2010–2019
アロン神権――立って神の力を使いなさい
戻る 次へ

アロン神権――立って神の力を使いなさい

神権もまた,善いことを成し遂げるためには行使する必要があります。皆さんは,暗闇の中で自分の光を隠すことなく「立って光を放〔つ〕」よう呼びかけられています。

少し前に南アフリカに行ったときのことです。わたしはカギソワードの祭司定員会第一補佐であるタビソとともにある家庭を訪れました。タビソと,祭司定員会を管理し定員会の鍵を持つビショップは,あまり教会に来ていない定員会の会員たちのために祈り,だれを訪問しどのように助ければよいのか,霊感を求めてずっと祈っていました。そして二人はタベロの家を訪問するよう促しを受け,一緒に訪問するようわたしを誘ってくれたのでした。

凶暴な番犬を通り過ぎると,わたしたちはタベロのいる居間へ通されました。タベロはおおらかな若い男性で,日曜日にほかのことで忙しくなったために教会に来られなくなってしまったのでした。タベロはわたしたちの訪問に緊張しながらも喜んでくれて,話に加わるよう家族を招いたほどでした。ビショップはタベロの家族に愛を伝え,神殿で結び固めを受けて永遠の家族となれるよう助けたいと申し出ました。それを聞いた家族の心は動かされました。わたしたちは皆その場に聖霊がおられ,言葉の一つ一つやあらゆる感情の源となっておられるのを強く感じました。

しかし,この訪問を特別なものにしたのは,何といってもタビソの言葉でした。この若い祭司はまるで天使の言葉を語っているかのようでした。愛にあふれたタビソの言葉はだれもが完全に理解できる簡単なものでしたが,特にその友の心を打ちました。タビソはこのように言いました。「教会でいつも君と話せてとても楽しかったよ。君はいつでもぼくに親切な言葉をかけてくれる。それに,君がいないのでサッカーチームはとても弱くなってしまったんだ。君はほんとうに上手だからね。」

タベロはこう答えました。「ごめんね。チームに戻るよ。」

「よかった。それと,ぼくたちが前に宣教師になる備えをしていたのを覚えているかな。もう一度始めてみないか」とタビソは言いました。

「うん」とタベロはまた言いました。「教会に戻るよ。」

中央若い男性会長会の顧問としてわたしが経験する最も大きな喜びは,恐らく世界各地のアロン神権者がアロン神権の力を行使している姿を見ることです。しかしまた,自分が持っている力を使っていかに多くの善い行いができるかを理解していない多くの若い男性を見て悲しく思うこともあります。

神権は,神の子らに仕えるために用いる神御自身の力であり権能です。すべての若い男性,すべてのアロン神権者が,自分が持つ神権に天使の働きの鍵があることを完全に理解できたらどんなにすばらしいことでしょう。友人が救い主のみもとへと続く道を見いだせるよう助けるという神聖な務めが自分にあることを理解できたらどんなによいでしょう。回復された福音を明瞭かつ率直に説明し,それを聞く人にキリストの言葉が紛れもなく真実であると感じさせる力を天の御父が授けてくださることを知ることができたらどんなにすばらしいでしょう。

愛する教会の若い男性の皆さん,皆さんに尋ねたいことがあります。ぜひこの質問を生涯大切に心に留めておいてください。地上で手に入れることのできる力の中で,神の神権に勝るものがあるでしょうか。人々の人生を変え,罪と過ちから清められて永遠の幸福に至る道を歩めるよう人々を助けるという主の業を助けるうえで神権をしのぐ力を発揮するものがほかにあるでしょうか。

ほかのすべての力と同じように神権もまた,善いことを成し遂げるためには行使する必要があります。皆さんは,暗闇の中で自分の光を隠すことなく「立って光を放〔つ〕」よう呼びかけられています(教義と聖約115:5)。勇敢な者のみが選ばれた者の一人に数えられます。自分の持つ神聖な神権の力を行使するならば,皆さんの勇気と自信は増すでしょう。若い男性の皆さん,皆さんは神の務めを行っているときに最高の自分になれることを知っているはずです。熱心に善いことに携わっているときに最も幸福を感じることを知っているでしょう。清く,ふさわしくなり,神権の力を尊んで大いなるものとしてください。

ジェフリー・R・ホランド長老が半年前にこの壇上で話したことをもう一度繰り返します。「老いも若きも,この善と悪の戦いを危惧するすべての男性に,参戦して声を上げるようお願いします。これは戦いです。……さらに強く,献身的に福音を証してください。悪……に対する証だけではなく,善と福音についての証と,神についての証をしてください。」(「戦い止むまで」『リアホナ』2011年11月号,44,47)

