2016年
わたしたちのスペース
戻る 次へ

わたしたちのスペース

神はわたしの悲しみを御覧になった

Our Space

ダネリス・W・ロドリゲス(ドミニカ共和国)

ある日曜日,教会で,自分は若い女性のプログラムをもうすぐ終えて,ヤングシングルアダルトになることに気がつきました。これまでと同じようにはいかないと分かっていたので悲しくなりました。日曜学校の後,元気を出そうとしましたができませんでした。天の御父の望みは,わたしが悲しむのではなく喜ぶことだと自分に言い聞かせようとしました(2ニーファイ2:25参照)。

廊下で友人の肩にもたれて泣き出しそうになったそのとき,ワード書記がやって来てこう言いました。「ダネリス姉妹,お手紙ですよ。」彼は,白い封筒を手渡してくれました。そこにはわたしの名前だけが書かれていました。何の手紙だろうと不思議に思ったわたしは,差出人は誰か聞きました。祝福師から届いたもので,祝福師の祝福の写しであると彼は言いながら去って行きました。わたしはついに泣いてしまいました。しかしそれは,神がわたしが悲しむようすを御覧になって,悲しみの中に喜びを見つけられる方法を与えてくださったという,うれし泣きでした。祝福師の祝福が文書として,わたしが最も必要としていたそのときにようやく届いたのです。

家に帰ってから読むと,再び涙があふれ,祝福文が届いたことを神に感謝しました。そして自分が神の娘であること,永遠の福音の光を得ていることがいかに幸せなことであるかを思い出させてくれたことに感謝しました。

悲しいとき,幸せを見つけられるように神が助けてくださると知っています。たとえわたしがそのときに理解できなくても,です。わたしの人生に神が注いでくださる愛を通して,このことを知りました。神はこの愛を一人一人に注いでくださっています。このすばらしい気持ちを受け入れるのはわたしたちの責任です。神の導きがあれば,わたしたちは試練を乗り越えることができます。笑顔になり,幸せになれるのです。

イラスト/ベン・サイモンセン

わたしの好きな聖句

クワメナ・クームソン(ガーナ)

ヒラマン5:12

この聖句は,イエス・キリストを生活の中心にすることによってのみ,悪魔に打ち勝つことができるということを理解できるように助けてくれます。試練に遭っても,わたしたちがイエス・キリストの岩の上に築かれていれば,できないことは何もありません。

この聖句のおかげで,わたしは困難なときも強くあることができました。

神が生きておられ,人類の罪を贖うためにその独り子を地上に遣わされたことを知っています。