扶助協会の歴史の中の重要な出来事
    脚注
    Theme

    扶助協会の歴史の中の重要な出来事

    1830年4月6日

    教会が組織される。

    1830年

    〔エマ・スミスの画像〕

    ジョセフ・スミス,妻エマへの啓示を受ける(教義と聖約25章参照)。

    1842年3月17日

    〔扶助協会の最初の集会でのジョセフ・スミスとエマ・スミスの画像〕

    ノーブー女性扶助協会が組織され,エマ・スミスが会長に選ばれる。

    1843年

    〔訪問教師の画像〕

    エマ・スミスとその顧問たち,イリノイ州ノーブーのワードにて訪問委員会を任命する。

    1844年6月27日

    〔カーセージの監獄の中のジョセフ・スミスの画像〕

    預言者ジョセフ・スミスと兄のハイラム・スミス,カーセージの監獄にて殉教じゅんきょうする。

    1846年2月

    〔ノーブーを出る聖徒たちの画像〕

    聖徒たちのノーブー脱出が始まる。

    1846年

    〔ノーブー神殿のの画像〕

    ノーブー神殿が奉献される。

    1847年7月

    〔初期の末日聖徒の開拓者たちの画像〕

    開拓者の第1陣がソルトレーク盆地に到着する。

    1867年

    ブリガム・ヤング,すべてのワードで扶助協会を再組織するようビショップに要請する。

    1870年

    〔ブリガム・ヤング大管長の画像〕

    若い女性のためにシニア・ジュニアリトレンチメント協会女子部が設立される。

    1872年

    〔Woman’s Exponentの画像〕

    扶助協会,Woman’s Exponentの出版を支援する。

    1873年

    〔LDS病院看護学科の1911年度卒業生の画像〕

    扶助協会の姉妹たち,医療技術の訓練を受けるよう奨励される。

    1876年

    〔絹の収穫の画像〕
    〔ザイナ・D・H・ヤングの画像〕

    デゼレトシルク協会が設立される。会長はジーナ・DH・ヤング。

    1878年

    〔設立された初等協会の画像〕

    子供のために初等協会の組織が設立される。

    1882年

    〔デゼレト病院の画像〕

    扶助協会,デゼレト病院を設立する。

    1890年

    〔ウィルフォード・ウッドラフの画像〕

    ウィルフォード・ウッドラフ,多妻結婚の実施をやめるきっかけとなった啓示を受ける。

    1893年

    〔ソルトレーク神殿の画像〕
    〔ソルトレーク神殿の奉献式の入場券の画像〕

    ソルトレーク神殿が奉献される。

    1913年

    〔扶助協会のシールの画像〕

    「愛はいつまでも絶えることがない」が扶助協会のモットーになる。

    1915年

    〔扶助協会誌の画像〕

    扶助協会,『扶助協会誌』(Relief Society Magazine)を発刊する。

    1916年

    訪問教師が福音のメッセージを毎月姉妹たちに伝えるようになる。

    1918年

    扶助協会,20万ブッシェルの小麦を合衆国政府に売る。

    1921年

    〔産科病院の画像〕

    扶助協会,産科病院を設立する。

    1936年

    〔縫製・缶詰工場での扶助協会の姉妹たちの画像〕

    大管長会,教会福祉プログラムを立ち上げる。

    1944年

    訪問教師は寄付集めをやめ,訪問先の姉妹を教え導くことに力を注ぐようになる。

    1954年

    〔国際婦人連合に出席するベル・S・スパッフォードの画像〕

    ベル・S・スパッフォード,合衆国の代表団を率いて国際婦人連合に出席する。

    1956年

    〔扶助協会ビルの画像〕

    ソルトレーク・シティーの扶助協会ビルが奉献される。

    1969年

    扶助協会社会福祉課が教会社会福祉部に統合される。

    1971年

    〔機関誌出版の準備をしている様子の画像〕

    『扶助協会誌』(Relief Society Magazine)が廃刊となり,代わって『エンサイン』(Ensign)が発刊される。

    1978年

    〔婦人記念庭園のモニュメントの画像〕

    ノーブーにある婦人記念庭園のモニュメントが奉献される。

    1978年9月16日

    第1回中央扶助協会集会が開催される。

    1987年

    国際機関誌(現在の『リアホナ』)と『エンサイン』(Ensign)に毎月の家庭訪問メッセージが掲載されるようになる。

    1992年

    〔扶助協会創立150周年を記念して奉仕作業を行う様子の画像〕

    姉妹たち,それぞれの地域で奉仕活動を行うことによって,扶助協会創立150周年を祝う。

    1995年9月23日

    〔家族-世界への宣言の画像〕
    〔ゴードン・B・ヒンクレー大管長の画像〕

    ゴードン・B・ヒンクレー大管長,中央扶助協会集会において「家族-世界への宣言」を読み上げる。

    1997年

    扶助協会,大祭司グループ,長老定員会が日曜日に同じ教科課程で学ぶことになる。

    2004年

    〔世界指導者訓練集会の画像〕

    扶助協会,若い女性,初等協会の中央会長会が,補助組織のための最初の世界指導者訓練集会に出席する。

    2009年

    〔中央扶助協会集会の画像〕

    中央扶助協会集会に出席している姉妹たち

    扶助協会の会員数,600万人に達する。

    2011年

    〔ウェルフェアスクウェアのロゴの画像〕

    教会,福祉プログラム発足75周年を祝う。