手引きと召し
35.施設
脚注

Hide Footnotes

テーマ

「35.施設」「総合手引き—末日聖徒イエス・キリスト教会における奉仕」(2020年)

「35.施設」「総合手引き」

35.

施設

35.1

目的

教会は土地を購入し,施設を用意して,教会員が礼拝し,教え,学び,ともに祈り,聖約を交わし,聖約を新たにし,神聖な儀式を受けることのできる場所を提供します。各教会施設は,(1)会員が礼拝するための霊的な環境を提供し,(2)地域社会に敬虔さと威厳を示すものであるべきです。

35.2

組織

35.2.1

集会所施設部

集会所施設部は,管理ビショップリックの指示の下に,世界中の教会員に施設を提供する際に助けとなる方針と運営の手順を定めています。

35.2.2

エリアオフィス

地域会長会と実務ディレクターは,教会資産の購入と運営に対する責任を負っています。これらの資産には,集会所,宗教教育インスティテュート,伝道本部と事務所,福祉事業などが含まれます。

地元の施設職員は,実務ディレクターの指示の下で働きます。

35.2.3

ステーク会長会

ステーク会長会の各員は,教会の施設が適切に利用され,手入れされ,保全されていることを確認します。また,これらの施設を使用し,手入れをする責任について指導者と会員に教えます。ステーク会長会は,高等評議員の一人をステーク総合施設代表者として割り当てます。また,施設に関する必要やプロジェクトについて見直すために,必要に応じて総合施設代表者と会合を持ちます。

35.2.4

ステーク総合施設代表者

ステーク総合施設代表者(高等評議員)は,施設に関する事柄について,以下のようにステーク会長会を補佐します。

  • 集会所の利用および手入れの基準を教え,実施するのを助ける。

  • 鍵の配布と管理について調整する。

  • ワード建物代表者への職務の指導について調整する。

  • ステーク会長会が別の人に立ち会いを指示する場合を除いて,施設マネージャーによって実施される年次集会所検査に立ち会う。

35.2.5

代表ビショップ

一つの建物を複数のワードで使用する場合,ステーク会長会は,一人のビショップに代表ビショップを務める割り当てを与えます。代表ビショップは,会員が実施する集会所の手入れと維持管理の割り当てを調整します。また,集会所の安全および保安手続きの調整を行います。そのほかに,ステークやほかのワードと建物の使用日程を調整します。日程の調整については別の会員に割り当てることもできます。

35.2.6

ビショップリック

ビショップリックの各員は,集会所の使用,手入れ,保安について責任を負っています。ビショップリックはワードの会員に,集会所の使用方法や手入れの仕方について教えます。また,集会所の手入れと維持管理に会員が参加できるよう計画し,必要に応じて割り当てを与えます。また,集会所の鍵を割り振ります。

ビショップリックは,集会所と敷地内に適切な安全対策を講じるようにします(35.3.5参照)。

35.2.7

ワード建物代表者

各ワードには,ワード建物代表者が必要です。ビショップはこの責任をビショップリックの一員に割り当てることもできますし,ビショップリックが別の会員を召すこともできます。

ワード建物代表者は,エネルギーの節約,安全,保安,除雪(該当する場合),清掃や維持管理への会員の参加など,集会所に関する責任についてビショップリックを支援します。また,集会や活動や緊急事態において,建物に関連する必要な対応を行います。必要に応じて,ワード建物代表者は,音響装置,暖房,空調,そのほか建物の装置類の扱い方について,ステーク総合施設代表者から指導を受けます。

35.2.8

会員

神権指導者は,集会所の手入れと維持管理において教会員の参加が重要な要素であることを強調します。会員は,各自の技術や能力に応じて,個人またはグループで奉仕するように勧められています。

