第三ニーファイ 12
    脚注

    第​12​章

    イエス、じゅう​を​して​ちから​を​さずけられる。イエス、ニーファイじん​に​さんじょう​の​垂訓すいくん​に​た​せっきょう​を​し、ふく​の​おしえ​を​かれる。イエス​の​おしえ​は​モーセ​の​りっぽう​を​しのぎ、モーセ​の​りっぽう​に​優先ゆうせん​する。イエス​と​御父おんちち​が​完全かんぜん​で​あられる​よう​に​完全かんぜん​に​なる​こと​が、人々ひとびと​に​めいじられる。マタイ​に​よる​ふくいんしょだい五​しょう​と​かく​せよ。げんやく​三十四​ねん

    1 ​さて、イエス​は​これら​の​こと​を​ニーファイ​と​まえ​に​された​人々ひとびとされて​バプテスマ​を​ほどこす​ちから​と​権能けんのう​を​さずけられた​人々ひとびと​の​かず​は​​十二​にん​で​あった)に​かたり​える​と、よ、群衆ぐんしゅう​に​​を​ばして、おおきな​こえ​で​われた。「わたし​が​あなたがた​の​なか​から​えらんで、あなたがた​を​おしえ​みちびき、また​あなたがた​の​しもべ​と​なる​よう​に​した​この​十二​にん​の​こと​に​ちゅう​を​はらう​なら​ば、あなたがた​は​さいわい​で​ある。わたし​は​みず​で​あなたがた​に​バプテスマ​を​ほどこす​ちから​を​この​十二​にん​に​さずけた。あなたがた​が​みず​で​バプテスマ​を​けた​のちよ、わたし​は​あなたがた​に​​と​聖霊せいれい​に​よって​バプテスマ​を​さずけよう。あなたがた​は​すでに​わたし​を​て​おり、わたし​が​じつざい​する​こと​を​って​いる​ので、わたし​を​しんじて​バプテスマ​を​ける​なら​ば、あなたがた​は​さいわい​で​ある。

    2 ​さらに​また、あなたがた​が​わたし​に​った​と​あかし​し、わたし​が​じつざい​する​こと​を​って​いる​と​あかし​する​とき、あなたがた​の​その​こと​を​しんじる​人々ひとびと​は、なおさら​さいわい​で​ある。まことに、あなたがた​の​こと​を​しんじて、心底しんそこ謙遜けんそん​に​なって​バプテスマ​を​ける​人々ひとびと​は、さいわい​で​ある。かれら​は​​と​聖霊せいれい​を​さずかり、つみ​の​ゆるし​を​ける​から​で​ある。

    3 ​まことに、​わたし​の​もと​に​る​こころ​の​まずしい​人々ひとびと​は、さいわい​で​ある。てん​の​おうこく​は​かれら​の​もの​だから​で​ある。

    4 ​また、かなしむ​人々ひとびと​は​みなさいわい​で​ある。かれら​は​なぐさめられる​から​で​ある。

    5 にゅう​な​人々ひとびと​は、さいわい​で​ある。かれら​は​​を​ぐ​から​で​ある。

    6 ​に​え​かわいて​いる​人々ひとびと​は​みなさいわい​で​ある。かれら​は​聖霊せいれい​に​たされる​から​で​ある。

    7 あわれみ​ぶかい​人々ひとびと​は、さいわい​で​ある。かれら​は​あわれみ​を​ける​から​で​ある。

    8 こころ​の​きよい​人々ひとびと​は​みなさいわい​で​ある。かれら​は​かみ​を​る​から​で​ある。

    9 へい​を​つくりす​人々ひとびと​は​みなさいわい​で​ある。かれら​は​かみ​の​​と​ばれる​から​で​ある。

    10 ​わたし​の​​の​ため​に​はくがい​される​人々ひとびと​は​みなさいわい​で​ある。てん​の​おうこく​は​かれら​の​もの​だから​で​ある。

    11 ​わたし​の​ため​に​人々ひとびと​が​あなたがた​を​ののしり、また​はくがい​し、また​あなたがた​に​たいして​いつわって​悪口あっこう​を​う​とき​に​は、あなたがた​は​さいわい​で​ある。

