手引きと召し
34.財政と監査
脚注

Hide Footnotes

テーマ

「34.財政と監査」「総合手引き—末日聖徒イエス・キリスト教会における奉仕」(2020年)

「34.財政と監査」「総合手引き」

34.

財政と監査

34.1

教会基金の利用

教会の基金は神聖であり,注意深く会計報告と保護を行わなければなりません。これらの基金は,承認されている教会の用途のために,承認された会員のみが使用できます。教会指導者は,教会基金を横領やそのほかの不正使用から守らなければなりません。これらの基金は,個人的な目的での使用や「借用」をしてはなりません。また,教会基金を個人の所持金と一緒にしたり,個人の口座に預金したりしてはなりません。これらの行為や教会基金のそのほかの不正使用は重大な罪であり,教会会員資格の制限または取り消しにつながる可能性があります(32.6.3.3および34.9.5参照)。

34.2

ステークの財政指導者

34.2.1

ステーク会長会

本項では,ステークの財政に関するステーク会長の責任を概説します。ステーク会長は,この業務の一部を顧問と書記に委任することができます。

  • ステークの基金が適切に取り扱われ,会計報告されるようにする(34.6参照)。

  • ステーク会長とビショップは,通常の管理の職に関する面接で,ワードの財政報告書に反映されている重要な項目について話し合う。

  • 書記,ステーク指導者,ワード指導者が,財政に関する各々の責任について指導を受け,利用できる訓練を確実に終えるようにする。また,彼らがこれらの責任を果たすにあたって,教会の方針と手続きに確実に従うようにする。神聖な教会基金に対する各自の責任について,指導者や書記と定期的に話し合い,教会財政システムにアクセスするためのパスワードを決して共有しないようにする。

  • 什分の一を完全に納め,惜しみなく献金するように会員に教える(34.4参照)。

  • ステークの予算と支出を管理する(34.7参照)。ビショップ,ステーク書記,ステーク指導者とともに,予算と支出について定期的に検討する。また,ステーク内で予算交付金に関する指針が確実に守られるようにする(34.7.2参照)。

  • 教会の非課税法人としての資格を維持するために,ステークとワードが,適用されるすべての税法に確実に従うようにする(34.10.1参照)。

  • ステーク監査委員会を組織し,適切に機能させる。また,ステークとワードの財政記録の監査を検討する。監査の懸念事項が確実に解決されるようにする(34.9参照)。

34.2.2

ステーク書記(またはステーク書記補佐)

ステーク会長は,ステーク書記またはステーク書記補佐に,ステークの財政記録の作成を助けるように割り当てます。これらの職務については,本項で概説されており,教会本部または管轄するエリアオフィスからの指示の中でさらに詳しく説明されています。

  • ステーク会長会の一員とともに,この書記は受け取った基金を適切に記録する。ステーク書記または別のメルキゼデク神権者は,ステーク会長会の一員が基金を入金する際に同行する。書記ではなく,ステーク会長会の一員だけが,ステークの基金を受け取ることができる。

  • この書記は,ステークの支払い義務が速やかに履行されるようにする。また,小切手を準備するか,小切手を使用していないところでは,支払承認書を作成する。

  • この書記は,ステーク会長会がステーク年間予算を編成し,ステーク予算交付金の収支を把握するのを助ける(34.7.1および34.7.2を参照)。また,予算交付金に対する支出状況をステーク会長に知らせる。

  • この書記は,34.6.7で指示されているように,毎月ステークの当座預金口座を照合確認する。また,必要に応じて,ワードの当座預金口座の照合確認を助ける。

  • この書記は,ステークが適用されるすべての税法に従っていることを確認する(34.10参照)。また,ステーク監査員による定期監査に立ち会い,必要であれば是正措置を講じる(34.9参照)。

ステーク書記およびステーク書記補佐の召しについて詳しくは,33.3.2および33.3.3を参照してください。

34.3

ワードの財政指導者

34.3.1

ビショップリック

本項では,ワードの財政に関するビショップの責任を概説します。ビショップは,この業務の一部を顧問と書記に委任することができます。

  • ワードの基金が適切に取り扱われ,会計報告されるようにする(34.6参照)。

  • ワードのすべての書記と指導者が,財政に関する各自の責任について指導を受け,利用できる訓練を確実に終えるようにする。また,彼らがこれらの責任を果たすにあたって,教会の方針と手続きに確実に従うようにする。神聖な教会基金に対する各自の責任について,指導者や書記と定期的に話し合い,教会財政システムにアクセスするためのパスワードを決して共有しないようにする。

  • 什分の一を完全に納め,惜しみなく献金するように会員に教える(34.4参照)。

  • ワードの予算と支出を管理する(34.7参照)。ワード書記およびワードの指導者とともに,予算と支出を定期的に検討する。また,ワード内で予算交付金に関する指針が確実に守られるようにする(34.7.2参照)。

