聖典
第三ニーファイ13


第13章

イエス,しゅいのりをニーファイじんおしえられる。ひとてんたからたくわえなければならない。しゅつとめにたずさわるじゅう,こののものをおもわずらわないようにめいじられる。マタイによるふくいんしょだいしょうかくげんやく三十四ねん

1 「まことに,まことに,わたしはう。あなたがたはまずしいものほどこをしてほしい。しかし,られるためにひとびとまえほどこしをすることのないようにちゅうしなさい。もし,そうしないと,てんにおられるあなたがたのちちからむくいをけることがないであろう。

2 だから,ほどこしをするときには,ぜんしゃたちがひとからめられるためにかいどうとおりでするように,ぶんまえでラッパをいてはならない。まことに,あなたがたにう。かれらはそのむくいをけてしまっている。

3 あなたはほどこしをするとき,みぎのしていることをひだりらせてはならない。

4 それは,あなたのするほどこしがかくれているためである。そうすれば,ひそかにておられるあなたのちちは,おおやけむくいてくださるであろう。

5 また,いのときには,ぜんしゃたちのようにしてはならない。かれらはひとせようとして,かいどうおおどおりのつじにっていのることをこのむ。まことに,あなたがたにう。かれらはそのむくいをけてしまっている。

6 あなたはいのるとき,ぶんはいり,じて,かくれたところにおられるあなたのちちいのりなさい。すると,ひそかにておられるあなたのちちは,おおやけむくいてくださるであろう。

7 また,いのるとき,きょうのようにえきかえすことはやめなさい。かれらは,ことかずおおければれられるとおもっている。

8 だから,かれらのまねをしてはならない。あなたがたのちちは,もとめないさきから,あなたがたにひつようなものをぞんだからである。

9 だから,あなたがたはこういのりなさい。『てんにおられるわたしたちのちちよ,があがめられますように。

10 こころてんおこなわれるように,でもおこなわれますように。

11 わたしたちがぶんさいのあるものゆるしていますように,わたしたちのさいをおゆるしください。

12 わたしたちをゆうわくおちいらせることのないようにし,あくからおすくいください。

13 おうこくちからえいこうはとこしえにあなたのものです。アーメン。』

14 もしあなたがたがひとあやまちをゆるならば,あなたがたのてんちちもあなたがたをゆるしてくださるであろう。

15 もしひとゆるさないならば,あなたがたのちちも,あなたがたのあやまちをゆるしてくださらないであろう。

16 さらにあなたがたは,だんじきをするときには,ぜんしゃのようにかなしげなかおつきをしてはならない。かれらはだんじきをしていることをひとらせようとして,ぶんかおぐるしくする。まことに,あなたがたにう。かれらはそのむくいをけてしまっている。

17 あなたがたはだんじきをするときには,あたまあぶらり,かおあらいなさい。

18 それは,だんじきをしていることをひとられないで,かくれたところにおられるあなたのちちっていただくためである。そうすれば,ひそかにておられるあなたのちちは,おおやけむくいてくださるであろう。

19 あなたがたはぶんのために,むしい,さびがつき,また,ぬすびとらがってぬすすようなじょうに,たからたくわえてはならない。

20 むしろぶんのため,むしわず,さびもつかず,また,ぬすびとらがってぬすすこともないてんに,たからたくわえなさい。

21 あなたのたからのあるところには,こころもあるからである。

22 からだかりである。だから,あなたのただしくていれば,あなたのぜんしんひかりちるであろう。

23 しかし,あなたのあくていれば,ぜんしんくらやみおよぶであろう。だから,もしあなたのうちにあるひかりくらやみになるならば,そのくらさはどんなにふかいことか。

24 だれも,二人ふたりしゅじんつかえることはできない。いっぽうにくんでほうあいし,あるいは,いっぽうしたしんでほうをうとんじるからである。あなたがたは,かみとみとにつかえることはできない。」

25 さて,イエスはこれらのことかたえると,ぶんえらんだ十二にんわれた。「わたしがかたったことおぼえておきなさい。よ,あなたがたはこのたみつかえるようにわたしがえらんだものだからである。あなたがたにう。なにべようか,なにもうかと,ぶんいのちのことでおもわずらい,なにようかとぶんからだのことでおもわずらってはならない。いのちしょくもつまさり,からだふくまさっていないだろうか。

26 そらとりなさい。まくこともることもせず,くらおさめることもしない。それでも,あなたがたのてんちちとりやしなっておられる。あなたがたは,とりよりもはるかにすぐれたものではないか。

27 あなたがたのなかのだれが,おもわずらったからといって,ぶんたけを一キュビトばすことができようか。

28 また,なぜふくのことでおもわずらうのか。のゆりがどのようにそだっているかかんがえてみなさい。のゆりははたらきもせず,つむぎもしない。

29 しかし,あなたがたにうが,えいきわめたときのソロモンでさえ,このはなの一つほどにもかざってはいなかった。

30 だから,今日きょうはあって,まれるくさでさえ,かみがこのようによそおってくださるとすれば,あなたがたのしんこううすくないかぎり,かみはあなたがたにもおなじようによそおわせてくださるであろう。

31 だから,『なにべようか』『なにもうか』『なにようか』とっておもわずらってはならない。

32 あなたがたのてんちちは,これらのものがすべてあなたがたにひつようであることをぞんじだからである。

33 まずかみおうこくかみもとめなさい。そうすれば,これらのものはすべてえてあたえられるであろう。

34 だから,のことをおもわずらってはならない。のことはしんおもわずらうであろう。そのはそのろうだけでじゅうぶんである。」