2000–2009
真の幸福――意識的な決断
脚注

Hide Footnotes

テーマ

真の幸福――意識的な決断

幸福とは,心の状態です。喜びは,義にかなった生活の結果得られます。

「人生はすばらしい。すばらしい結果を得られるような生き方をしさえすれば。」これは,何年も前に読んだ霊感に満ちた言葉です。これによると,「すばらしい人生」は,物事をどのように行い,何を語り,どのような思いを抱くかに懸かっています。

人生で孤独を味わう必要はありません。皆キリストのみもとに来てキリストにあって完全な者となるよう招かれているのです。幸福こそが福音の目的であり,全人類に対する贖あがないもそのためにあるのです。

ヒラマン書の言葉は,簡潔にこう表現しています。「これによって分かるように,主は,真心から主の聖なる名を呼ぼうとするすべての人に憐あわれみをかけられる。

まことに,これによって分かるように,天の門はすべての人に,言い換えれば,神の御子イエス・キリストの名を信じようとする人々に開かれているのである。

まことに,望む者はだれでも,神の言葉を手に入れることができるということも,わたしたちに分かるのである。この神の言葉は生きていて力があり,……狭くて細い道にあって,キリストの人を導き,また,彼らを,まことに彼らの不滅の霊を天の王国におられる神の右に至らせ……るものである。」1

愛する兄弟姉妹,「望むこと」こそ,神の言葉を手に入れ,幸福になるかどうかを決める鍵かぎだということを認識する必要があります。どんなことがあっても絶えず正しい決定をすることこそ,幸福に至る鍵なのです。

幸福とは,どれほど困難な状況にあろうと,いつも神の御心みこころを行おうとする,従順と勇気の結果もたらされるものです。預言者リーハイから警告を受けたエルサレムの民は,リーハイをあざけり,昔の預言者たちにしたように,命を奪おうとしました。預言者ニーファイはこう言っています。「主の深い憐れみは,信仰があるために主から選ばれたすべての者のうえに及び,この人たちを強くして自らを解放する力さえ与えることを,わたし……はあなたがたに示そう。」2

メキシコ北部で宣教師として奉仕していたとき,バルデス家族がバプテスマを受けました。その数日後,バルデス兄弟から電話で,家に来てほしいと言われました。大切な質問があるというのです。知恵の言葉に関する主の御心を知ったバルデス兄弟は,新しい仕事を見つけるのが難しいことを承知のうえで,長年勤めてきたたばこ会社の仕事を続けるべきかどうか,思い悩んでいました。数日後,バルデス兄弟からまた家に来てほしいと言われました。信仰に反することをしたくなかった彼は,意を決して仕事を辞めていました。それからほほえんで,仕事を辞めたその日に,ほかの会社からもっと良い待遇で働かないかと誘われたのだと,震える声で話してくれました。

そうです。信仰が試されるときに,幸福は見いだせるのです。主は,深い憐れみによって御自分を現され,人は幸福へ至る道の途上でそれに気づきます。人生に主の御手みてがあることが,はっきりしてきます。

幸福とは,心の状態です。喜びは,義にかなった生活の結果得られます。3

数年前,伝道部長として奉仕していたとき,妻のエベリアは,幸福を絵に描いたような場面に立ち会いました。ある忠実な家族が礼拝堂に入りました。母親と二人の幼い子供は,その日,質素な家から教会まで,耐え難いほどの暑さの中を,歩いて来ましたが,クルス長老に会えるとは思ってもみませんでした。しかし礼拝堂の中には,1年前,回復された福音のメッセージを伝えてくれた,あの献身的な宣教師がいたのです。このすばらしい再会によって,この家族は福音から得た大きな幸福を再確認しました。子供たちが駆け寄ってクルス長老を抱き締めると,彼の頬ほおを喜びの涙が流れました。母親は長老の手を握り締め,自分たちを祝福するために長老がしてくれたすべてのことに,心から感謝を述べました。確かに彼らは,聖徒のために用意され取っておかれた祝福を見いだしたのです。4

預言者ジョセフは言いました。「幸福こそ,わたしたちの存在する目的であり,わたしたちが意図するものである。わたしたちがそこに通じる道に従っていけば,最後に到達できるものである。その道とは,徳,公正,忠実さ,聖きよさ,そして神のすべての戒めを守ることである。」5

約束の地への旅は,長く,苦しく,30年もの間,神の戒めを忠実に守る努力が必要でした。6 モルモン書の,疲れを知らぬ預言者ニーファイは,その旅を終えた後で民の歴史を次のように要約しています。「そして,わたしたちは幸福に暮らした。」7

モルモン書の預言者であるベニヤミン王は,幸福を次のように定義しています。「……神の戒めを守る者の祝福された幸福な状態……。見よ,これらの者は物質的にも霊的にも,すべてのことについて祝福を受ける。」8

そうです。愛する兄弟姉妹の皆さん。すばらしい結果を得られるような生き方さえすれば,人生はすばらしいのです。信じる,望む,決意する,正義を選ぶという簡単な行為は,幸福を増してくれるだけでなく,この世の人生を超越した内なる確信を深めてくれるのです。

主御自身が今も招いておられるのを忘れてはなりません。「すべて重荷を負うて苦労している者は,わたしのもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう。」9主が生きて,今も戸をたたいておられるのを知っています。主は,預言者ジョセフ・スミスを通じて,御自分の教会と完全な福音を回復し,モルモン書を世に出してくださいました。現在も,御自分の教会と王国を,愛する預言者ゴードン・B・ヒンクレー大管長を通じて,導いておられるのです。

わたしの愛とささやかな証あかしを,主イエス・キリストの御名みなによりお伝えします。アーメン。