  • 教会の非課税法人としての資格を維持するために,ワードが適用されるすべての税法に確実に従うようにする(34.10.1参照)。

  • ワードの財政記録の監査中,いつでも質問に答えられるように待機している(34.9参照)。

34.3.2

ワード書記(またはワード書記補佐)

ビショップは,ワード書記またはワード書記補佐に,ワードの財政記録の作成を助けるように割り当てます。これらの職務については,本項で概説されており,教会本部または管轄するエリアオフィスからの指示の中でさらに詳しく説明されています。

  • この書記は,毎週ビショップリックの一員がすべての什分の一やそのほかの献金を確認するのを助ける(34.6.2参照)。通常,ビショップリックの一員が基金を銀行に入金する際に同行するが,別のメルキゼデク神権者が同行することもできる。また,それに関連する献金報告書を教会本部または管轄のエリアオフィスに提出または送信する。書記ではなく,ビショップリックの一員だけが,ワードの基金を受け取ることができる。

  • この書記は,ワードの支払い義務が速やかに履行されるようにする。また,小切手を準備するか,小切手を使用していないところでは,支払承認書を作成する。

  • ビショップリックがワード年間予算を編成し,ワード予算交付金の収支を把握するのを助ける(34.7.1および34.7.2参照)。また,予算交付金に関するワードの支出状況をビショップに知らせる。

  • 34.6.7で指示されているように,毎月ワードの当座預金口座を照合確認する。

  • 毎年,記録を準備し,整理して,ビショップが什分の一の面接を実施できるように助ける。年初から各発行日までの情報を載せた「什分の一と献金の確認票」と年末までの情報を載せた確認票を作成して,会員に渡す。ビショップがワードの什分の一の状況の年末報告書を作成するのを助ける。

  • ステーク監査員による財政監査に立ち会い,必要であれば是正措置を講じる(34.9参照)。

ワード書記およびワード書記補佐の召しについて詳しくは,33.4.2および33.4.3を参照してください。

34.4

献金

教会指導者は会員に,什分の一とそのほかの献金の原則について教え,これらの原則に従って生活するように勧めるべきです。教会員ではない人も教会に献金することができます。ただし,会員資格を取り消された人は,教会に什分の一やそのほかの献金を納めることはできません。

34.4.1

什分の一

34.4.1.1

什分の一の定義

大管長会は次のように記しています。「わたしたちの知るかぎり,最も簡潔な声明は,主御自身による声明です。すなわち,教会員は『毎年彼らの得る全利益の十分の一』を納めるべきです。この全利益は,収入を意味すると理解されます。これ以外の声明を出すことは,いかなる人といえども認められません。」(1970年3月19日付の大管長会からの手紙。教義と聖約119:4も参照)

34.4.1.2

什分の一を納めるべき人

以下の人々を除き,収入のあるすべての会員は,什分の一を納めるべきです。

  1. 教会の福祉援助に全面的に依存している会員。

  2. 専任宣教師。(ただし,自分の生活のために受け取る資金以外に個人的な収入があれば,その分の什分の一は納めるべきです。)

伝道部会長は,什分の一の対象になる収入を得ている場合,通常は自分の会員記録のあるワードに什分の一を納めます(33.6.5参照)。ただし,外国に赴任し,会員記録が赴任先のワードにある場合,一般的に什分の一は教会本部へ直接納めます。

34.4.1.3

什分の一を納める時期と方法

指導者は会員に,収入を得たときに什分の一を納めるように勧めています。しかしながら,本人の希望により,年に一度まとめて納めることもできます。

会員は,什分の一および必要事項を記入した『什分の一・献金票』フォームを,ビショップまたはその顧問に渡します(34.6.1参照)。

34.4.1.4

什分の一基金の使用

ビショップは,いかなる目的であっても什分の一基金を使ってはなりません。什分の一基金はすべて,教会本部または管轄するエリアオフィスへ送らなければなりません(教義と聖約120章参照)。

34.4.1.5

什分の一面接

ビショップは,毎年,年末近くに什分の一面接を行います。ビショップが不在でなおかつ急を要する場合,ステーク会長は,ビショップの顧問の一人が什分の一面接を代行するのを承認することができます。しかしながら,このようなことはまれです。

会員は全員,什分の一面接を受けて,自分の献金記録が正しいことを確認し,什分の一の納入状況をビショップに申告するべきです。できれば,家族の全員が什分の一面接に出席するべきです。

