2010–2019
すぐに与えられる神の慈しみ
脚注

Hide Footnotes

テーマ

すぐに与えられる神の慈しみ

主を信頼し忍耐強く待っている間でも,すぐに与えられる祝福もあるのです。

数年前,5歳になる息子がわたしのところに来て言いました。「パパ,分かったことがあるんだ。パパの『もうすぐ』は,ぼくにとっての『すごく長い時間』なんだってこと。」

主や主の僕が「今から日ならずして」または「時は遠くない」というような言葉を使うとき,それは生涯またはそれ以上の長さを実際に意味することがあります。1主の時,そして多くの場合,主のタイミングはわたしたちの尺度とは異なっています。忍耐が鍵です。それがなければ,命と救いに至る神への信仰を育むことも,表すこともできません。しかし,わたしが今日お伝えするメッセージは,主を信頼し忍耐強く待っている間でも,すぐに与えられる祝福もあるということについてです。

アルマとその民はレーマン人に捕らえられたとき,解放されるように祈りました。すぐには解放されませんでしたが,彼らが忍耐強く待つ間,主はすぐに与えられる幾つかの祝福で慈しみを示されました。例えば,主はレーマン人の心をすぐに和らげて,アルマの民を殺さないようにされました。また,彼らを強め,彼らの重荷を軽くしてくださいました。2彼らはついに解放されると,ゼラヘムラへ行き,驚く人々に自分たちの経験について話しました。ゼラヘムラの人々は驚嘆し,「アルマと彼の同胞を……奴隷の状態から救い出してくださった神の直接の慈しみ〔訳注—英語のimmediateは「直接の」のほかに「即座の」という意味がある〕と神の力のことを思っては,声を上げ,神に感謝をささげ〔まし〕た。」3

神の直接〔あるいは即座〕の慈しみは,真心から,誠心誠意で神を呼び求めるすべての人にもたらされます。これには,解放の時がとても遠く,苦難が長引き,激化しているようにすら思える中で,必死に叫び求める人々も含まれます。

若き預言者が湿った地下牢の中で瀬戸際まで追い詰められ,ついにこう叫び求めたときもそうでした。「おお,神よ,あなたはどこにおられるのですか。……あなたの御手はいつまでとどめられ……るのですか。まことに,おお,主よ……どれほど長く……ですか。」4そのこたえとして,主はジョセフをすぐに救い出すことはされませんでしたが,すぐに平安をお与えになりました。5

また,最終的に解放されるという希望をすぐにお与えになりました。6たとえ何があろうと,どこであろうと,キリストにより,キリストを通して,わたしたちの前には「明るき希望」が常にあります。7すぐそばにあるのです。

さらに,主はこう約束されました。「わがいつくしみはあなたから移る……ことがない。」8

何よりも,神の愛はすぐそばにあります。パウロとともに,わたしは証します。どんなものも「キリスト・イエスにおける神の愛から,わたしたちを引き離すことはできない」のです。9罪でさえも,それが神の御霊からわたしたちを一時的に引き離しても,いつでもすぐに与えられる神聖な御父の愛からわたしたちを引き離すことはできません。

様々な方法や手段で,「神はすぐに祝福を授けてくださる」のです。10さて,これらの原則が今でも有効で身近にあることを示すために,すぐに与えられる神の慈しみについての証となる二人の体験を紹介しましょう。

エミリーは十代のころから,薬物の乱用で苦しんでいました。試しに使ったことから習慣になり,ついには薬物依存となって彼女を何年もとりこにし,健康な時期はわずかしかありませんでした。エミリーは,結婚して母親になってからは特に,自分の問題をひた隠しにしていました。

救出の扉が開かれても,自分が救出されるとは少しも思えませんでした。エミリーは定期健康診断を受けているときに,突然救急車で入院施設に運ばれたのです。彼女は動転し,子供たちや夫や家庭から引き離されると思いました。

その夜,寒くて暗い部屋で独り,エミリーはベッドで丸くなってすすり泣きました。思考力が低下し,やがて不安や恐れ,また部屋の中と心の中にある耐え難い暗闇に圧倒されて,エミリーはその晩自分が死ぬのではないかと本気で思いました。だれにも看取られずに。

そうした絶望的な状況の中で,エミリーは何とか力を振り絞ってベッドから転がり出ると,ひざまずきました。これまでの祈りとは違い,少しも気取らずに,すべてを主に委ね,必死に嘆願しました。「神さま,あなたが必要です。わたしを助けてください。独りでいたくありません。今晩,乗り切れるようにしてください。」

