ニーファイ第一書15
戻る 次へ

第15章

リーハイのそんは,まつじつほうじんからふくいんける。イスラエルのしゅうごうは,オリーブのもとぜんえだもどされることにたとえられる。ニーファイ,いのちげんかし,またじんあくにんけるかみせいについてかたる。げんぜんやく六百ねんから五百九十二ねんいたる。

1 さて,わたしニーファイは,たまられてじょうのことをすべててから,ちちてんまくかえってた。

2 そこであにたちにうと,かれらはぜんちちはなしたことについてあらそっていた。

3 ちちはまことにだいなことをおおあにたちにかたったが,それはしゅたずねないかぎりかいしにくいことであった。あにたちは,こころがかたくなであったので,とうぜんなすべきことではあったが,しゅあおることをしなかった。

4 そこでわたしニーファイは,あにたちのこころがかたくなであったために,またいままでいろいろなことをてきたためにかなしくおもった。わたしは,ひとらのおかおおきなあくのために,それらのことがちがいなくこることをったのである。

5 そしてわたしは,わたしのたみたおれるのをたので,かれらのめつぼうのためにぶんなやなににもしておおきくおもわれて,そのなやみのためにあっとうされてしまった。

6 そしてそののち,わたしはちからもどすと,あらそいのわけりたいとおもい,あにたちにたずねた。

7 するとあにたちは,「よ,ちちがオリーブのもとぜんえだほうじんについてかたったが,そのからない」とこたえた。

8 それでわたしはかれらに,「あなたがたはしゅたずねたのですか」とった。

9 するとかれらは,「しゅたずねてはいない。しゅはこんなことをわれわれあきらかにしてくださらないからだ」とこたえた。

10 よ,わたしはかれらにった。「どうしてあなたがたは,しゅいましめをまもろうとしないのですか。なぜこころかたくなにしてほろびをまねこうとするのですか。

11 しゅわれたことをおぼえていないのですか。しゅは,『もしあなたがたがこころをかたくなにせず,わたしのいましめをねっしんまもりながら,こたえをあたえられるとしんじてしんこうをもってわたしにもとめれば,これらのことはかならずあなたがたにあきらかにされる』とわれました。

12 まことに,わたしはあなたがたにいます。ちちは,ぶん宿やどったしゅたまによって,イスラエルのいえをオリーブのにたとえました。まことに,わたしたちは,イスラエルのいえからられたものではありませんか。イスラエルのいえひとえだではありませんか。

13 ところでわたしたちのちちは,ほうじんちみちるめぐみにあずかることによって,もとぜんえだもどされることについてかたりましたが,それは,メシヤひとらににくたいをもって姿すがたあらわされたのちに,わたしたちのそんがまことにながあいだ,しかもおおくのだいにわたってしんこうおちいるようになったまつじつにおいて,メシヤのかんぜんふくいんほうじんあたえられ,いでほうじんからわたしたちのそんのこりのものつたえられるようになるということです。

14 その,わたしたちのそんのこりのものは,ぶんたちがイスラエルのいえぞくするしゅせいやくたみであることをるでしょう。それからかれらは,ぶんたちのせんのことをってかいするようになり,またかれらのあがなぬしによってせんに伝えられたあがなぬしふくいんかいするようになるでしょう。このようにして,かれらはあがなぬしとそのきょうくわしいてんについてかいするようになり,どうすればあがなぬしのみもとにかえってすくいをられるかをるのです。

15 そのかれらはぶんたちのいわでありすくいであるえいえんかみよろこび,さんせずにいられるでしょうか。まことにその,まことのぶどうからちからやしないをけないでいられるでしょうか。まことに,かみのまことのひつじれにはいらないでいられるでしょうか。

16 まことに,わたしはあなたがたにいます。そうです。かれらはイスラエルのいえなかふたたおぼえられ,またオリーブのもとぜんえだであるので,まことのオリーブのもどされるのです。

17 これが,わたしたちのちちおうとしたことです。またちちは,このことはかれらがほうじんによってらされるまでこらないとっています。またちちは,このことがほうじんとおしてこり,しゅがユダヤじん,すなわちイスラエルのいえによってこばまれるので,しゅぶんちからほうじんあらわされるためにそれがこるとっています。