ビショップは,什分の一面接において,会員の什分の一や断食献金,そのほかの献金の記録を確認するだけでなく,会員とともに什分の一の原則について話し合い,断食献金を惜しみなく納めるように勧め,そのほかの関連事項について話し合うことができます。什分の一面接のとき,書記またはビショップリックの一員は,会員とともに「個人の儀式要約」を確認することもできます(33.6参照)。

什分の一面接に関する指示は,教会本部または管轄するエリアオフィスから提供されます。

34.4.2

断食献金

教会の指導者は会員に,断食の律法に従って生活するように勧めています。一般的に,これには次の事項が含まれます。(1)断食日曜日ごとに連続した2回の食事を断つ。(2)少なくとも断食した食事に相当する額の断食献金を納める。可能であれば,会員は惜しみなく,2食分よりも多く納めるように勧められています。

ワードが地理的に範囲の限られた,治安の良い地域にある場合,ビショップはアロン神権者,特に執事に,毎月会員の家を回って,断食献金を納める機会を会員に与えるように指示することができます。たとえ会員が献金をしなくても,神権者は彼らにそうする機会を引き続き与えるべきです。距離やそのほかの事情から必要であれば,ビショップは,家庭を回って断食献金を集める作業を制限または中止することができます。

断食献金を集めるとき,神権者は二人一組で行くべきです。必要であれば,メルキゼデク神権者がアロン神権者に同行することができます。

会員は,断食献金を集める人に,什分の一などのそのほかの献金を渡すべきではありません。

断食献金を集めた人は,ビショップリックの一員に速やかに献金を渡します。

会員の中には,什分の一とそのほかの献金のための封筒を使い,それを直接ビショップリックに渡して断食献金を納めることを選ぶ人がいるかもしれません。

会員は,基金の用途を指定しないで断食献金を納めるべきです。ビショップは,ある会員からの断食献金が特定の個人や家族に渡るように,または献金者が指定した特別な目的のために使用されるように,調整や約束をすることはできません。

伝道部会長と神殿会長は,自分の会員記録があるワードに断食献金を納めます。

断食献金基金の使用に関する指針は,22.2.4に記載されています。

34.4.3

宣教師基金

ワード宣教師基金への献金は,24.6.224.6.3に説明されているように,おもにワードから出ている専任宣教師の負担金額を満たすのを援助するために使用されます。余剰分は,ステークや調整評議会内のほかの専任宣教師の負担金額を満たすために使うこともできます。ワード宣教師基金は,宣教師個人に直接送るべきではありません。ワード宣教師基金は,ワードやステークの伝道活動のために使用するべきではありません。

中央宣教師基金への献金は,教会が全般的な伝道活動を行うために使用されます。

ステーク会長およびビショップは,ステークとワードで正当に必要とされる宣教師基金の余剰分を,教会本部または管轄するエリアオフィスの中央宣教師基金に送るべきです。中央宣教師基金への献金に関する詳しい情報が必要な場合,ビショップや個人は,グローバルサービスセンター(1-855-537-4357)に問い合わせることができます。

宣教師基金と伝道活動の資金にについて詳しくは,24.6を参照してください。

34.4.4

人道支援基金

教会の人道的活動は,過酷な状況にある世界中のあらゆる信仰を持つ人々を支援します。教会の人道的援助基金への献金を望む人は,『什分の一・献金票』フォームを使用することができます。ワードは,教会本部または管轄するエリアオフィスからの指示に従って,これらの献金を送金します。寄付金は,下記あてに教会本部に直接送ることもできます。

Finance and Records Department

Treasury Services Division

Attention: Humanitarian Aid

50 East North Temple Street

Salt Lake City, UT 84150-1521

Donate.ldsphilanthropies.orgにアクセスすると,オンラインで寄付を行うことができます。

34.4.5

神殿建設基金

神殿の建築のために財政的な貢献を望む会員は,状況の許す範囲で献金するように勧められています。そのような会員は,『什分の一・献金票』フォームを使って献金することができます。「その他」の欄に「神殿建設」と記入して,その基金を表示します。会員が特定の神殿のための献金であることを指定したい場合,フォームにその旨を記入することができます。

指導者は,神殿建設資金への献金のために資金獲得活動を行ったり,評価を行ったり,目標を設定したりするべきではありません。

34.4.6

永代教育基金

「永代教育基金」プログラムは,ふさわしいヤングアダルトが,自国での就職に必要な資格を得る際に援助を必要としている場合,職業訓練や教育のためのローンを提供することにより,彼らを支援します。

この基金への献金を望む人は,『什分の一・献金票』フォームを使って行うことができます。ワードは,教会本部または管轄するエリアオフィスからの指示に従って,これらの献金を送金します。