35.3

施設の管理運営

35.3.1

集会所の使用と手入れ

地元の教会指導者と会員には,集会所の利用と手入れに対する責任があります。彼らは地元の施設職員から援助を受けます。指導者は,集会所と敷地が常に整えられ,清潔であり,人々の心を引きつけ,よく補修されている状態を保つように努めます。教会施設はすべての面で適切に手入れをし,大切にするべきです。

教会員は,青少年を含め,集会所の清掃と手入れを手伝うべきです。会員がこのような奉仕を行うとき,主の家に対する敬虔の念が深まります。できるところでは,会員は,集会所にいるときに毎週の行事の一部としてこの責任を果たすべきです。会員はまた,そのほかの教会施設の掃除を手伝うように依頼されることがあります。

35.3.2

集会所の維持管理と検査

施設マネージャーは,毎年各集会所の検査を実施します。ステーク総合施設代表者またはステーク会長から指名された人は,この検査に立ち会います。そして,この立場において,ステーク会長会の代理として全権を受けて行動します。この検査に立ち会う人は,建物を維持するうえで必要とされる事項を見いだし,また装置や部品の修理または取り替えの計画,ならびにそのほか必要とされる改善計画を立てます。

35.3.3

集会所の計画

ステーク会長会は,実務ディレクターが将来の建築用地,新築または増築について事業計画を作成または更新するのに役立つ情報を,地域会長会に提供します。

35.3.4

エネルギーの節約と節水

教会は集会所のために多額の上下水道費や光熱費を負担しています。指導者は,必要のないときに照明や機器の電源を切るように,またそのほかのエネルギーの節約と節水を心がけるように会員に教えることにより,これらの費用の大幅な削減に寄与できます。指導者は,照明,暖房,空調,機器,水をできるかぎり経済的に使用するように計らいます。

必要に応じて,ステーク会長会の一員または割り当てを受けた高等評議員は,ステーク内の各集会所とレクリエーション施設の節水とエネルギーの節約のために,ステーク建物スペシャリストを召すことができます。これらのスペシャリストは,ステーク総合施設代表者の指示の下で働きます。

指導者はまた,地元自治体のエネルギーの節約と節水の推進運動に従うように奨励されています。

35.3.5

安全と保安

指導者は会員,特に女性と青少年に,教会の建物内に一人でいることのないように指導します。

指導者は,建物内の通路,階段,階段の吹き抜け,出口ドア,設備機械室,歩道などから障害物や事故の原因となるようなものを取り除くように,相応の手段を講じるべきです。また,危険物や,機器の燃料,干し草,わら,穀類の茎などの燃えやすいものを集会所内で使用したり,保管したりすることのないようにします(35.4.2を参照)。

指導者は,鍵をだれが持つかを管理し,有効な施錠手続きを確立しておきます。また,鍵のかかっていない教室やそのほかの部屋に貴重品が放置されることのないようにします。

指導者は,警察署,消防署,救急車の緊急電話番号を,簡単な指示とともにすべての電話機に,または電話機の近くに,貼っておくようにします。不審者が侵入した場合は,直ちに警察署に通報します。

35.3.6

事故の報告

教会の活動は,参加者のけがや病気,あるいは施設の損傷をもたらすリスクを最小限に抑えるべきです。活動中に指導者は,安全を確保するためにあらゆる努力を払います。効果的な計画を立て,安全対策に従うことで,指導者は事故のリスクを最小限に抑えることができます。

次のような事態が発生したら,ビショップまたはステーク会長に速やかに連絡します。

  • 教会の敷地内で,または教会主催の活動中に,事故やけが,病人が発生した。

  • 教会主催の活動に参加していた人が行方不明になった。

  • 教会主催の活動中に個人の所有物,公共施設または教会の施設への損傷が発生した。

個人が重傷を負うか行方不明になった場合,施設が重大な損傷を受けた場合,あるいは法的手段に訴えると脅迫された場合や訴える可能性がある場合,ステーク会長(またはステーク会長の指示を受けたビショップ)は,速やかに次のいずれかの行動を取ります。

