ニーファイ第一書17


第17章

ニーファイ,ふねを一せきつくるようにめいじられる。ニーファイのあにたち,ニーファイにはんこうする。ニーファイ,イスラエルにたいするかみはからいのれきべてあにたちにすすめる。ニーファイ,かみちからたされる。あにたち,れたあしのようにしおれてしまわないように,ニーファイにれることをきんじられる。げんぜんやく五百九十二ねんから五百九十一ねんいたる。

1 さて,わたしたちはまたなかたびし,このときからはほぼひがしほうすすんでった。わたしたちはたびをしながら,おおくのなんえていった。そしてつまたちはなかどもんだ。

2 そして,しゅしゅくふくたいへんゆたかであったので,つまたちはなまにくべてらしていたのに,どもちちじゅうぶんませ,しかもまことにおとこのようにつよかった。かのじょたちはつぶやかずにたびえるようになった。

3 このように,かみめいれいかならげなければならないことがかる。もしひとらがかみいましめをまもならば,かみかれらをやしない,つよくし,またぶんめいじられたことをげるしゅだんあたえられる。それでかみは,わたしたちがにとどまっていたときにも,わたしたちにしゅだんあたえられた

4 そしてわたしたちは,ながあいだ,まことに八ねんものあいだなかにとどまった。

5 そして,じつみつゆたかであることからバウンティフルとけたた。これらのものはすべて,わたしたちがほろびないようにしゅそなえてくださったのであった。わたしたちはここでうみて,イリアンタムとけた。それはおおくのみずというである。

6 さて,わたしたちはうみちかくにてんまくった。わたしたちはこれまでおおくのなんこんなんに,まことにくせないほどおおくのなんこんなんったが,うみいてじょうよろこびをかんじ,そこはじつゆたかであることから,そのをバウンティフルとけたのであった。

7 さて,わたしニーファイが,バウンティフルのなんにちごしたところで,しゅこえこえて,わたしに,「ってやまきなさい」とわれた。そこでわたしは,ってやまき,しゅさけもとめた。

8 そこでしゅは,わたしにわれた。「わたしがこれからしめほうほうしたがって,一せきふねつくりなさい。このおおうみえて,わたしがあなたのたみれてけるようにするためである。」

9 それでわたしは,「しゅよ,おしめしくださったほうほうしたがってふねつくるためのどうつくるには,どこへってあらがねをつけたらよろしいでしょうか」とった。

10 そこでしゅは,そのどうつくれるように,あらがねのつかるしょをわたしにおしえてくださった。

11 そこでわたしニーファイは,くためのふいごをけものかわつくった。そしてくためのふいごをつくってから,二いしわせてをおこした。

12 たびするときに,しゅはこれまでわたしたちに,あまりをおこすことをゆるされなかった。しゅが,「わたしがあなたがたのしょくもつあじくするので,するにはおよばない。

13 わたしはまた,であなたがたのひかりとなろう。あなたがたがわたしのめいれいまもるならば,わたしはあなたがたのまえみちそなえよう。したがって,あなたがたはわたしのめいれいまもるかぎり,やくそくみちびかれるであろう。そして,あなたがたをみちびいているのがわたしであることをであろう」とわれたからである。

14 しゅはまたわれた。「あなたがたはやくそくいたのちしゅなるわたしがかみであり,またしゅなるわたしがあなたがたをめつぼうからすくしたこと,まことに,わたしがあなたがたをエルサレムのからしたことをであろう。」

15 それでわたしニーファイは,しゅめいれいまもるようにつとめ,またあにたちにも,ちゅうじつでありきんべんであるようにすすめた。

16 さて,わたしはがんせきからかししたあらがねでどうつくった。

17 あにたちは,わたしがふねつくろうとするのをると,わたしのことをつぶやいてった。「おとうとおろものだ。おとうとふねつくれるとおもっているし,このおおうみわたれるとおもっている。」

18 このように,あにたちはわたしのことでへいい,はたらかなくてもよいようにとおもっていた。かれらは,わたしにふねつくれることをしんじようとせず,またわたしがしゅからけていたことも,しんじようとしなかったからである。

19 そこでわたしニーファイは,あにたちのこころがかたくななためにひどくかなしんだ。するとあにたちは,わたしがかなしみだしたのをこころなかよろこび,わたしのことでうれしくおもったほどで,このようにった。「おまえにふねつくれないのはかっていた。ふんべつりないからだ。おまえには,そんなおおごとげることはできない。

20 おまえは,こころかぶつまらないくうそうまどわされたちちによくている。まことに,ちちわれわれをエルサレムのからし,われわれながねんあいだをさまよってきた。そして,われわれつまおもからだにしてはたらき,み,ただななかっただけであらゆるくるしみにった。つまたちは,このようななんうくらいなら,エルサレムをまえんだほうがましだった。