「永代教育基金」について詳しくは,22.6.4.7を参照してください。

34.4.7

慈善事業部

末日聖徒イエス・キリスト教会の慈善事業部は,管理ビショップリック事務局の一部門であり,教会とその関連慈善団体や活動への自発的,慈善的な寄付や貢献を調整し,奨励し,促進し,受け入れます。寄付をする際に助けが必要であれば,下記の慈善事業部事務局に連絡することで受けることができます。

Philanthropies

1450 North University Avenue

Provo, UT 84604-6080

電話:1-801-356-5300または1-800-525-8074

電子メール:philanthropies@ChurchofJesusChrist.org

オンラインでの寄付は,ldsphilanthropies.orgで行うことができます。

34.4.8

物品による寄付,什分の一を含む

教会は通常,什分の一やそのほかの献金を物品で納めることを奨励していません。望ましいのは,会員が自分でその資産を売却し,現金で什分の一やそのほかの献金を納めることです。しかしながら,場合によっては,物品による寄付が認められることがあり,世界の一部の地域では,それが一般的な方法なっていることもあります。

教会は,(1)直ちに換金できる株式,債券,そのほかの有価証券,および(2)市場性のある不動産の一部を受け入れています。地元の指導者は,これらの寄付を受け入れる前に,教会本部または管轄するエリアオフィスから承認を得るべきです。会員が上記以外の物品の寄付を希望する場合,ビショップは,ステーク会長から承認を求めます。ステーク会長は,ビショップにその物品の受け入れを承認する前に,教会本部またはエリアオフィスと連絡を取り,承認を求めます。

34.4.9

返金されない献金

ステーク会長とビショップは,什分の一やそのほかの献金をした人々に,これらの献金は返金できないことを知らせるべきです。この方針は前納された宣教師の献金にも該当します。

教会に納めた什分の一とそのほかの献金は,主にささげられ,主に属するものとなります。そのようなすべての献金の本質は,提供者が使途に条件を付けず,管理権とあらゆる所有権を放棄し,主の祝福以外のいかなる恩恵も期待せずに行った,自由意志によるささげ物であるということです。したがって,教会に行った献金を返金することは適切ではありません。返金することは,自由意志による献金の精神に反することになるからです。一部の国では,献金を返金することで,献金者と教会の双方に,法的な問題と所得税に関する問題を引き起こす可能性もあります。

34.5

什分の一とそのほかの献金の内密性

会員が納めた什分の一とそのほかの献金の額は,内密事項です。ビショップおよびそのような献金を扱う権限を持つ人のみが,その額を知っているようにするべきです。ステーク会長とビショップは,受け取った什分の一の総額を公表してはなりません。

必要に応じて,ビショップは長老定員会会長に,定員会の個々の会員が,什分の一を完納しているか,一部納めているか,または免除されているかについて伝えることができます。長老定員会会長は,この情報を内密に保たなければなりません。

34.6

基金の取り扱いと会計報告

ステーク会長とビショップは,教会のすべての基金が財政に関する現行の指示に従って適切に処理され,会計報告されるようにします。一般的な原則については,以下の項に概説されています。

34.6.1

什分の一およびそのほかの献金の受領

主は,聖徒たちの什分の一とそのほかの献金を受領して,会計報告する神聖な信任をビショップに託しておられます(教義と聖約42:30-33119)。什分の一とそのほかの献金を受領できるのは,ビショップとその顧問だけです。どのような事情があっても,ビショップリックの妻や家族,書記,またはワードのほかの会員がこれらの献金を受け取るべきではありません。唯一の例外は,アロン神権者が断食献金を集める割り当てを受けている場合だけです(34.4.2参照)。

ワードの会員は,適切に必要事項を記入した『什分の一・献金票』フォームを献金とともに封筒に入れ,封をしてビショップリックの一員に渡します。教会員は,献金箱に入れたり,ビショップの部屋のドアの下から入れたりして,献金の封筒を放置するべきではありません。

小切手のあて先は,ビショップや教会ではなく,ワードにするべきです。会員が(直接の振込みあるいは自動振り替えなど)電子手段を用いて納入するユニットでは,教会本部または管轄するエリアオフィスからの指示に従って,教会の銀行口座に振込みを行います。

ステークの基金を受領するのは,ステーク会長と顧問だけです。基金が記録され,ステーク会長会の一員と書記により入金されるまで,ステーク会長と顧問はその基金を保管し続けるべきです。

34.6.2

什分の一およびそのほかの献金の確認

献金の封筒の開封と金額の確認は,日曜日に行うべきです。ただし,什分の一面接のときは例外的に,受け取ったその日に開封と確認を行います。二人の人(ビショップリックの一員と書記,またはビショップリックの二人)が,一緒に各封筒を開き,封筒に入っている献金が『什分の一・献金票』フォームに記されている金額と一致していることを確認します。献金と献金票に記された額が異なる場合は,できるだけ早く献金者に連絡を取り,違いを解決します。