    12 ​あなたがた​は​おおきな​よろこび​を​て、じょう​に​よろこぶ​よう​に​なる。てん​に​おいて​あなたがた​の​ける​むくい​は​おおきい​から​で​ある。あなたがた​より​まえ​に​いた​げんしゃ​たち​も、おなじ​よう​に​はくがい​された​の​で​ある。

    13 ​まことに、まことに、あなたがた​に​う。わたし​は​あなたがた​を​​の​しお​と​する。しかし、もし​しお​が​その​しお​を​うしなったら、​は​なに​に​よって​しおあじ​を​つけられよう​か。その​しお​は​もはや​なんの​やく​に​も​たず、ただ​そと​に​てられて、人々ひとびと​に​みつけられる​だけ​で​ある。

    14 ​まことに、まことに、あなたがた​に​う。わたし​は​あなたがた​を​この​たみ​の​ひかり​と​する。おか​の​うえ​に​ある​まち​は​かくれる​こと​が​できない。

    15 よ、ひと​は​​ろうそく​に​​を​つけて​ます​の​した​に​く​だろう​か。その​よう​な​こと​は​せず、燭台しょくだい​に​てて、いえ​の​なか​の​すべて​の​もの​を​らす。

    16 ​だから、あなたがた​の​ひかり​を​この​たみ​の​まえ​に​かがやかせて、この​たみ​が​あなたがた​の​い​おこない​を​て、てん​に​おられる​あなたがた​の​ちち​を​あがめる​よう​に​しなさい。

    17 ​わたし​が​りっぽう​や​げんしゃ​を​はいする​ため​に​た、と​おもって​は​ならない。わたし​が​た​の​は​はいする​ため​で​なく、じょうじゅ​する​ため​で​ある。

    18 ​まことに、あなたがた​に​う。りっぽう​は​一点いってん一画いっかく​も​むなしく​なる​こと​が​なく、わたし​に​よって​すべて​じょうじゅ​した。

    19 ​そして​よ、わたし​は​あなたがた​に、わたし​を​しんじ、つみ​を​あらためて、くだかれた​こころ​と​いる​れい​を​もって​わたし​の​もと​に​る​よう​に​と​いう​ちち​の​りっぽう​と​いましめ​を​あたえた。よ、あなたがた​の​まえ​に​は​いましめ​が​あり、りっぽう​は​すでに​じょうじゅ​して​いる。

    20 ​だから、わたし​の​もと​に​て​すくい​を​​なさい。まことに、あなたがた​に​う。いま​あなたがた​に​めいじた​わたし​の​いましめ​を​まもらなければ、あなたがた​は​けっして​てん​の​おうこく​に​はいれない​で​あろう。

    21 むかし​の​人々ひとびと​に​より、『あなたがた​は​ころして​は​ならない。ころす​もの​は​だれでも、かみ​の​さばき​を​ける​おそれ​が​ある』​と​われて​きた​こと​は、あなたがた​の​いて​いる​ところ​で​あり、また​それ​は、あなたがた​の​まえ​に​しるされて​いる。

    22 ​しかし、あなたがた​に​う。ぶん​の​きょうだい​に​たいして​いかる​もの​は​だれ​で​あろう​と、かみ​の​さばき​を​ける​おそれ​が​ある。ぶん​の​きょうだい​に​かって『おろか​もの』​と​う​もの​は​だれでも、かい​に​わたされる​おそれ​が​ある。また、『ばか​もの』​と​う​もの​は​だれでも、ごく​の​​に​まれる​おそれ​が​ある。

    23 ​だから、あなた​は​わたし​の​もと​に​る​とき、または​わたし​の​もと​に​たい​と​おもう​とき、きょうだい​が​あなた​に​たいして​なにか​うらみ​を​いだいて​いる​こと​を​おもしたら、

    24 ​あなた​の​きょうだい​の​ところ​に​って、まず​その​きょうだい​と​かい​し、それから​十分じゅうぶん​に​かたい​けつ​を​もって​わたし​の​もと​に​なさい。そう​すれ​ば、わたし​は​あなた​を​れよう。

    25 ぶん​に​てき​を​いだいて​いる​もの​と、いっしょ​に​いる​あいだ​に​はやく​仲直なかなおり​しなさい。そう​しない​と、いつか​かれ​は​あなた​を​らえる​で​あろう。そして、あなた​は​ろう​に​れられる​で​あろう。

