しんじゅ​を​げて​は​ならない。かれら​は​それら​を​あし​で​みつけ、なおって、あなたがた​を​く​で​あろう。

    7 もとめ​なさい。そう​すれ​ば、あたえられる​で​あろう。さがし​なさい。そう​すれ​ば、いだす​で​あろう。たたき​なさい。そう​すれ​ば、ひらかれる​で​あろう。

    8 ​すべて​もとめる​もの​は​あたえられ、さがす​もの​は​いだし、たたく​もの​に​は​ひらかれる​から​で​ある。

    9 ​あなたがた​の​なか​に、ぶん​の​​が​パン​を​もとめる​の​に、いし​を​あたえる​もの​が​あろう​か。

    10 うお​を​もとめる​の​に、へび​を​あたえる​もの​が​あろう​か。

    11 ​この​よう​に、あなたがた​は​わるい​もの​で​あって​も、ぶん​の​ども​に​は、い​おくもの​を​する​こと​を​って​いる​と​すれ​ば、てん​に​おられる​あなたがた​の​ちち​は​なおさら、もとめて​くる​もの​に​い​もの​を​くださらない​こと​が​あろう​か。

    12 ​だから、何事なにごと​で​も​ひと​から​して​ほしい​と​のぞむ​こと​は、人々ひとびと​に​も​その​とおり​に​しなさい。これ​が​りっぽう​で​あり、げんしゃ​で​ある。

    13 せまい​もん​から​はいり​なさい。ほろび​に​いたる​もん​は​おおきく、その​みち​も​ひろい。そして、そこ​から​はいって​く​もの​が​おおい。

    14 いのち​に​いたる​もん​は​せまく、その​みち​は​ほそい。そして、それ​を​いだす​もの​が​すくない。

    15 にせげんしゃ​に​​を​つけ​なさい。かれら​は​ひつじ​の​ころも​を​て​あなたがた​の​ところ​に​る​が、その​うちがわ​は​ごうよく​な​おおかみ​で​ある。

    16 ​あなたがた​は、その​​に​よって​かれら​を​ける​で​あろう。いばら​から​ぶどう​を、あざみ​から​いちじく​を​あつめる​もの​が​あろう​か。

    17 ​その​よう​に、すべて​い​​は​い​​を​むすび、わるい​​は​わるい​​を​むすぶ。

    18 い​​が​わるい​​を​むすぶ​こと​は​ない​し、わるい​​が​い​​を​むすぶ​こと​も​ありない。

    19 い​​を​むすばない​​は​ことごとく​り​たおされて、​の​なか​に​まれる。

    20 ​この​よう​に、あなたがた​は​その​​に​よって​かれら​を​ける​の​で​ある。

    21 ​わたし​に​かって、『しゅ​よ、しゅ​よ』​と​う​もの​が​みなてん​の​おうこく​に​はいる​の​で​は​なく、ただ、てん​に​おられる​わたし​の​ちち​の​こころ​を​おこなう​もの​だけ​が​はいる​の​で​ある。

    22 ​その​​に​は、おおく​の​もの​が​わたし​に​かって、『しゅ​よ、しゅ​よ、わたしたち​は​あなた​の​​に​よって​げん​した​で​は​あり​ません​か。あなた​の​​に​よって​あくれい​を​し、あなた​の​​に​よって​おおく​の​おどろく​べき​わざ​を​おこなった​で​は​あり​ません​か』​と​う​で​あろう。

    23 ​その​とき、わたし​は​かれら​に​はっきり​こう​おう。『わたし​は​あなたがた​を​まったく​らない。ざいあく​を​おこなう​もの​たち​よ、わたし​の​もと​から​り​なさい。』

    24 ​それで、わたし​の​これら​の​こと​を​いて​おこなう​もの​を、わたし​は​いわ​の​うえ​に​いえ​を​てた​かしこい​ひと​に​たとえよう。

    25 あめ​が​り、洪水こうずい​が​せ、かぜ​が​いて​その​いえ​に​ちつけた​が、それ​は​たおれなかった。いわ​を​だい​と​して​いた​から​で​ある。

    26 ​また、わたし​の​これら​の​こと​を​いて​おこなわない​もの​は​みなすな​の​うえ​に​いえ​を​てた​おろか​な​ひと​に​たとえられる。

    27 あめ​が​り、洪水こうずい​が​こり、かぜ​が​いて​その​いえ​に​ちつける​と、それ​は​たおれて​しまった。そして、その​たおれ​かた​は​ひどかった。」