34.6.3

什分の一およびそのほかの献金の入金

ビショップリックの一員ともう一人のメルキゼデク神権者,通常は献金の確認を手伝った書記が,入金の準備をします。

基金を入金する人は,可能な場合,(1)基金を入れて鍵がかかり,銀行でしか開けられない入金袋,または(2)そのほかの開封防止機能つきの袋を使用します。書記またはビショップリックの一員は,そのような入金袋を入手できるかどうか,教会本部,管轄するエリアオフィス,または地元の銀行に問い合わせます。

銀行の夜間金庫を利用できる所では,ビショップリックの一員が,ほかの神権者を伴い,基金を開封して確認したその日に銀行に入金します。

銀行の夜間金庫を利用できず,日曜日に銀行が閉まっている所では,ビショップは,メルキゼデク神権者の一人,通常はビショップリックの一員を指名し,翌日の銀行営業日に入金します。入金を行う人は,この基金に対して責任を負います。その人は以下を行います。

  1. 銀行に入金するまで基金を安全に保管する。

  2. 入金日と入金額が表示された銀行発行の入金受領書を入手する。

さらに,ビショップリックの一員と書記は,次の日曜日に,その日の献金処理を行う前に以下の手続きを行うべきです。

  1. 正しい金額が入金されていることを確認するために,銀行発行の入金受領書と前週の入金記録を照合する。

  2. 銀行発行の入金受領書に署名し,前の週の献金情報と一緒に保管する。

34.6.4

教会基金の保全

教会基金に対して責任のある会員は,決してそれを翌日まで集会所に置いてはなりません。また,集会や活動の時間帯を含め,いかなるときも基金を放置してはなりません。

34.6.5

什分の一およびそのほかの献金の領収書の発行

什分の一とそのほかの献金にかかわる領収書の発行に関する指示は,教会本部または管轄するエリアオフィスからステークおよびワードに送られます。

物品(現金以外による什分の一やそのほかのささげ物)を納入した会員に対して領収書を発行できるのは,教会本部または管轄するエリアオフィスだけです。この領収書には,納められた物品の金銭的価値は表示されません。

34.6.6

予算交付金の受領と管理

34.7.2を参照してください。

34.6.7

ステークおよびワードの当座預金口座の管理

各ステークは通常,一つの当座預金口座を開設します。ステーク会長がこの口座を管理しますが,顧問と書記はステーク会長を補佐することができます。ステーク監査委員会の委員長を務める顧問は,通常,小切手に署名したり,ステークの財政記録作業に関与したりするべきではありません。

ワードのすべての基金は,一つの当座預金口座で扱います。ビショップがこの口座を管理しますが,顧問と書記はビショップを補佐することができます。

各小切手には,承認された二人の署名が必要です。通常,ステークの口座の小切手に署名する権限を持っているのは,ステーク会長,顧問,財政担当書記です。通常,ワードの口座の小切手に署名する権限を持っているのは,ビショップ,顧問,財政担当書記です。承認された小切手の署名者は,自分自身が支払いの受取人あるいは断食献金の受給者である場合,小切手に署名してはなりません。

顧問は小切手に署名する権限を持っていますが,ステーク会長またはビショップが支出を承認しないかぎり,顧問は署名するべきではありません。

必要事項がすべて記入されていない小切手には,署名するべきではありません。

ステーク会長やビショップは毎月,「教会ユニット財政報告書」または銀行口座照合表を速やかに確認したうえで書記に渡し,照合してもらいます。

ステーク書記は毎月,ステーク当座預金口座と地元の入金用口座(もしあれば)と「その他」の項目に記された基金(もしあれば)を照合します。ワード書記は毎月,ワード当座預金口座と「その他」の項目にある基金とそのほかの求められている財政記録を照合します。書記は照合表に署名します。その後,ステーク会長またはビショップは,照合表を確認し,それに署名します。

小切手帳と未使用の小切手は,施錠されたファイルまたはキャビネットに保管します。小切手帳と未使用の小切手は,安全に施錠されていない場所に放置してはなりません。未使用の小切手を紛失した場合,ステーク会長またはビショップは,直ちに,教会本部または管轄するエリアオフィスにその小切手の番号を報告します。また,紛失した小切手による支払いを停止するように要請します。

当座預金口座を持っているステークとワードは,普通預金口座を持つことはできません。

定員会と各組織は,当座預金口座や普通預金口座,小口現金を持つことはできません。これらの組織の予算に計上された支出はすべて,ステークまたはワードの当座預金口座から支払われます。

34.6.8

当座預金口座以外にあるステークとワード基金の管理

以下の指示は,当座預金口座以外で基金を管理しているアメリカ合衆国およびカナダ以外のユニットに適用されます。これらのユニットは,当座預金口座の代わりに,現金による運転基金,普通預金口座,またはデビットカード口座を保有しています。

