結びの言葉
    脚注

    結びの言葉

    個人のふさわしさには,主にさらに似た者となるように思いと心を完全に改めることが求められます。

    愛する兄弟姉妹の皆さん,この歴史的な大会を終えるに当たり,わたしたちを高めてくれたメッセージと音楽に霊感を与えてくださった主に感謝します。霊的なごちそうを堪能しました。

    わたしたちは,イエス・キリストの回復された福音が,主の教えを聞いて心に留める人に希望と喜びをもたらすことを知っています。また,各家庭が信仰の真の聖所となり,平安と愛と主の御霊が宿る場所になり得ることも知っています。

    もちろん,回復の最も尊い宝は,聖なる神殿です。その神聖な儀式と聖約は,主の再臨のときに救い主を迎える備えを人々にさせるうえで,極めて重要です。現在,奉献された神殿は166あり,さらに増え続けています。

    新しい神殿や改装された神殿では,奉献の前にオープンハウスが行われます。異なる信仰を持つ多くの友人が神殿ツアーに参加し,神殿の祝福について何かを学びます。訪問者の中には,もっと知りたいと思う人もいるでしょう。どうしたら神殿の祝福を受ける資格が得られるのか真剣に尋ねる人もいるでしょう。

    わたしたちは教会員として,質問に答えられるように準備する必要があります。神殿の祝福は,自分自身を備えるすべての人はだれでも受けられると説明することができます。しかし,奉献された神殿に参入するには,資格を得る必要があります。御自分のすべての子供たちが神殿で得られる永遠の祝福を受けてほしいと,主は思っておられます。そして聖なる宮に入る資格を得るために各人が何を行うべきかを指示されました。

    そのような教えを受ける最初の格好の機会は,神殿の外壁に刻まれた,「主の宮 聖きを主にささぐ」という言葉に注意を向けることです。今日のヘンリ―・B・アイリング管長やそのほか多くの人のメッセージにより,わたしたちはさらに聖くなるよう鼓舞されました。各神殿は聖なる場所であり,神殿参入者はそれぞれもっと聖くなるよう努めます。

    神殿に参入する条件はすべて,個人の聖さに関係しています。その準備を評価するために,神殿の祝福を望む人は,2回の面接を受けます。最初はビショップ,ビショップリックの顧問,または支部会長から,2回目はステーク会長,伝道部会長,またはその顧問からです。面接では,幾つか質問されます。

    その質問の一部が最近改訂されて,より明確にされました。今から読み上げたいと思います。

    1. あなたは永遠の父なる神とその御子イエス・キリストと聖霊に対して,信仰と証を持っていますか。

    2. イエス・キリストの贖罪と,あなたの救い主,贖い主としてのイエス・キリストの役割に対して,証を持っていますか。

    3. イエス・キリストの福音の回復に対して,証を持っていますか。

    4. 末日聖徒イエス・キリスト教会の大管長を預言者,聖見者,啓示者として,また,すべての神権の鍵を行使する権限を託された,地上で唯一の人として支持していますか。

      大管長会および十二使徒定員会の会員を預言者,聖見者,啓示者として支持していますか。

      教会のそのほかの中央幹部と地元の指導者を支持していますか。

    5. すべてのことが主の前に「清く行われ」なければならないと,主は言われました(教義と聖約42:41)。

      あなたは思いと行いにおいて道徳的に清くあるように努めていますか。

      純潔の律法に従っていますか。

    6. 家族やほかの人々と個人的に,また公に接するときに,イエス・キリストの教会の教えに従っていますか。

    7. 末日聖徒イエス・キリスト教会の教えや慣行や教義に反する教え,慣行,教義を支援したり,奨励したりしていませんか。

    8. 家庭でも教会でも安息日を聖く保ち,出席すべき集会に出席し,備えをしてふさわしい状態で聖餐を受け,福音の律法と戒めに調和した生活をするように努めていますか。

    9. あなたが行うすべてのことに正直であるように努めていますか。

    10. 什分の一を完全に納めていますか。

    11. 知恵の言葉について理解し,それに従っていますか。

    12. 以前の伴侶や子供に対して経済的な責任やその他の責任がありますか。

      もしあれば,現在そのような責任を果たしていますか。

    13. エンダウメントで教えられたとおり神殿ガーメントを身に着けることを含め,神殿で交わした聖約を守っていますか。

    14. 悔い改めの一部として神権役員のもとで解決する必要のある重大な罪はありませんか。

    15. あなたは自分には,主の宮に入って神殿の儀式を受ける資格があると思いますか。

    明日,これらの改訂された神殿推薦状の質問が,世界中の教会指導者に配布されます。

    これらの質問に正直に答えることに加えて,成人の神殿参入者は各々,通常の衣服の下に聖なる神権のガーメントを着用するものとされています。これは,主にさらに似た者になるために毎日努力するという内なる決意を象徴しています。また,交わした聖約に毎日忠実であること,そしてより高くより神聖な方法で毎日聖約の道を歩むことも思い起こさせます。