21 よ,われわれは,ながねんあいだくるしんできたが,そのあいだぶんたちのざいさんぎのしいままにして,しあわせにらせたかもしれない。

22 われわれは,エルサレムのにいたたみたみであったことをっている。なぜなら,かれらはモーセのりっぽうしたがって,しゅおきてさいけつしゅのすべてのいましめにしたがっていたからだ。だからわれわれは,かれらがたみであることをっている。ところが,ちちかれらをさばいた。そして,われわれちちことしたがったので,われわれをエルサレムからした。おとうとちちによくている。」あにたちはこのようなことでつぶやき,ちちとわたしにたいしてへいった。

23 そこで,わたしニーファイはあにたちにった。「あなたがたは,イスラエルのらであるわたしたちのせんしゅことしたがわなかったとしても,エジプトじんからみちびされていたとしんじているのですか。

24 まことに,あなたがたは,しゅがモーセにかれらをれいじょうたいからみちびようにめいじられなかったとしても,せんれいじょうたいからみちびされたとおもっているのですか。

25 あなたがたは,イスラエルのらがれいじょうたいになっていたことや,かれらががたいほどのえきっていたことをっています。ですから,かれらがれいじょうたいからみちびされることが,かれらにとっていことであったにちがいないことを,あなたがたはっているのです。

26 あなたがたは,モーセがあのおおいなるわざおこなうようにしゅからめいじられたことをっています。またモーセのことによって,こうかいみずみぎひだりかれ,イスラエルのらがかわいたわたったこともっています。

27 しかしあなたがたは,パロのぐんぜいであるエジプトじんが,こうかいでおぼれてんでしまったこともっています。

28 あなたがたはまた,イスラエルのらがにおいて,マナやしなわれたこともっています。

29 またモーセが,ぶんうちにあるかみちからによってことはっしていわったところ,みずがわきし,これをんでイスラエルのらがかわきをいやすことができたこともっています。

30 かれらのかみでありあがなぬしであるしゅは,かれらにさきってすすみ,ひるかれらをみちびき,よるかれらにひかりあたえ,ひとけてえきになるあらゆることをかれらのためにしてくださいました。そのようにしてみちびかれたにもかかわらず,かれらはこころをかたくなにし,おもいをくらまして,モーセとまことのけるかみののしりました。

31 そこでかみは,ぶんことのとおりにかれらをほろぼしぶんことのとおりにかれらをみちびぶんことのとおりにかれらのためにあらゆることをおこなわれました。かみことによらないでおこなわれたことはなにもありません。

32 そして,かれらがヨルダンがわわたると,しゅかれらを,そのひとびとらしてほろぼすほどにまできょうだいにされました。

33 さて,このひとびと,すなわち,やくそくんでいてわたしたちのせんされたひとびと,あなたがたはそのひとびとじんだとおもいますか。まことにわたしは,けっしてそうではなかったといます。

34 あなたがたは,かれらがもしもじんであったなら,わたしたちのせんかれらよりもさらにえりかれたものになっていたとおもいますか。わたしはそうではなかったといます。

35 まことに,しゅはすべてのひとこうへいおもんじられ,にかなったものかみからめぐけます。しかしまことに,このたみは,かみのすべてのことこばんでざいあくじゅくしました。それで,かみちみちたはげしいいかりがかれらにくだり,しゅかれらにたいしてはをのろい,わたしたちのせんのためにはしゅくふくされました。すなわち,かれらにたいしては,をのろってかれらをほろびにいたらせ,わたしたちのせんのためには,しゅくふくしてそのおさめるちからさせてくださったのです。

36 まことにしゅは,ひとめるようにだいつく,それをしょゆうできるようにぶんどもたちをつくられました。

37 そしてしゅは,にかなった一つのこくみんこしてじゃあくものたちからしょこくみんほろぼされます。

38 そしてしゅは,じんとうとみちびき,またあくにんほろぼしてかれらのためにをのろわれます。かれらのおこないがそうさせるのです。

39 てんしゅであって,しゅあしだいですから,しゅたかてんにあってはいされます。

40 そしてしゅは,しゅかみとするひとびとあいされます。まことに,しゅはわたしたちのせんあいし,かれら,すなわちアブラハム,イサクヤコブせいやくわされました。そしてしゅは,ぶんわしたせいやくおぼえておられます。それで,わたしたちのせんエジプトからみちびされたのです。