管轄するエリアオフィスは,これらのユニットが従うべき具体的な指針を提供します。基本的な原則の一部は,以下に概説されています。

  • ユニットは,現金による運転基金,普通預金口座,またはデビットカード口座を一つだけ持つ。

  • その基金は,ステーク会長またはビショップが管理する。

  • 現金による運転基金,普通預金口座,またはデビットカード口座にある基金は,権限を持つ二人が支払承認書に署名するまで使用するべきではない。このフォームは,必要事項が完全に記入されるまで,署名するべきではない。

  • 支払承認書には,納品書,請求書,受領書などの裏付けとなる書類を添付するべきである。会員に基金を前渡しする場合,会員はそのフォームに基金の受領を確認する署名をし,日付と金額を記入する。その後,会員は,(1)使用した基金の裏付けとなる書類を提出し,(2)使用しなかった基金を返還する。

  • 銀行口座照合表がある場合,集会所や書記にではなく,ステーク会長やビショップに直接送られるように手配するべきである。ステーク会長またはビショップは,銀行口座照合表を速やかに開封し,確認し,書記に渡して照合させる。書記は照合表に署名する。その後,ステーク会長またはビショップは,照合表を確認し,それに署名する。

  • ステーク会長またはビショップは,そのほかの財政報告書を検討し,照合が確実に行われていることを確認する。

  • ステーク会長またはビショップは,現金による運転基金を安全に保管する。

  • 現金による運転基金は,個人の所持金とは別にしておくべきである。教会の基金は,いつでも物理的に安全を確保しておかなければならない。

  • 現金による運転基金は,認可された二人の署名者が毎月計算する。その金額と署名は,管轄するエリアオフィスから送られてきた書類に記載する。基金の不足があれば,直ちに地域コントローラーに報告するべきである。

  • 支払いはすべて速やかに記録するべきである。請求書,受領書,そのほかの支払いを証明する書類はすべて保管する。

34.6.9

財政記録の作成

各ステークおよびワードは,財政記録を常に更新し,正確に保つべきです。この記録は,ステーク会長とビショップが教会の神聖な基金について報告し,また基金を保護する助けとなります。また,正確な記録は,予算を作成し,予算交付金を管理し,会員に各人の献金に関する情報を伝えるためにも必要です。

記録と報告書の使用と保管に関する情報について,書記は教会本部または管轄するエリアオフィスからの指示を参照しなければなりません。財政記録は当年に加えて,最低3年分を保管するべきです。しかし,地元の法律により,さらに長期の保管が義務づけられる場合もあります。

34.7

予算と支出

34.7.1

ステークおよびワードの予算

各ステークおよびワードは,予算を作成し,予算に基づいて運営します。ステーク会長はステークの予算を管理し,ビショップはワードの予算を管理しますが,それぞれの指示の下で予算を監督する割り当てを顧問の一人に与えることができます。また,書記に割り当てを与えて,予算の作成と監視を手伝ってもらうこともできます。

ステークおよびワードの支出は,管理役員の承認がなければ,受け付けも支払いもできません。

ステーク会長会とビショップリックは,以下の手順に従って,新しい年度が始まる前に時間的な余裕をもって,予算の作成を始めます。

  1. 前年度に支払った金額を見直して,経常的な支出が考慮されていることを確認する。

  2. 各組織に必要な予算を詳しく見積もるように依頼する。

  3. 予算編成に当たっては,思慮分別を用いて,公平を期し,見積り額が予算交付金の見込み額を超えないようにする。

予算を受け入れる賛意の表明を求める必要はありません。

ステーク会長は,各ビショップとの面接の一環として,ワードの支出を検討します。

34.7.2

予算交付金

ステークおよびワードの活動とプログラムのための一般的な教会の基金は,予算交付金プログラムから提供されます。そのため,会員から予算のための献金を受け取る必要はありません。什分の一の忠実な納入によって,予算交付金制度が可能になっているのです。

34.7.2.1

予算交付金の配分

教会本部または管轄するエリアオフィスは,以下の項目の出席状況に基づいて予算を割り当てます。

  • 聖餐会

  • 若い男性

  • 若い女性

  • 8歳から11歳の初等協会の子供

  • ヤングシングルアダルト

ステーク会長は,ステークとワードに配分する交付金の額を決定します。また,これらの指針の範囲内でステークとワードが公平に,また適切に資金の配分を受けられるようにします。

ステーク会長は,ビショップと一致協力してこの作業に携わります。不測の事態により当初の予算配分を変更する必要が生じた場合,ステーク会長は,公平な調整が行われるようにします。

