第三ニーファイ 1
    脚注

    だい三ニーファイ

    ニーファイ​の​しょ
    この​ニーファイ​は,ヒラマン​の​むす​で​あった​ニーファイ​の​むす​で​ある

    その​ヒラマン​は​ヒラマン​の​むす​で​あり、その​ヒラマン​は​アルマ​の​むす​で​あり、アルマ​は​アルマ​の​むす​で​あり、その​アルマ​は​リーハイ​の​むす​ニーファイ​の​そん​で​あり、リーハイ​は​ユダ​の​おう​ゼデキヤ​の​せい​の​だい一​ねん​に​エルサレム​を​て​た​ひと​で​ある。

    第​1​章

    ヒラマン​の​むす​ニーファイ​は​ゼラヘムラ​の​​を​り、その​むす​ニーファイ​が​ろく​を​き​ぐ。しるし​と​​が​たくさん​あった​に​も​かかわらず、あくにん​は​じん​を​ころそう​と​する。キリスト​の​降誕こうたん​の​よる​が​る。しるし​が​しめされ、あたらしい​ほし​が​あらわれる。いつわり​と​あざむき​が​し、ガデアントン​の​ごうとう​が​おおく​の​もの​を​ころす。げんやく​一ねん​から​四​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、だい​九十一​ねん​が​った。それ​は​リーハイ​が​エルサレム​を​った​とき​から​​六百​ねん​で​あり、その​とし​に​は、ラコーニアス​が​だい​さばきつかさ​で​あり、くに​の​そうとく​で​あった。

    2 ​ヒラマン​の​むす​ニーファイ​は、真鍮しんちゅう​の​はん​と、それ​まで​き​がれて​きた​すべて​の​ろく​と、リーハイ​が​エルサレム​を​って​らい神聖しんせい​に​ぞん​されて​きた​すべて​の​品々しなじな​に​かんする​責任せきにん​を、ちょうなん​の​​ニーファイ​に​ゆだねて、ゼラヘムラ​の​​を​って​いた。

    3 かれ​は​その​​を​った​が、かれ​が​​どこ​へ​った​か​は​だれ​も​らない。そして、かれ​の​むす​ニーファイ​が​ちち​に​わって​ろく​を、すなわち​この​たみ​の​ろく​を​き​いだ。

    4 ​さて、だい​九十二​ねん​の​はじめ​に​は、よ、げんしゃ​たち​の​げん​が​さらに​完全かんぜん​に​じょうじゅ​し​はじめた。たみ​の​なか​に​さらに​おおきな​しるし​と、さらに​おおきな​せき​が​おこなわれ​はじめた​から​で​ある。

    5 ​しかし、レーマンじん​サムエル​に​よって​べられた​こと​の​じょうじゅ​する​とき​は​った​と​い​す​もの​たち​が​何人なんにん​か​いた。

    6 かれら​は​同胞はらから​の​こと​を​よろこび​はじめて、「よ、とき​は​り、サムエル​の​こと​は​じょうじゅ​して​いない。だから、あなたがた​が​この​こと​を​よろこび、しんじた​の​は、むなしい​こと​だった」と​った。

    7 ​そして​かれら​は、くにじゅう​に​ひどい​そうどう​を​こした。そこで、しんじて​いた​人々ひとびと​は、べられて​いる​こと​が​なんら​か​の​ゆう​で​こらない​よう​な​こと​が​あり​は​しない​か​と、じょう​に​なやみ​はじめた。

    8 ​しかし​よ、かれら​は、まるで​よる​の​ない​一にち​の​よう​な​二​ちゅう​一​を​かっ​と​して​ち​もうけ、ぶん​たち​の​しんこう​が​むなしい​もの​で​なかった​こと​を​ろう​と​した。

    9 ​さて、しんこうしん​の​ない​もの​たち​は​ある​一にち​を​とくに​さだめ、げんしゃ​サムエル​に​よって​げられた​しるし​が​その​​まで​に​あらわれ​なければ、これら​の​つたえ​を​しんじて​いる​すべて​の​ひと​を​ころす​こと​に​した。