  • アメリカ合衆国またはカナダでは,教会本部の危機管理課に連絡する(電話:1-801-240-4049または1-800-453-3860,内線:2-4049;通常の業務時間後または週末には1-801-240-1000または1-800-453-3860に電話すると,オペレーターが直ちに担当者に連絡を取ることになっている)。

  • アメリカ合衆国とカナダ以外の地域では,エリアオフィスに連絡する。

指導者は,教会施設または資産に関する損傷と損害について施設マネージャーにも報告します。

指導者は,傷害が教会主催の活動,行事,または割り当て中に生じた場合は,教会活動医療支援プログラムが適用される可能性について調べるべきです。保険について詳しくは,20.6.9を参照してください。

ステーク会長(またはステーク会長の指示を受けたビショップ)は,安全上の問題について,あるいは教会に対する請求について質問があれば,危機管理課またはエリアオフィスに照会します。

事故または緊急時の対応方法に関するそのほかの指示については,20.6.20を参照してください。

35.4

教会の建物とそのほかの資産の使用に関する方針

教会の建物とそのほかの資産は,礼拝,宗教教育,そのほかの教会主催の活動のために使用するものです。そのほかの目的で集会所を使用するのは,奨励されていません。まれにステーク会長は,教会以外の信頼できる非営利団体に,集会所や敷地の一時的な利用を許可することができます(『集会所およびそのほかの教会資産のための施設管理ガイドライン』2参照)。承認されない使用例には,次のようなものがあります。

  • 教会の施設を営利目的で賃貸する。

  • 商業広告の掲示または営利目的の催しの主催を含む,投機事業もしくは投資事業を促進する。

  • 製品,サービス,出版物,あるいは創作品の購入,販売,または宣伝を行う,あるいは製品の実演を行う。

  • 承認されていない資金獲得活動を行う(20.6.8を参照)。

  • セミナー,レッスン,エアロビクスのクラスなどで参加者を勧誘する,あるいは商品購入や仕事の依頼を要請する講演者または講師を報酬を支払って招く。有料で個人指導を行うために集会所のピアノやオルガンを使用することは,例外として認めることができます(19.7参照)。

  • 教会主催でない地域社会やクラブの定期的な行事(スカウトの集会や活動,組織立った運動行事や練習など)を開催する。

  • 政治集会または政治運動を行う。例外として,次のような状況下であれば,選挙役員の要請に基づき,教会の施設を有権者登録所および投票所として使用することができます。

    • ほかに適切な場所がない。

    • 選挙役員および投票者が建物内で教会の標準に従う。

    • 行事によって建物に物理的な損害がもたらされない。

    • 行事によって教会のイメージが損なわれない。

教会資産を使用することにより,参加者に重大な危害を及ぼしたり,資産を著しく損なったりするべきではありません。また,教会を著しく不利な状況に陥れたり,周辺の住民に迷惑を及ぼしたりしてはなりません。

教会の建物やそのほかの資産の使用と管理に関するさらに詳しい指示については,『集会所およびそのほかの教会資産のための施設管理ガイドライン』を参照するか,教会本部またはエリアオフィスに問い合わせてください。

35.4.1

絵画

教会が集会所用に承認している絵画は,『教会施設絵画』(Church Facilities Artwork〔英語〕)カタログを使って,施設マネージャーを通じて入手できます。施設マネージャーは,教会配送センターを通じて集会所にふさわしい絵画を入手することもできます。

写真や絵画などは,集会所内の適切な場所に飾ることができます。ただし,礼拝堂内やバプテスマフォントの付近に飾ることはできません。彫像や壁画,モザイク画は承認されていません。この方針は,既存の集会所の礼拝堂に長年にわたって展示されている美術品には適用されません。

集会所の絵画はふさわしい額に入れるべきです。

35.4.2

装飾

ステーク会長会の指示の下で承認を受けた場合,クリスマス,そのほかの祝日,あるいはこれらに類する行事の装飾を,集会所の入り口やロビー,または文化ホールに一時的に設置することができます。集会所の礼拝堂には,花以外の装飾を施すことはできません。また,集会所の外壁や敷地にも,装飾を施すべきではありません。