ビショップは,ワードの予算交付金の配分を監督します。また,ワードの組織が公平かつ適切に資金の配分を受けられようにします。

神権指導者は,若い男性と若い女性のための予算配分と活動のレベルが均等であるようにします。予算は,各組織の青少年の人数に応じて配分されます。初等協会の少年と少女のための予算配分と活動も,十分かつ均等なものであるべきです。予算は,子供の人数に応じて配分されます。

34.7.2.2

一般的な原則と指針

予算交付金制度は,会員の金銭的および時間的負担を軽減するために設けられました。必要であれば,指導者は,交付金の範囲を超えないように,活動を減らし,簡素化するべきです。ほとんどの活動は,費用がほとんどかからないか,まったくかからない簡単なものにするべきです。支出については,事前にステーク会長会またはビショップリックの承認を受けなければなりません。支出は,裏付けとなる書類が添付されていない限り,決して承認すべきではありません。

すべての活動,プログラム,手引き,消耗品のための支払いは,ステークおよびワードの予算基金を使って行うべきです。会員は参加費を払うべきではありません。また,会員に資料や消耗品の費用,賃借料,入場料を支払わせたり,遠距離の交通費を負担させたりするべきではありません。会員にとって過度の負担にならなければ,多くの会員が食べ物を持ち寄って活動を行うことができます。

前項の予算に関する方針の例外として考えられるものには,年に一度のキャンプやそれに類する活動(20.2.8参照),任意の活動(20.5参照),特別なヤングシングルアダルトの活動(14.3.7参照)などがあります。

教会に追加の資金を献金したいと考えている会員は,その献金をステークやワードの予算に充てるように指定することはできません。その代わりに,指導者は,断食献金,宣教師基金,そのほかの承認されている献金項目に献金するように会員に奨励します。

ステーク会長とビショップは,予算交付金が賢明に使われるようにします。基金は,人々に祝福をもたらし,福音の目的を推し進めるために使用するべきです。指導者はまた,すべての支出が予算交付金の範囲内に収められるようにします。予算交付金制度の成否は,地元の神権指導者が教会の財政と支出に目を通し,コントロールするようにどれだけ努力するかに懸かっています。

予算交付金を不必要に使ってはなりません。不要なワード基金はステークに返還します。不要ステーク基金は,教会本部または管轄するエリアオフィスに返還します。例外として,ステークとワードは,ユースカンファレンスなど,翌年に計画されている具体的な活動のために必要であれば,未使用の基金の一部を保留しておくことができます。しかし,ステークやワードは,翌年に使用する旅費として当年の予算交付金の大部分を繰り越してはなりません。「その他」の項目からの基金は,「予算」の項目を補うために使用してはなりません。

予算交付金制度を成功させるには,「四半期報告書」を正確に記載し,期日までに提出することが重要です。

予算交付金には,建物の建築費,維持費,電話代,公共料金,コンピューターの費用,神権指導者の交通費は含まれていません。現行の指針では,これらの支出は教会の中央基金から支払われます。

34.7.3

特別な活動と機器のための基金

34.7.3.1

ステークの活動と複数のステークを対象にした活動

地元の指導者は,特に青少年とヤングシングルアダルトに一致と友情を育む機会を提供するために,ステークの活動と複数のステークを対象にした活動を開催するように勧められています。指導者は,ステークの活動と複数のステークを対象にした活動の適切な回数を決め,それらを賄うために十分な基金を予算に計上します。この基金は予算交付金から充当します。

活動について詳しくは,第20章を参照してください。

34.7.3.2

ユースカンファレンス

20.4を参照してください。

34.7.3.3

年次キャンプまたは類似の活動,ならびに機器

20.2.8および20.2.9を参照してください。

34.7.3.4

任意の活動

20.5を参照してください。

34.8

資金獲得活動

20.6.8を参照してください。

34.9

監査

34.9.1

ステーク監査委員会

ステーク会長は,委員長を務める顧問の一人と,そのほか財務に関する事項を理解しているステークの二人の会員で構成されるステーク監査委員会を任命します。委員長を務める顧問は,通常,小切手に署名したり,ステークの財政記録作業に関与したりするべきではありません。委員会の委員は,ステーク監査員になるべきではなく,またステークやワードの財政記録作業に携わるべきではありません。

34.9.2

ステーク監査員

ステーク会長,またはステーク監査委員会の委員長である顧問は,少なくとも二人のステーク監査員を召します。これらの監査員は,有効な神殿推薦状を持っている信頼できる兄弟であるべきです。また,可能であれば,会計や監査について経験を積んだ人であるべきです。監査員は,ステーク会長会と高等評議会によって承認されるべきですが,支持を取る必要はなく,通常は任命もされません。

高等評議員は,ステーク監査員を務めることもできます。しかし,ステーク書記とステーク書記補佐を監査員として召すことはできません。監査員を務める人は,別の召しを兼任することもできます。