    10 ​さて、ニーファイ​の​むす​ニーファイ​は、ぶん​の​たみ​の​この​あく​を​て、こころ​に​じょう​な​うれい​を​おぼえた。

    11 ​そこで​かれ​は、て​って​​に​し、ぶん​の​たみ​の​ため​に、すなわち​せん​の​つたえ​を​しんじて​いる​こと​で​ころされよう​と​して​いる​人々ひとびと​の​ため​に、熱烈ねつれつ​に​かみ​に​さけび​もとめた。

    12 ​そして​かれ​は、しゅうじつ熱烈ねつれつ​に​しゅ​に​さけび​もとめた。すると​よ、しゅ​の​こえ​が​かれ​に​こえて​われた。

    13 あたま​を​げて、げん​を​し​なさい。よ、とき​は​ちかい。こん、しるし​が​しめされ、、わたし​は​​に​る。そして​わたし​は、せい​なる​げんしゃ​たち​の​くち​を​とおして​かたって​きた​すべて​の​こと​を​じょうじゅ​する​こと​を、​の​人々ひとびと​に​しめす。

    14 よ、わたし​は、​の​はじめ​から​ひと​の​ら​に​らせて​きた​すべて​の​こと​を​じょうじゅ​する​ため、また​ちち​と​​の​両方りょうほう​の​おもい​を​おこなう​ため​に、​わたし​しん​の​たみ​の​もと​へ​く。わたし​しん​の​ゆえ​に​ちち​の​こころ​を​おこない、わたし​の​にく​の​ゆえ​に​​の​おもい​を​おこなう。よ、とき​は​ちかい。こん、しるし​が​しめされる​で​あろう。」

    15 ​さて、ニーファイ​に​くだされた​こと​は​げられた​とおり​に​じょうじゅ​し、よ、太陽たいよう​が​しずんで​も​すこしも​くらく​ならなかった。こう​して​よる​に​なって​も​くらく​ならなかった​ので、たみ​は​おどろいた。

    16 ​そして、げんしゃ​たち​の​こと​を​しんじなかった​おおく​の​もの​は​​に​たおれ、まるで​んだ​よう​に​なった。げんしゃ​たち​の​こと​を​しんじた​もの​たち​に​たいして​くわだてた​殺害さつがい​の​だいけいかく​が​やぶれて​しまった​こと​が​かった​から​で​ある。また、かつて​げられた​しるし​が​すでに​あらわれた​から​で​ある。

    17 ​そして​かれら​は、かみ​の​おん​が​もなく​姿すがた​を​あらわされる​に​ちがいない​と​いう​こと​を​る​よう​に​なった。まことに、ようするに​きた​の​​で​も​みなみ​の​​で​も、西にし​から​ひがし​に​いたる​まで​ぜん​の​おもて​に​いる​人々ひとびと​は​みなじょう​に​おどろいて​​に​たおれた。

    18 かれら​は​げんしゃ​たち​が​長年ながねん​これら​の​こと​に​ついて​あかし​して​きた​こと、また​かつて​げられた​しるし​が​すでに​あらわれた​こと​を​った​から​で​ある。そして​かれら​は、ぶん​たち​の​ざいあく​と​しんこう​の​ため​に​おそれ​はじめた。

    19 ​そして、その​よる​は​一晩ひとばんじゅうすこしも​くらく​ならず、まるで​ひる​の​よう​に​あかるかった。そして​あさ​に​は、いつも​の​とおり​に​ふたたび​太陽たいよう​が​のぼった。そこで​かれら​は、しるし​が​あたえられて​いた​ので、その​​に​しゅ​が​​お​まれ​に​なった​こと​を​った。