するとすぐに,主は昔のペテロにされたように,その御手を伸ばし,沈みゆく彼女の心をつかまえてくださいました。11エミリーは,すばらしい安らぎと勇気,確信,愛に満たされました。部屋はもはや寒くなく,エミリーは独りではないことを知りました。14歳の時以来,初めて,すべて大丈夫だと感じたのです。「〔神に対して〕目覚め〔た〕」エミリーは,安心して眠りにつきました。12このように,「あなたがたが悔い改めて心をかたくなにしなければ,偉大な贖いの計画はすぐにあなたがたに効果を及ぼす」ことが分かります。13

The Carrasquel Family

エミリーの癒しと究極の解放には,何か月にも及ぶ治療や訓練,カウンセリングが必要でしたが,その間,彼女は神の慈しみによって支えられ,時にはそれに頼りきりました。その後も引き続き神の慈しみを受けて,彼女は夫や子供たちと神殿に参入し,永遠に結び固められました。ゼラヘムラの民のように,エミリーは今,束縛から解放されるうえで,すぐに与えられる神の慈しみと神の力を思い返して,感謝をささげています。

さて,もう一人の勇敢な信者の経験です。2013年12月27日,アリシア・シュローダーは,思いがけず玄関先にやってきた親友のショーンとシャーラ・チルコートを喜んで迎えました。アリシアのビショップでもあるショーンは,自分の携帯電話を渡すと,厳かに言いました。「アリシア,わたしたちはあなたを愛しています。この電話に出てください。」

アリシアの夫マリオからの電話でした。彼は,以前から楽しみにしていたスノーモービル旅行に,子供を連れて人里離れた地に出かけていました。そこでひどい事故に遭ったのです。マリオは重傷を負い,10歳の息子カレブは亡くなりました。アリシアは,マリオから涙ながらにカレブの死を告げられたとき,ほとんどの人が経験したことのないショックと恐怖に襲われ,倒れ込みました。言葉にできないほどの苦しみでまひし,話すことも動くこともできませんでした。

ビショップとチルコート姉妹は,素早く彼女を起こして抱き締めました。三人はしばらくの間,ともに涙を流し,深い悲しみにくれました。それからチルコートビショップは,アリシアに祝福を授けることを申し出ました。

次に起こったことは,イエス・キリストの贖罪とすぐに与えられる神の慈しみをある程度理解していないと,分かりにくいことです。チルコートビショップは,アリシアの頭に優しく手を置くと,震える声で語り始めました。アリシアは,神ご自身が語られたかのように,二つのことを聞きました。最初に聞いたのは,自分の名前,アリシア・スーザン・シュローダーでした。それから,ビショップが全能の神の権能を行使するのを聞きました。その瞬間です。単に彼女の名前と神の力が言葉として発せられただけで,アリシアは言葉で言い表せない平安と愛,慰め,そしてどういうわけか喜びに満たされたのです。そして,それらの気持ちがずっと続きました。

もちろんアリシアとマリオと彼らの家族は,今でもカレブの死を嘆き,いないことを寂しく思っています。実につらいことです。わたしがアリシアと話すときはいつも,彼女の目にいっぱい涙をためて,どんなに幼い息子を愛し,寂しく思っているか話してくれます。そして涙ぐんだ目のままで,絶望のどん底にいたときに「すぐに与えられる神の慈しみ」をきっかけに,偉大な解放者があらゆる苦しい試練を乗り越えられるように支えてくださったこと,また現在は「今から日ならずして」起こるであろうすばらしい再会への輝く希望があることについて話してくれます。

わたしは,時に人生の経験が混乱や動揺を引き起こし,エミリーやアリシアが得られたような慰めを受けたり,認識したり,あるいは保ち続けたりするのを難しくしてしまうことがあるということに気づきました。わたし自身にもそのような経験がありました。そのようなときに,わたしたちをただ守ってくれるのは,「すぐに与えられる神の慈しみ」の優しく力強い現れであることを証します。古代イスラエルの民が日々「自分たちを守ってくださったあの同じ神によって」最終的に救い出されたことを思い出してください。14

イエス・キリストが偉大な解放者であられることを証します。誠心誠意で主に心を向けるならば,生活を破壊したり,喜びを損なったりする恐れのあるすべてのものから主が救い出してくださることを,主の御名により約束します。その解放には自分が望む以上に長く,恐らく生涯またはそれより長くかかることもあり得ます。ですから,最終的な解放の日まで,皆さんに慰めや勇気,希望を与え,皆さんを支え,力づけるすぐに与えられる神の慈しみを求めるようお勧めし,また証します。イエス・キリストの御名により,アーメン。