34.9.3

監査の手順

ステーク監査員は,毎年2回,ステーク,ワード,支部,家族歴史センターの財政記録を監査します。監査員はまた,毎年1回,レクリエーション施設の財政記録を監査します。

監査員は,什分の一とそのほかの献金が適切に記録されていること,教会基金が適切に用いられ,会計報告され,保護されていること,財政記録が完全かつ正確であることを確認します。ユニットの管理役員と財政担当書記は,監査の間,質問に答えられるように待機しているべきです。

ステーク会長およびステーク監査委員会は,すべての監査を検討します。検討後,ステーク監査委員長とステーク会長は監査に署名します。監査は,指摘事項がすべて是正される前に,署名して提出することができます。ステーク会長とステーク監査委員会は,すべての監査指摘事項が速やかに是正されるようにします。

34.9.4

地域監査員および地域監査員補佐

地域会長会は,地域監査委員会の委員として地域監査員を召します。地域監査員は,地域監査委員長の下で働きます。地域監査委員長の指示の下に,調整評議会ごとに地域監査員補佐を一人ずつ召します。地域監査員補佐は,地域監査員の下で働きます。

地域監査員および地域監査員補佐のおもな責任は以下のとおりです。

  • 神権指導者,書記,監査委員会,ステーク監査員に監査と財政の方針に関する訓練を提供する。

  • 未提出の監査と未解決の監査指摘事項についてフォローアップする。

  • 財政監督を行うように指導者や書記を励ます。

  • 割り当てに応じて,特別監査を実施する。

34.9.5

教会基金の紛失,盗難,横領,不正流用

教会基金の紛失や盗難があった場合,あるいは指導者が教会基金を横領または不正流用した場合,ステーク会長またはステーク監査委員会委員長に直ちに通知するべきです。通知を受けた人は,教会監査部(または,ユニットが合衆国とカナダ以外にある場合は地域コントローラー)に通知します。教会監査部(または地域コントローラー)は,『損失報告書』(loss report)フォームをステーク会長または監査委員会委員長あてに送付します。ステーク会長または監査委員会委員長は,教会監査部(または地域コントローラー)の指示の下でその件が適切に調査され,『損失報告書』が適切に記載され提出されるようにします。

基金の重大な不正使用が発覚した場合,ステーク会長または監査委員会委員長は,地域会長会にも通知します。

34.9.6

ステーク書記または財政担当ステーク書記補佐

ステーク書記または財政担当ステーク書記補佐は,ステーク監査委員会から割り当てを受けた場合,監査で明らかになった指摘事項に関連のある適切な財政の方針と手続きについて,ワードを訓練するべきです。

34.9.7

そのほかの情報

監査委員会,監査員,監査手続きについて詳しくは,ChurchofJesusChrist.orgの「ヘルプセンター」で入手することができます。ステーク監査委員会は,地域監査員補佐に直接質問することができます。

34.10

税金

本項に記載されている税金に関する情報は,アメリカ合衆国とカナダにのみ当てはまります。アメリカ合衆国およびカナダの神権指導者がさらに情報を必要とする場合,下記に連絡するべきです。

Tax Administration

50 East North Temple Street, Room 2225

Salt Lake City, UT 84150-0022

電話:1-801-240-3003,または1-800-453-3860(内線:2-3003

アメリカ合衆国とカナダ以外の神権指導者は,管轄するエリアオフィスに連絡して,税務に関する質問を解決するべきです。

34.10.1

非課税法人としての資格

教会は宗教団体であるため,通常,消費税,固定資産税,所得税などの税が免除されています。教会の建物とそのほかの資産は,礼拝,宗教上の指導,そのほか教会に関連する活動を目的として使用します。ステークおよびワードの指導者は,35.4に概説されているように,教会の施設が政治や商取引,投資を目的として使用されることのないようにします。これらの目的で使用すると,教会資産に対する非課税措置を認める法律に抵触することになります。

非課税法人としての教会の資格を維持するために,ステークおよびワードの指導者は,この指針に従うことが重要です。あるステークまたはワードが非課税法人としての教会の地位を誤用するようなことがあれば,教会のほかのユニットに影響が及ぶ可能性があります。

34.10.2

消費税および使用税

消費税と使用税に関する法律と,それらの法律の教会への適用基準は,国や州によって異なります。指導者は,教会の税務管理課または管轄するエリアオフィスに連絡して,教会が非課税の対象となっているか,またはそのような税金を支払わなければならないかを確認するべきです。

34.10.3

固定資産税

固定資産税の非課税申請と必要な固定資産税の支払いはすべて,教会の税務管理課が行います。地元の指導者は本件にかかわる必要はありません。