聖典
ニーファイ第一書10


第10章

リーハイ,ユダヤじんがバビロニアじんらえられてられることをげんする。そして,ユダヤじんなかすくぬしでありあがなぬしであるメシヤがられることをげる。また,かみひつじにバプテスマをほどこひとあらわれることもげる。リーハイ,メシヤのふっかつについてげる。また,イスラエルのさんらんしゅうごうをオリーブのにたとえる。ニーファイ,かみおんせいれいたまものもとめられることとをべる。げんぜんやく六百ねんから五百九十二ねんいたる。

1 ところでわたしニーファイは,わたしがおこなってきたことと,わたしのとうたみたいするわたしのつとめについてのはなしこのはんつづける。さて,わたしのはなしつづけるには,ちちあにたちのことをあるていべるひつようがある。

2 さてよ,ちちゆめはなしかたかせ,レーマンとレムエルにちからかぎはげむようにすすめてから,ユダヤじんについて二人ふたりはなしてかせた。

3 ユダヤじんほろび,まことにあのおおきなみやこエルサレムほろんで,そこにおおくのものバビロンとらわれのとなってられる。しかし,しゅがふさわしいとおもわれるになると,これらのひとびとはまたかえって。すなわち,とらわれのからもどされる。そして,とらわれのからもどされてから,かれらはふたたぎのしょゆうする。

4 そして,まことにちちがエルサレムをってから六百ねんに,しゅなるかみはユダヤじんなか一人ひとりげんしゃすなわちメシヤ,えれば,すくぬしてられる。

5 ちちはまたげんしゃたちのことについてもはなして,じょうおおくのげんしゃがこれらのこと,すなわちちちはなしたこのメシヤ,つまりあがなぬしについてあかししているともかたった。

6 また,すべてのじんるいは,まよらくしたじょうたいにあり,このあがなぬしたよらなければいつまでもおなじょうたいにあることをべた。

7 またちちは,しゅみちそなえるためにメシヤにさきって一人ひとりげんしゃについてもかたった。

8 まことにそのげんしゃは,ってさけぶであろう。「しゅみちそなえ,そのみちすじをまっすぐにせよ。あなたがたのらないかたがあなたがたのなかっておられるからである。そのかたはわたしよりもちからのあるかたで,わたしはそのかたはきもののひもをちもない。」ちちはこのことについておおくのはなしをした。

9 そして,ちちうには,このげんしゃはヨルダンのかなたベテアバラでバプテスマほどこす。またバプテスマはみずほどこし,まことにメシヤにみずでバプテスマをほどこす。

10 そしてかれは,メシヤにみずでバプテスマをほどこしてから,つみのぞかみひつじにバプテスマをほどこしたことをみとめ,そのあかしをする。

11 さて,ちちはこれらのことかたってから,ユダヤじんあいだつたえられるふくいんについて,またユダヤじんしんこうおちいことについてあにたちにかたった。ユダヤじんこうりんされるメシヤをころが,メシヤはころされたのちしゃなかからよみがえりせいれいによってほうじんしんあらわされる。

12 まことにちちは,ほうじんとイスラエルのいえについておおくのはなしをし,イスラエルのいえは,えだられてぜんめんらされる,一ぽんオリーブのにたとえられるとかたった。

13 したがってちちうには,ぜんめんるというしゅことじょうじゅするために,わたしたちは一つとなってやくそくみちびかれるひつようがある。

14 そして,イスラエルのいえらされてから,ふたたあつめられるようするに,ほうじんかんぜんふくいんれてから,オリーブのぜんえだ,すなわちイスラエルのいえのこりのものたちはされる。すなわち,かれらのしゅでありあがなぬしであるまことのメシヤをるようになる。

15 ちちはこのようなことあにたちにげんし,かたり,また,もっとおおくのことがらについてもげんし,かたった。しかし,それはこのしょにはしるさない。わたしのほかのしょに,わたしにとってえきになることをたくさんしるしておいたからである。

16 いままでにかたったことはすべて,ちちがレムエルのたにてんまくってんでいたときにこったことである。

17 さて,わたしニーファイは,ちちげんなかたこと,またちちきたるべきメシヤであるかみおんしんじるしんこうによりさずかったせいれいちからによってかたったことについて,ちちことをすべていたのち,わたしニーファイもまた,せいれいちからによってこのようなことをきし,またりたいとおもった。せいれいとは,むかしだいでも,またメシヤがひとらにとしんあらわされるときでも,およそかみねっしんもとめるすべてのひとかみあたえられるたまものである。

18 かみは,昨日きのうも,今日きょうも,またとこしえにわることのないかただからである。ひとびとあらためてかみのもとにるならば,はじめから,すべてのひとにそのみちそなえられている。

19 ねっしんもとめるひといだすであろう。かみおくせいれいちからによって,むかしだいのみならずいまだいにも,またこれからさきだいのみならずむかしだいにも,おなじようにそのひとびとあきらかにされる。したがって,しゅみちは一つのえいえんである。

20 だから,ひとびとよ,あなたがたは,ぶんのすべてのおこないについてさばけるということをおぼえておきなさい。

21 それで,ぶんたちのためしょうがいわるいことをしようとしたならば,あなたがたはかみさばきのまえきよくないものとされるであろう。きよくないものかみとともにむことができないので,あなたがたはとこしえにてられるにちがいない。

22 せいれいはわたしに,これらのことをかたけんのうさずけてくださっているので,わたしはもくすることをしない。