ニーファイ第一書 2
    脚注

    第​2​章

    リーハイ、ぞく​を​れて​こうかい​に​ちかい​​に​しゅっぱつ​する。ざいさん​を​あと​に​のこす。しゅ​に​せい​を​ささげ、むす​たち​に​しゅ​の​いましめ​を​まもる​よう​に​おしえる。レーマン​と​レムエル、ちち​に​たいして​つぶやく。ニーファイ​は​従順じゅうじゅん​で​あり、しんこう​を​もって​いのる。しゅ、ニーファイ​に​かたられ、ニーファイ​は​あに​たち​を​おさめる​もの​として​えらばれる。げんぜんやく​六百​ねん

    1 ​さて​よ、しゅ​は​まことに​ゆめ​の​なか​で​ちち​に​げて​こう​われた。「リーハイ​よ、あなた​は​これまで​おこなって​きた​こと​の​ため​に、さいわい​で​ある。あなた​は​ちゅうじつ​で​あり、わたし​が​めいじた​こと​を​この​たみ​に​げ​らせた​ため、よ、かれら​は​あなた​の​いのち​を​うばおう​と​して​いる。」

    2 ​そして、しゅ​は​ゆめ​の​なか​で​ちち​に、ぞく​を​れて​​へ​て​く​よう​に​めいじられた。

    3 ​そして、ちち​は​しゅ​の​こと​に​従順じゅうじゅん​で​あった​ので、しゅ​が​めいじられた​とおり​に​した。

    4 ​そして、ちち​は​​へ​て​った。ちち​は​ぶん​の​いえ​や​ぎ​の​きん​や​ぎんちょうひん​を​あと​に​のこして、ぞく​と​食糧しょくりょう​と​てんまく​の​ほか​は​なにも​たず​に​​へ​て​った。

    5 ​そして​ちち​は、まず​こうかい​の​うみ​に​ちかい​さかい​の​​の​あたり​に​くだって​って、それから、さらに​こうかい​に​ちかい​さかい​の​​の​​を​すすんだ。ちち​は​​の​なか​を​ぞく​を​れて​たび​を​した​が、その​ぞく​と​は、はは​サライア​と​あに​たち、すなわち​​レーマン、レムエル、サム​で​あった。

    6 ​さて、ちち​は​​を​みっ​の​あいだたび​して​から、ある​たに​で、みず​の​ながれて​いる​かわ​の​ほとり​に​てんまく​を​った。

    7 ​そして​ちち​は、いし​で​一つ​の​さいだん​を​きずき、しゅ​に​ささげ​もの​を​して、しゅ​なる​わたしたち​の​かみ​に​感謝かんしゃ​を​ささげた。

    8 ​さて、ちち​は​その​かわ​を​レーマン​と​けた。その​かわ​は​こうかい​に​そそぎ、その​たに​は​こう​に​ちかい​さかい​の​​に​あった。

    9 ちち​は、その​かわ​の​みず​が​こうかい​の​みなもと​に​そそぐ​の​を​て、レーマン​に​かって​った。「おお、おまえ​は​この​かわ​の​よう​に、​なく​あらゆる​​の​みなもと​に​ながむ​よう​に。」

    10 ​また​レムエル​に​かって​った。「おお、おまえ​は​この​たに​の​よう​に、しゅ​の​いましめ​を​まもる​こと​に​おいて​かたく​かっ​と​して、るぎなく​ある​よう​に。」

    11 ​ところで、ちち​が​こう​った​の​は、レーマン​と​レムエル​が​ごうじょう​で​あった​から​で​ある。よ、この​ふた​は​おおく​の​こと​で​ちち​に​たいして​​つぶやいた。それ​は、ちち​が​まぼろし​を​る​ひと​で、ぶん​たち​の​ぎ​の​​や、きん​や​ぎんちょうひん​を​あと​に​のこして、エルサレム​の​​から​ぶん​たち​を​し、​で​ぬ​ほか​なかった​ため​で​あった。そして、ちち​が​この​よう​に​した​の​は、こころ​に​かんだ​つまらない​くうそう​の​ため​だ、と​かれら​は​った。

