2018年
ミッシェル・D・クレーグ

ミッシェル・D・クレーグ

中央若い女性会長会第一顧問

Michelle D. Craig, Young Women General Presidency First Counselor

16歳のとき,ミッシェル・D・クレーグ姉妹は家族でアメリカ合衆国ユタ州プロボからアメリカ合衆国ペンシルベニア州ハリスバーグに引っ越すことを知りました。父親が伝道部会長として奉仕し始めるためでした。

家族といられることはうれしかったものの,若いミッシェルは高校の最後の2年間は「社会的に孤独」を感じました。

「人生の土台が形成された時期でした」とクレーグ姉妹は言います。「友達に頼る代わりに,家族と自分の証に頼り,教会が命綱となりました。」彼女は天の御父と救い主との関係を何よりも大事にしました。

ミッシェル・デインズ・クレーグは1963年7月13日,ユタ州プロボでジャネット・ランドグレン,ロバート・ヘンリー・デインズ3世の7人の子供のいちばん上の子供として生まれ,家族がペンシルべニア州に引っ越すまでプロボに住んでいました。2年後,クレーグ姉妹はブリガム・ヤング大学で学ぶためにプロボに戻り,初等教育の学士号を取得しました。1984年にはドミニカ共和国サントドミンゴ伝道部で奉仕する召しを受けました。

「わたしはいつも信仰を持ってきました」とクレーグ姉妹は語ります。クレーグ姉妹は2018年3月31日に中央若い女性会長会第一顧問として支持されました。「若いときから,自分が神の娘であると知っていました。しかし,〔伝道中に〕預言者ジョセフ・スミスの証を述べる度に御霊を感じました。自分の証を固めてくれる美しい確認があったのです。」

帰還して数日後,クレーグ姉妹の兄はボイド・クレーグという伝道地の友人とデートする必要があるとクレーグ姉妹に言いました。8か月後,二人は婚約し,1986年12月19日,ソルトレーク神殿で結婚しました。夫妻には3人の子供と6人の孫がいます。

クレーグ姉妹は,ユタ州プロボ神殿の神殿儀式執行者および福音の教義クラス教師の召しを含め,様々な召しを歴任してきました。中央若い女性会長会に召されたとき,中央初等協会管理会で奉仕していました。