18 それでちちは,まつじつじょうじゅするせいやくについてれながら,わたしたちのそんのことだけでなく,イスラエルのいえぞくするすべてのものについてもかたったのです。そのせいやくとは,しゅがわたしたちのせんアブラハムにてられたもので,しゅは,『あなたのそんにより,のすべてのぞくしゅくふくけるであろう』とわれました。」

19 さて,わたしニーファイは,これらのことについてあにたちにたくさんのことをかたった。まことに,わたしはまつじつにおけるユダヤじんかいふくについて,かれらにかたったのであった。

20 そしてわたしは,イザヤことあにたちにくわしくべた。イザヤはユダヤじん,すなわちイスラエルのいえかいふくについてかたり,また,かれらがかいふくされてからはもうみだされることもなければ,ふたたらされることもない,とかたっている。そして,わたしがあにたちにおおくのことべたので,あにたちはこころやわらいでしゅまえへりくだった

21 そして,あにたちはふたたびわたしに,「ちちゆめなかたことはなにするのか。ちちなにするのか」とった。

22 それでわたしは,「そのいのちあらわすものです」とった。

23 するとあにたちは,「あのところつうじている,ちちてつぼうなにするのか」とった。

24 わたしはあにたちに,それはかみことであって,だれでもかみことしたがって,それにしっかりつかまるものは,けっしてほろびることがなく,またてきたいするものゆうわくも,かれらをやぶってもうもくとし,ほろびにいたらせることはないとった。

25 わたしニーファイは,しゅことこころめるようにあにたちにすすめた。まことに,わたしはあにたちがかみことこころめて,なにごとにおいてもつねかみいましめをまもることをおぼえるように,ぜんせいりょくかたむけ,のうりょくかぎりをくしてあにたちにすすめた。

26 すると,かれらはわたしに,「ちちみずながれているかわなにするのか」とった。

27 わたしは,ちちみずけがであるが,ちちこころをほかのものごとうばわれていて,みずけがれはえなかったとった。

28 またわたしは,それはあくにんいのちかみせいからへだてているおそろしいふちであるとかれらにった。

29 そして,それはあくにんのためにようされているとてん使かたったあのおそろしいごくあらわしていると,わたしはかれらにった。

30 また,かみせいあくにんじんからへだてており,それをちちたと,わたしはかれらにった。そのかがやきは,とこしえにいつまでもかみかってのぼる,えるかがやきのようであった。

31 するとあにたちはわたしにった。「いまったことは,このためしょうがいにくたいけるつうすのか,またはにくたいんでからのちの,れいさいじょうたいすのか,それともげんのことをいうのか。」

32 そこでわたしは,それはげんのことにもれいてきなことにもかかわることをあらわしているとった。それは,あにたちがぶんのなしたおこな,すなわち,ためしのしょうがいにおいてにくたいをもってなしたおこないによってさばかれなければならないが,かならるからである。

33 したがって,もしかれらがじゃあくなままでならば,かれらはにかかわるれいてきなことからもてられなければならない。したがって,かれらはぶんおこなについてさばけるために,かみまえされなければならない。そして,もしかれらのおこないがけがれているならば,かれらはかならけがれているちがいない。もしかれらがけがれているならば,けっしてかみおうこくことはできない。もしかれらがめるとしたら,かみおうこくもまたけがれているにちがいない。

34 「しかしまことに,わたしはあなたがたにいます。かみおうこくけがれてはいません。きよくないものは,どのようなものでもかみおうこくはいることができないのです。したがって,けがれたもののためには,けがれたもののしょかならようしてあります。

35 じつようされたしょが一つあります。まことに,それはわたしがはなしたあのおそろしいごくで,それをようしたのはあくです。ですから,ひとさいじょうたいは,かみおうこくむか,そうでなければ,わたしがはなしたあのせいによってされるかのどちらかです。

36 したがって,あくにんじんからこばまれ,またいのちからもこばまれます。そのいのちじょうとうとく,ほかのあらゆるよりもこのましいもので,またそれは,かみのあらゆるたまものなかもっとおおいなるものです。」わたしはこのようにあにたちにかたった。アーメン。