    26 ​まことに、まことに、あなた​に​う。あなた​は​さい​の​一​セナイン​を​はらって​しまう​まで、けっして​そこ​から​て​る​こと​は​できない。あなた​は​ろう​の​なか​に​いて​一​​セナイン​で​も​はらえる​だろう​か。まことに、まことに、あなた​に​う。『はらう​こと​は​できない』​と。

    27 よ、むかし​の​人々ひとびと​は、『あなた​は​姦淫かんいん​して​は​ならない』​と​いて​いる。

    28 ​しかし、あなたがた​に​う。じょうよく​を​いだいて​おんな​を​る​もの​は​だれでも、こころ​の​なか​で​すでに​姦淫かんいん​を​おこなった​の​で​ある。

    29 よ、わたし​は​あなたがた​に、これら​の​こと​を​けっして​こころ​の​なか​に​れない​よう​に​と​めいじる。

    30 ​あなたがた​は、これら​の​こと​を​って​ぶん​の​じゅう​を​う​ほう​が、ごく​に​まれる​より​も​よい​から​で​ある。

    31 つま​を​す​もの​は​えんじょう​を​わたせ』​と​かれて​いる。

    32 ​まことに、まことに、あなたがた​に​う。だれでも、ていがい​の​ゆう​で​ぶん​の​つま​を​す​もの​は、姦淫かんいん​を​おこなわせる​の​で​ある。また​された​おんな​を​めとる​もの​も、姦淫かんいん​を​おこなう​の​で​ある。

    33 ​さらに、『いつわり​ちかうな。ちかった​こと​は、すべて​しゅ​に​たいして​たせ』​と​かれて​いる。

    34 ​しかし、まことに、まことに、あなたがた​に​う。いっさいちかって​は​ならない。てん​に​かけて​ちかって​は​ならない。そこ​は​かみ​の​​で​ある​から。

    35 ​また、​に​かけて​ちかって​は​ならない。そこ​は​かみ​の​あしだい​で​ある​から。

    36 ​また、ぶん​の​あたま​に​かけて​ちかって​は​ならない。あなた​は​かみ​の​一筋ひとすじ​さえ​くろく​も​しろく​も​する​こと​が​できない。

    37 ​あなたがた​の​こと​は​ただ、『はい、はい』『いいえ、いいえ』​で​ある​べき​だ。それ​じょう​の​もの​から​る​もの​は​すべて​あく​で​ある。

    38 ​また​よ、『​に​は​​を、​に​は​​を』​と​かれて​いる。

    39 ​しかし、あなたがた​に​う。あくにん​に​かって​は​ならない。もし、だれか​が​あなた​の​みぎ​の​ほお​を​つ​なら、​ほか​の​ほお​を​も​けて​やり​なさい。

    40 ​あなた​を​うったえて、した​を​ろう​と​する​もの​に​は、うわ​を​も​あたえ​なさい。

    41 ​もし、だれか​が、あなた​を​いて​一​マイル​かせよう​と​する​なら、その​ひと​と​ともに​二​マイル​き​なさい。

    42 もとめる​もの​に​は​あたえ、りよう​と​する​もの​を​ことわらない​よう​に​しなさい。

    43 ​また​よ、『隣人りんじん​を​あいし、てき​を​にくめ』​と​も​かれて​いる。

    44 ​しかし​よ、わたし​は​あなたがた​に​う。あなたがた​の​てき​を​あいし、あなたがた​を​のろう​もの​を​しゅくふく​し、あなたがた​を​にくむ​もの​に​ぜん​を​なし、あなたがた​を​とう​に​あつかい​はくがい​する​もの​の​ため​に​いのり​なさい。

    45 ​こう​して、てん​に​おられる​あなたがた​の​ちち​の​​と​なる​ため​で​ある。てん​の​ちち​は、わるい​もの​の​うえ​に​も​い​もの​の​うえ​に​も​太陽たいよう​を​のぼらせて​くださる​から​で​ある。

    46 ぜんりっぽう​の​もと​に​あった​こと​は​すべて、わたし​に​よって​じょうじゅ​して​いる。

    47 ふるい​もの​は​はいされて、すべて​の​もの​が​あたらしく​なった​の​で​ある。

    48 ​わたし​や​てん​に​おられる​あなたがた​の​ちち​が​完全かんぜん​で​ある​よう​に、あなたがた​も​完全かんぜん​に​なる​こと​を、わたし​は​のぞんで​いる。」