インスティテュート
教会歴史における出来事の略年表:1805-1846年


「教会歴史における出来事の略年表:1805-1846年」『末日聖徒の歴史:1815-1846年 教師用資料』

「年表」『末日聖徒の歴史:1815-1846年 教師用資料』

教会歴史における出来事の略年表:1805-1846年

1805年

ジョセフ・スミスが生まれた。

1820年

父なる神とその御子イエス・キリストがジョセフ・スミスに御姿を現された。

1823年

天使モロナイが初めてジョセフ・スミスを訪れた。

1827年

ジョセフ・スミスは金版を受け取った。

1829年

ジョセフ・スミスはモルモン書の翻訳を完成させた。

1829年

アロン神権とメルキゼデク神権が回復された。

1830年

モルモン書が出版された。

1830年

教会が組織された。

1831年

オハイオ州カートランドが聖徒たちの集合の地となった。

1831年

主はシオンの町を築く場所としてミズーリ州インディペンデンスを定められた。

1833年

ミズーリ州ジャクソン郡の聖徒たちが,郡からの退去を余儀なくされた。

1834年

ジョセフ・スミスはイスラエルの陣営(シオンの陣営)をオハイオ州からミズーリ州へ導いた。

1835年

十二使徒定員会および七十人第一定員会が組織された

1836年

カートランド神殿が奉献された。

1836年

カートランド神殿にて,ジョセフ・スミスとオリバー・カウドリに神権の鍵が委ねられた。

1838年

ジョセフ・スミスとその他の教会指導者はミズーリ州ファーウェストへ移った。

1838年

ジョセフ・スミスがリバティーの監獄に投獄された。

1839年

ミズーリ州の聖徒たちは州からの退去を余儀なくされた。

1839年

ジョセフ・スミスはイリノイ州の聖徒たちに加わり,ノーブーを築くために助力した。

1840年

ジョセフ・スミスは死者のためのバプテスマについて教え始めた。

1842年

扶助協会が組織された。

1842年

ジョセフ・スミスはノーブーでエンダウメントの儀式を提示した。

1843年

永遠の結婚と多妻結婚に関する啓示(教義と聖約132章)が記録された。

1844年

ジョセフ・スミスとハイラム・スミスが暗殺された。

1844年

十二使徒定員会が教会の導き手として支持された。

1846年

多くの聖徒たちがソルトレーク盆地へ旅立った。

1846年

ノーブー神殿が奉献された。