    12 ​この​よう​に、いちばん​年上としうえ​の​レーマン​と​レムエル​は​ちち​に​たいして​つぶやいた。かれら​が​つぶやいた​の​は、ぶん​たち​を​つくられた​あの​かみ​の​はからい​を​らない​ため​で​あった。

    13 ​また​この​ふた​は、あの​おおきな​みやこ​の​エルサレム​が、げんしゃ​たち​が​った​よう​に​ほろぼされる​こと​も​しんじなかった。かれら​は、ちち​の​いのち​を​うばおう​と​した​エルサレム​の​ユダヤじん​の​よう​で​あった。

    14 ​そこで​ちち​は、レムエル​の​たに​で​たま​に​たされ、ふた​の​からだ​が​ぶん​の​まえ​で​ち​ふるえる​まで​ちからづよく​かれら​に​かたった。そして​ちち​が​ふた​を​い​せた​ので、ふた​は​ひとこと​も​かえさず、ちち​の​めいじる​とおり​に​した。

    15 ちち​は​てんまく​に​んだ。

    16 ​さて、わたし​ニーファイ​は​まだ​とても​わかかった​が、もう​たけ​は​たかく、また​かみ​の​おく​を​りたい​と​いう​おおきな​のぞみ​を​いだいて​いた​ので、しゅ​に​さけび​もとめた。すると​よ、しゅ​が​わたし​を​おとずれ、こころ​を​やわらげて​くださった​ので、わたし​は、ちち​が​これまで​に​かたった​こと​を​すべて​しんじた。その​ため​に​わたし​は、あに​たち​の​よう​に​ちち​に​さからおう​と​は​しなかった​の​で​ある。

    17 ​そして​わたし​は​サム​に、しゅ​が​せい​なる​たま​に​よって​わたし​に​あきらか​に​して​くださった​こと​を​はなして​かせた。そこで、サム​は​わたし​の​こと​を​しんじた。

    18 ​しかし​よ、レーマン​と​レムエル​は、わたし​の​う​こと​に​けっして​き​したがおう​と​しなかった​ので、わたし​は​ふた​の​こころ​が​かたくな​な​の​を​かなしく​おもい、ふた​の​ため​に​しゅ​に​さけび​もとめた。

    19 ​そこで​しゅ​は、わたし​に​げて​われた。「ニーファイ​よ、あなた​は​しんこう​が​ある​ので​さいわい​で​ある。あなた​が​へりくだった​こころ​で、熱心ねっしん​に​わたし​を​もとめた​から​で​ある。

    20 ​あなたがた​は、わたし​の​命令めいれい​を​まもる​かぎり​さかえて、やくそく​の​​に​みちびかれる​で​あろう。まことに​そこ​は、あなたがた​の​ため​に​わたし​が​そなえた​​で​あって、それ​は​まことに、ほか​の​あらゆる​​に​まさった​えりき​の​​で​ある。

    21 ​あなた​の​あに​たち​は、あなた​に​そむく​かぎり​しゅ​の​まえ​から​たれる​で​あろう。

    22 ​また​あなた​は、わたし​の​命令めいれい​を​まもる​かぎり、あに​たち​を​おさめる​ものおしえる​もの​と​される​で​あろう。

    23 よ、かれら​が​わたし​に​そむく​その​​に、まことに​わたし​は​ひどい​のろい​を​もって​かれら​を​​のろう​で​あろう。また、あなた​の​そん​が​わたし​に​そむいた​あい​を​のぞいて、かれら​が​あなた​の​そん​を​はい​する​けんりょく​を​る​こと​は​けっして​ない​で​あろう。

    24 ​しかし、もし​あなた​の​そん​が​わたし​に​そむく​なら​ば、かれら​は、あなた​の​そん​に​しゅ​を​おも​させる​ため​に、あなた​の​そん​に​とって​むち​と​なる​で​あろう。」