そうです。アロン神権者の皆さん,これは戦いなのです。そしてこの戦いにおいて,悪から身を守る最も良い方法は,積極的に義を推し進めることです。下品な言葉を聞きながら聞かなかったふりをすることはできません。一人で,あるいはだれかと一緒に,汚れていると分かっている映像や画像を見ながら見なかったように装うこともできません。不潔なものに触れながら,大したことではないと偽ることもできません。サタンが健全で清いものを打ち砕こうとしているときに消極的であってはなりません。果敢に真実だと知っていることを擁護するのです。主の標準にそぐわないものを見聞きしたら,自分が何者であるかを思い起こしてください。皆さんは,神の聖なる神権の力を授けられた,神御自身の軍勢の兵士なのです。偽りの父である敵に対抗するうえで,真理に勝る武器はありません。神権の力を行使するときに皆さんの口から発せられる真理以上の武器はないのです。友人の多くは,皆さんの勇気と高潔さゆえに敬意を払ってくれるでしょう。そうでない人もいます。しかし,それはどうでもよいことです。天の御父の目的を達成するために御父の力を用いるならば,天の御父の敬意と信頼を勝ち得ることでしょう。

すべてのアロン神権定員会会長会の皆さんにもう一度お願いします。自由の旗を掲げ,皆さんの軍勢を組織し導いてください。悔い改めとバプテスマを通してキリストのみもとに来るよう周りの人を招くことにより神権の力を活用してください。皆さんはそのように行うよう天の御父から命令と力を受けているのです。

2年前にチリのサンティアゴを訪問した際,わたしはダニエル・オラテという若い男性に大変感銘を受けました。ダニエルは,宣教師とよく一緒にいました。わたしはダニエルに手紙を書いてほしいと頼みました。本人の了承の下,最近届いた電子メールの一部を読みます。「先日ぼくは16歳になり,日曜日に祭司の職に聖任されました。その日,カロリーナという友達にバプテスマを施しました。ぼくが彼女に福音を教えると,彼女は定期的に教会に出席するようになり『成長するわたし』の達成賞までもらいましたが,両親がバプテスマを受けることを許可してくれませんでした。しかしついに両親とぼくは親しくなり彼らがぼくを信頼してくれるようになったのでバプテスマを受けられることになりました。カロリーナはぼくからバプテスマを受けたいと望んだので,ぼくが16歳になる日曜日まで1か月待たなければなりませんでした。彼女のような善い人がバプテスマを受ける手助けができたことをとてもうれしく思います。そして,自分がバプテスマを施せたこともうれしいです。」

ダニエルは,神から託された力にふさわしく生活する,世界各地に住む大勢の若い男性の一人にすぎません。もう一人,ホンジュラスに住むルイス・フェルナンドという若い男性を紹介しましょう。ルイスは,ある友人が霊を脅かす数々の選択をしていることに気づき,友人に証を述べて文字どおり友人の命を救いました(“A Change of Heart,” lds.org/youth/video参照)。ブラジルに住むオラボも模範を示してくれました。自分の家庭における真の常任教導者(教義と聖約84:111参照)であるオラボは,教会に活発に集うよう母親を促しました(“Reunited by Faith,” lds.org/youth/video参照)。これらの話の一部や同様の話は,教会の青少年向けウェブサイト,youth.lds.orgで視聴することができます。ちなみに,インターネットやソーシャルメディアなどの科学技術は,皆さんが神権の務めを果たし,真理と徳の影響を広めるのを助けるために主が皆さんに授けてくださった道具です。

愛する若い男性の皆さん,わたしが説明したとおりにアロン神権を行使するならば,将来与えられる自分の責任に備えることができます。しかし,皆さんはそれ以上のことを行っているのです。アロン神権者の偉大な模範であるバプテスマのヨハネと同じように,皆さんは主の道を備え,その道筋をまっすぐにしているのです。ヨハネのように悔い改めとバプテスマの福音を大胆に宣言するならば,皆さんも主の来臨に人々を備えることができます(マタイ3:3教義と聖約65:1-384:26-28参照)。皆さんは,大きな可能性を秘めていることをしばしば耳にするでしょう。今こそその可能性を行いに移し,人々を祝福するために神が授けてくださった能力を活用し,人々を暗闇の中から光のもとへと連れ出し,主の道を備える時です。

皆さんが自分の務めを学びそれを果たすことができるよう,教会から冊子『神への務め』という資料が配布されています。この冊子を頻繁に研究してください。ひざまずき,一切の科学技術から遠ざかり,主の導きを求めてください。そして,立って神の力を使ってください。自分自身の生活を送る方法と人を助ける方法について,天の御父から答えが授けられることを約束します。

トーマス・S・モンソン大管長の言葉を引用したいと思います。「皆さんの証が及ぼす影響力を過小評価してはなりません。……皆さんには目立たない人や友達があまりいない人の長所に気づいてあげる能力が備わっています。目をよく見開き,耳を澄まし,感受性を研ぎ澄ますなら,同年代の人に手を差し伸べ,救いの道に導くことができるでしょう。」(「模範になりなさい」『リアホナ』2005年5月号,115)

神権の力が実在することを証します。わたしは神権を自分で行使することにより証を得ました。また,アロン神権の力を持つ人々が数々の奇跡を起こすのを目の当たりにしてきました。忠実なアロン神権者が御霊にあふれた希望の言葉を語り,光と愛を必要としている人々の心を開くときに,天使の働きの力を目にしてきました。わたしたちの主であり,導き手であり,救い主であるイエス・キリストの御名により,アーメン。