装飾は控えめであまり高価でなく,火災の危険性がないものにしなければなりません。干し草,麦わら,ヤシの葉,そのほか乾燥した材料,火のついたろうそくを使用してはなりません。クリスマスツリーを使用する場合は,人工の木か,適切な不燃処理を施したものを使用し,電球やろうそくを使わずに飾ります。消防や安全に関する地元の条例を遵守するべきです。

35.4.3

建物の奉献

新築されたすべての集会所,礼拝堂や文化ホールを含む主要な部分を増築した集会所,増築部分が既存の建物よりも大きい集会所は,建築の完了後,できるだけ速やかに奉献するべきです。

伝道本部,インスティテュート,セミナリー,クラスルーム,集会所に増築した事務室などの小規模な建物も,地元の指導者が希望するならば,奉献することができます。

奉献の最終承認は,地域会長会が実務ディレクターと協議のうえで与えます。地域会長会は,ステーク会長または伝道部会長と協力して,その建物を奉献する責任者を指示します。

奉献式のプログラムは,この式典の目的に沿ったものであるべきです。プログラムが長時間に及んだり,多くの音楽演奏を入れたりしないようにします。話と建物の奉献を行う割り当てを受けた指導者のために,十分な時間を確保するべきです。奉献の祈りの後に,適切な賛美歌または選曲した音楽を1曲入れて,短い祈りで奉献式を閉会するべきです。

建物の奉献の祈りは,管理役員の許可を得て記録することができます。

以下の条件をすべて満たしている場合,賃貸の集会所を奉献することができます。

  1. 必要な共用部分(玄関,廊下,トイレなど)を除き,賃貸している空間はすべて,教会のみが使用している。

  2. 賃貸期間が1年以上にわたる。

  3. 地域会長会が賃貸の集会所を奉献することを承認している。

これらの条件が満たされ,集会所が奉献される場合,奉献の祈りには,集会所は「賃貸している期間」奉献されるという文言を含めなればなりません。

35.4.4

緊急事態

緊急事態が発生した場合,ステーク会長会は,ワードの定例集会を開くかどうか決定します。

地域社会全域にわたる緊急事態または災害の場合,ステーク会長は,合法的な災害復旧機関を支援するために,集会所を緊急避難所として使用することを許可することができます。この場合,教会が管理権を保ちます。ステークとワードの指導者は,建物を利用する人々が,建物内にいる間は知恵の言葉を含めて教会の行動に関する標準を必ず守るようにします。緊急事態について詳しくは,22.1.3を参照してください。

35.4.5

拳銃

教会は,神を礼拝するために,また世の不安と心配事からの避け所として奉献されています。警察官を除き,隠し持っているか否かにかかわらず,教会の敷地内に凶器を持ち込むことは禁じられています。

35.4.6

火とろうそく

教会の建物内では,裸火や火のついたろうそくは使用できません。

35.4.7

国旗

地元の慣習と慣行に合致するのであれば,いつでも教会の敷地内に国旗を掲揚することができます。国家を尊ぶプログラムなどの特別な場合には,教会の建物内に国旗を掲揚することができます。真の愛国心は,必ずしも礼拝の場所に常に国旗を掲げておくことを必要とはしません。

35.4.8

鍬入れ式

新しい建築計画が承認された後に,地元の指導者は,建築に先立って鍬入れ式を行うことができます。この式は日曜日に実施してはなりません。

35.4.9

歴史的な建物や資産の保護

教会所有の資産や建物が,国や地方の歴史的な保護対象物のリストに登録されることに関する質問はすべて,地域会長会を通して教会本部に照会します。そのほかの跡地,工芸品,芸術作品,文書を記念したり,祝ったり,保存したりすることに関する質問は,教会歴史部(電話:1-801-240-2272,または1-800-453-3860 内線:2-2272)に問い合わせてください。