41 しかし,わたしたちのせんがちょうどあなたがたのようにこころかたくなにしたので,しゅで,つえをもってかれらをくるしいわせられました。しゅは,かれらのざいあくのために,かれらをくるしいわせられたのです。しゅへびかれらのなかおくり,またかれらがかまれたあとで,いやされるほうほうそなえられました。かれらがしなければならなかったことは,ただけてるだけのことでしたが,そのほうほうたんじゅんであったため,すなわちようであったために,んだひとおおぜいいました。

42 かれらはときどきこころをかたくなにし,モーセののしり,またかみをもののしりました。にもかかわらず,かれらがかみのたぐいないちからによってやくそくみちびかれたことは,あなたがたがよくしょうしていることです。

43 そして,すべてこれらのことがあって,かれらはじゃあくになり,まことにほぼじゅくするほどじゃあくになってしまいました。今日きょうにもほろぼされるかもしれません。とらわれのとなってよそへれてかれるわずかなもののぞいて,かれらがほろぼされるかならるにちがいないことを,わたしはっているからです。

44 そのために,しゅちちくようにめいじられました。またユダヤじんちちいのちうばおうとしたこともありました。あなたがたもまた,ちちいのちうばおうとしたことがあります。したがって,あなたがたはこころなかひとごろしをしたのであって,まるでユダヤじんのようです。

45 あなたがたはざいあくおこなうのははやけれども,しゅなるあなたがたのかみおもこすのはおそい。あなたがたは一人ひとりてん使い,そのてん使はあなたがたにかたりかけました。まことに,あなたがたはそのこえときどきいています。てん使しずかなほそこえかたりかけましたが,あなたがたはこころにぶっていたので,そのことかんじることができませんでした。それでてん使かみなりのようなこえであなたがたにかたりかけ,そのこえは,まるでくほどにだいうごかしました。

46 またあなたがたは,しゅぜんのうことちからをもって,このだいらせることがおできになることをっています。またしゅが,ぶんことによってふくはげしいたいらにし,たいらなところくずすことがおできになることをっています。おお,それなのにどうしてあなたがたは,そのようにこころをかたくなにしていられるのですか。

47 まことに,わたしのこころはあなたがたのことでくるしんでけ,わたしのむねいたみます。あなたがたがとこしえにてられてしまうことを,わたしはおそれます。まことに,わたしはかみたまたされてからだちからなくなりそうです。」

48 さて,わたしがこれらのことかたえると,あにたちはわたしにはらてて,わたしをうみふかみにんでしまおうとおもった。そして,あにたちがわたしをつかまえようとしてちかってたところで,わたしはった。「ぜんのうかみによってめいじる。わたしにれるな。わたしはきるほどにかみちからたされているから,わたしにをかけるものはだれでも,れたあしのようにしおれてしまうであろう。また,かみがそのひとたれるから,かみちからまえるにりないものとなるであろう。」

49 そして,わたしニーファイはあにたちに,これからもうちちたいしてつぶやいてはならないこと,またかみがわたしにふねつくるようにめいじられたので,わたしとともにはたらくことをこばんではならないことをはなした。

50 わたしはまたかれらにった。「どのようなことでもかみがわたしにめいじられれば,わたしにはそれができる。もし,かみがわたしにこのみずかって『りくになれ』とうようにめいじられれば,みずりくになる。わたしがそうえば,そのとおりになる。

51 しゅがこのようにだいちからをおちになって,これほどおおくのせきひとらのなかおこなわれたとすれば,どうしてわたしに一せきふねつくることをおしえられないことがあろうか。」

52 さて,わたしニーファイがあにたちにおおくのことをったので,あにたちはせられてわたしとあらそうことができず,それからながあいだ,あえてわたしにをかけることも,ゆびれることもしなかった。かみたまじょうちからづよかったので,あにたちはわたしのまえれてしまうことのないように,あえてそうしなかったのである。かみたまは,それほどまでにかれらにはたらきかけられたのであった。

53 そしてしゅは,「あなたのを,もういちあなたのあにたちにけてばしなさい。かれらはあなたのまえれはしないが,わたしはかれらのからだふるえさせよう。こうするのは,わたしがしゅなるかれらのかみであることをらせるためである」とわれた。

54 そこでわたしが,かたほうあにたちにけてばすと,あにたちはわたしのまえれはしなかったが,しゅかたられたことのとおりにかれらのふるえさせられた。

55 そこであにたちは,「しゅがおまえとともにおられることが,たしかにかった。われわれふるえさせたのがしゅちからであることが,かっているからだ」とい,わたしのまえにひれして,わたしをおがもうとした。しかし,わたしはそれをさせないでった。「わたしはあなたがたのきょうだいです。おとうとではありませんか。ですから,しゅなるあなたがたのかみはいして,しゅがあなたがたにさずけてくださるながらせるように,ちちははうやまってください。」