    20 ​そして、げんしゃ​の​こと​の​とおり​に、すべて​の​こと​が​ことごとく​じょうじゅ​した。

    21 ​そして、一つ​の​あたらしい​ほし​も​その​こと​の​とおり​に​あらわれた。

    22 ​さて、この​とき​、サタン​は​たみ​の​こころ​を​かたくな​に​し、かれら​が​た​それら​の​数々かずかず​の​しるし​と​​を​しんじない​よう​に​させる​ため​に、たみ​の​なか​に​いつわり​を​ひろめ​はじめた。しかし、これら​の​いつわり​と​あざむき​に​も​かかわらず、たみ​の​大半たいはん​は​しんじて、しゅ​に​​した。

    23 ​さて、ニーファイ​は​たみ​の​なか​に​て​き、また​ほか​に​も​おおく​の​もの​が​て​き、あらため​の​ため​の​バプテスマ​を​ほどこし、それ​に​よって​たみ​の​なか​に​つみ​の​おおきな​ゆるし​が​あった。この​よう​に​して、たみ​は​その​​に​ふたたび​へい​を​たもつ​よう​に​なった。

    24 ​そして、もう​モーセ​の​りっぽう​を​まもる​ひつよう​が​ない​こと​を、聖文せいぶん​を​使つかって​りっしょう​しよう​と​つとめ​ながら、おしえ​を​き​はじめた​すうにん​の​もの​が​いた​ほか​は、なんの​あらそい​も​なかった。この​すうにん​の​もの​は、聖文せいぶん​を​かい​して​いなかった​ので、この​こと​を​かい​した​の​で​ある。

    25 ​さて、かれら​は​もなく​こころ​を​あらため、ぶん​たち​が​おもい​ちがい​を​して​いた​こと​を​なっとく​した。りっぽう​は​まだ​じょうじゅ​して​いない​こと​と、それ​は​ことごとく​じょうじゅ​しなければ​ならない​こと​が​かれら​に​らされた​から​で​ある。りっぽう​は​じょうじゅ​しなければ​ならず、まことに、それ​が​すべて​じょうじゅ​する​まで​一点いってん一画いっかく​も​むなしく​なる​こと​は​ない​と​いう​こと​が​かれら​に​あたえられた。したがって、この​とし​の​うち​に​かれら​は​ぶん​たち​の​おもい​ちがい​を​り、ぶん​たち​の​あやまり​を​こくはく​した。

    26 ​この​よう​に、すべて​の​せい​なる​げんしゃ​たち​の​げん​の​こと​の​とおり​に​数々かずかず​の​しるし​が​あらわれ、たみ​に​よろこび​の​おとずれ​が​もたらされて、だい​九十二​ねん​が​った。

    27 ​そして、だい​九十三​ねん​も​平穏へいおん​に​った​が、ただ​​ガデアントン​の​ごうとう​が​山々やまやま​に​んで​いて、この​​を​らし​まわって​いた。かれら​の​とりで​と​かくれ​​が​じょう​に​けん​で​あった​ので、たみ​は​かれら​を​ち​かせなかった。その​ため​かれら​は​おおく​の​さつじん​を​おかし、たみ​の​なか​で​ひどい​さつりく​を​おこなった。

    28 ​そして​だい​九十四​ねん​に、ニーファイじん​の​おおく​の​はんしゃ​たち​が​かれら​の​ところ​へ​んだ​ため、かれら​は​じょう​に​え​はじめた。この​こと​は​この​​に​のこって​いる​ニーファイじん​に​ふかい​うれい​を​あたえた。

    29 ​また、レーマンじん​の​なか​に​も​ふかい​うれい​を​あたえる​ことがら​が​あった。よ、かれら​に​は​成人せいじん​に​なった​ども​たち​と​年齢ねんれい​の​すすんで​きた​ども​たち​が​おおぜい​いた​が、かれら​は​ひとち​する​と、ある​​ゾーラムじん​たち​の​いつわり​と​へつらい​の​こと​に​まどわされ、あの​ガデアントン​の​ごうとう​の​なか​に​なった。

    30 ​この​よう​に​レーマンじん​も​くるしんだ。そして、若者わかもの​たち​の​あく​の​ため​に、かれら​の​しんこう​と​​は​おとろえ​はじめた。