35.4.10

集会所の建築,賃借,購入

集会所の建設,賃借,購入に関する方針については,『集会所およびその他の教会資産のための施設管理ガイドライン』を参照するか,実務ディレクターに連絡してください。

35.4.11

集会所の設計図

教会は,世界中の教会員の環境と必要に合わせた様々な標準集会所の設計図を作成しています。新しい集会所を建設する場合,適切な標準計画が選ばれます。この計画には,集会所の各部屋,特徴,設備に関する方針が略述されています。

35.4.12

月曜日の夜

20.6.10を参照してください。

35.4.13

宿泊またはキャンプ

教会の集会所の建物や敷地は,宿泊やキャンプ,パジャマパーティーに使用してはなりません。

35.4.14

駐車場

教会の駐車場の利用に関しては,35.4項の始めにある指針に従うべきです。そのほか,実務ディレクターから許可を得ないかぎり,教会の駐車場を通勤用の駐車場として使用するべきではありません。

35.4.15

礼拝堂における写真撮影,ビデオ撮影,放映

礼拝堂での写真撮影やビデオ撮影は,禁じられています。礼拝堂で行われる集会やそのほかの行事は,インターネットやそのほかの手段で放映してはなりません(例外については29.3.1および29.6.4を参照)。

35.4.16

財産権と所有権

地元のユニットに割り当てられた資産や地元のユニットのために確保されている資産はすべて,ユニットではなく教会に帰属しています。それでも,地元のユニットには,教会の所有権と方針を前提に,建物,土地,そのほかの資産を含む教会所有の資産を使用するうえで,幅広い自治権が与えられています。

35.4.17

レクリエーション施設の管理

レクリエーション施設の管理に関して詳しくは,『集会所およびその他の教会資産のための施設管理ガイドライン』を参照するか,実務ディレクターに連絡してください。

35.4.18

台所

教会の集会所の台所は,レッスンや実演,そのほかの指導の一環として使う場合を除き,食物の準備や調理のために使うべきではありません。建物や敷地内で食物を出す場合は,別の場所で調理し,集会所に持ち込むようにするべきです。そこでは,食べるときまで温めておくことや,冷やしておくことはできます。

35.4.19

表示板

すべての集会所とそのほかの教会の建物には,承認された言語とロゴを用いて教会の名称を表示するべきです。この表示板は建物に取り付ける必要があります。状況によっては,敷地内の建物とは別に設置された看板に,教会の名称を取り付けることもできます。

35.4.20

倉庫

集会所内での保管が許可されているのは,維持管理用品とそのほかの承認された備品および機器だけです。福祉関連の物資やこれに類するものを集会所内に保管してはなりません。

ガソリン,プロパン,マッチ,キャンプ用品などの資材は,集会所とは別の建物に保管するべきです。

自動車,レクリエーション用自動車,そのほか個人の機材類を教会の敷地内に保管してはなりません。

35.4.21

ステーク管轄区域外での集会所の利用

ワードから妥当な距離の範囲内にある集会所がすべて定められている収容人員に達してからでなければ,建物が新築または増築されることはありません。必要であれば,ステーク会長会は,地域会長会と協議し,隣接するステークの集会所を使用するようにワードを割り当てることができます。便利な場所にあれば,一つのステークセンターを複数のステークで使用することができます。

35.4.22

結婚式と披露宴

結婚式や披露宴は,教会の通常のスケジュールに支障を来さなければ,教会の建物内で行うことができます。ただし,礼拝所が多目的室となっている場合を除き,礼拝堂で結婚披露宴を行ってはなりません。結婚式と披露宴は,安息日や月曜日の夕べに行うべきではありません。

教会は,集会所もしくはそのほかの施設を同性結婚に関連する式典や披露宴,そのほかの活動のために用いることを許可していません。

結婚式や披露宴の責任者は,建物の使用箇所を清掃する責任があります。