    では,少しの間,青少年の皆さんに話したいと思います。わたしたちは皆さんに,限定神殿推薦状を受ける資格を得るようお勧めします。身代わりのバプテスマと確認の儀式の準備をする際に,これらの質問から皆さんに当てはまるものが聞かれます。わたしたちは,皆さんがふさわしく,神聖な神殿活動に進んで参加してくださることに心から感謝します。 ありがとうございます!

    主の宮に参入する個人のふさわしさには,多くの霊的な備えが求められます。しかし,主の助けがあれば,不可能なことは何もありません。幾つかの点で,神殿を建てることの方が,人々を築き上げて神殿に備えさせることよりも容易です。個人のふさわしさには,主にさらに似た者となり,正直な市民,よりよい模範,そしてより聖い人となるために,思いと心を完全に改めることが求められます。

    わたしは,そのような準備の業がこの世で数えきれない祝福を,そして来るべき世で想像を超えた祝福をもたらし,家族という単位が「終わりのない幸福な状態」で永遠に存続することを証します。1

    さて,別のテーマについて話しましょう。来年の計画です。2020年の春は,ジョセフ・スミスが最初の示現として知られる神の訪れを体験してから200年目に当たります。父なる神と愛する御子イエス・キリストが,14歳の少年ジョセフに御姿を現されました。この出来事は,イエス・キリストの完全な福音の回復の始まりであり,聖書に詳しく預言されています。2

    それに続いて,モロナイ,バプテスマのヨハネ,古代の使徒ペテロ,ヤコブ,ヨハネなど,天の使いが訪れました。さらに,モーセ,エライアス,エリヤが続きました。それぞれが,地上の神の子供たちを再び祝福するために神聖な権能をもたらしました。

    奇跡的に,聖書と対をなす聖典,イエス・キリストのもう一つの証であるモルモン書も与えられました。「教義と聖約」と「高価な真珠」として出版された啓示も,神の戒めと永遠の真理に対する理解を大いに深めてくれました。

    神権の鍵と職が回復されました。使徒,七十人,祝福師,大祭司,長老,ビショップ,祭司,教師,執事の職などがそれです。そして主を愛する女性たちは,扶助協会や初等協会,若い女性,日曜学校,そのほかの教会の召しで立派に奉仕します。そのすべてがイエス・キリストの完全な福音の回復のきわめて重要な部分です。

    そこで,2020年は200周年に指定されます。来年4月の総大会は,これまでのどの大会とも異なるものになります。これからの6か月間,すべての会員とすべての家族が,回復された福音の幕開けを記念する特別な大会に備えるように願っています。

    高価な真珠に記されている最初の示現に関するジョセフ・スミスの記録をもう一度読み返して,準備を始めるとよいでしょう。『わたしに従ってきなさい』の来年度の教科課程は,モルモン書です。次のような大切な質問について考えるとよいでしょう。「もしモルモン書から得た知識が突然取り去られたら,わたしの生活はどう変わるだろうか。」「最初の示現に続く出来事は,わたしと愛する人々をどのように変えただろうか。」また,今はモルモン書ビデオが利用できますので,個人や家族の勉強に取り入れるとよいでしょう。

    自分の質問を選んでください。自分の計画を立ててください。回復の栄光あふれる光に浸ってください。そうすれば,来年4月の総大会は,記念になるだけでなく,記憶に残るものになるでしょう。

    さて,終わりにあたり,わたしは皆さんに愛と祝福を残します。皆さんが日々さらに幸せで,さらに聖くなれますように。安心してください。啓示は教会に続いており,今後も「神の目的〔が〕成し遂げられ……て,大いなるエホバ〔が〕御業は成ったと告げられる」まで続くことでしょう。3

    皆さんを祝福し,皆さんへの愛を再度伝え,証します,神は生きておられます。イエスはキリストであられます。これは主の教会であり,わたしたちは主の民なのです。イエス・キリストの聖なる御名により,アーメン。