2000–2009
    夫婦宣教師と福音
    脚注
    テーマ

    夫婦宣教師と福音l

    夫婦宣教師の皆さんに心から感謝します。彼らの霊は若々しく,賢明で働く意欲にあふれています。

    ディーター・F・ウークトドルフ長老とデビッド・A・ベドナー長老を十二使徒定員会に心から歓迎します。わたしたちは祈りと一致の精神で主イエス・キリストに仕えます。

    今年は教会の責任を通して世界の様々な国を訪れました。中には教会が設立されて間もない国もありましたが,どの地を訪れても宣教師に出会います。彼らは驚くほど快活で,非常に効果的な働きをしています。目に見える生きた証人として,時満ちる時代にイエス・キリストの教会が回復されたことを証あかししているのです。主はおっしゃいました。「全世界に出て行って,すべての造られたものに福音を宣のべ伝えよ。」1この戒めは,イエス・キリストを証し,主のメッセージを教えるすべての宣教師の心に息づいています。

    宣教師といえば,シャツにネクタイ姿の青年や,つつましく装った若い女性を思い浮かべますが,熟年のすばらしい宣教師が,若者とともに働いています。彼らはもっと多くの夫婦宣教師が必要であるという預言者や使徒の要請にこたえて, 伝道に出たのです。2

    夫婦宣教師の皆さんに心から感謝します。彼らの霊は若々しく,賢明で働く意欲にあふれています。スペンサー・W・キンボール大管長の「歩幅を広げなさい」という勧告をもじって,「すり足で急ぎなさい」3 とからかう子供たちにさえ寛容です。愛すべき彼らは喜んで奉仕にいそしみ,人々を力づけます。4 たとえ現地の言葉を理解できなくても,彼らの働きは偉大であり,犠牲の精神は貴いものです。5

    夫婦宣教師の奉仕の模範

    例えば,ロイド・ポールマン長老と妻のキャサリン・ポールマン姉妹には,9人の成人した子供と,20人の孫がいます。彼らは今チリのへき地にある小さな支部で奉仕しています。二人はあまり活発でない会員や改宗して間もない家族のもとに頻繁に足を運びます。こうした訪問はこの夫妻にとって,人々と聖文を読み,神殿の祝福について証を述べる機会となります。また伝道部内の幾つかの支部では,音楽の指揮や,簡略化された賛美歌の伴奏を小さな電子オルガンを使って指導してきました。先日ポールマン長老と姉妹は手紙に次のように書きました。「パブテスマは改心に至るほんの第一歩にすぎません。バプテスマの興奮が冷め,改宗者が生活の糧を得るために長時間働き続けなければならない現実に再び直面するとき,福音の喜びを伝える人が必要です。わたしたちはそのためにいるのです。わたしたちの役割の一つは改宗者に寄り添い,彼らが喜びを失わないようにすることです。めったに教会に来ない会員もまだ証を失ってはおらず,メッセージを喜んで受け入れてくれます。訪問先の人々の生活に変化が表れるのを見るとき,この業のうえにいつも主の教えと助けが与えられることを祝福に思います。また同時に,故郷で待つ家族が,わたしたちを通して伝道の経験や特別な祝福を共有していることを知ります。」6

    このようなすばらしい夫婦が,かつてイエス・キリストの御名みなを受けるという聖約を交わした人々を再び教化する業に携わっています。

    また教会の聖なる神殿で奉仕する夫婦宣教師もいます。ケネス・ウィリッツ長老とバーバラ・ウィリッツ姉妹はガーナ・アクラ神殿で奉仕しています。彼らは20年以上前にやはり宣教師としてこの地で働き,ガーナの人々への特別な愛をはぐくみました。二人はともに改宗して50年を迎える,活力に満ちた熱心な教会員です。3人の子供と16人の孫,そして12人のひ孫がいます。神殿では昇栄に必要な儀式を施し,ウィリッツ兄弟は結び固めの儀式執行者として奉仕します。以前の伝道で知り合った会員と偶然神殿で再会し,喜び合ったことも何度かありました。先日儀式を施した夫婦は,1982年にウィリッツ夫妻が教えた人でした。他界した4人の子供たちも結び固められました。ウィリッツ長老と姉妹はこう書いています。「家族や家庭を後にして伝道に出たいという気持ちは,神殿で交わした聖約に端を発するものです。わたしたちの心からの願いは永遠の家族になることです。家族は伝道を十分に支えてくれます。そしてわたしたちが受ける数々の祝福を共有しています。人々が神殿の祝福を受ける手助けをする特権にあずかり,へりくだり感謝の気持ちでいっぱいです。」7

    ウィリッツ夫妻のような勇気と思いやりにあふれる夫婦が,世界各地の神殿の業を可能にし,実りあるものにしているのです。ガーナ・アクラ神殿のように,ほとんどの会員がこれまで神殿参入の機会にあずかっていなかった地域もあります。神殿宣教師として奉仕する経験豊かな夫婦によって,これらの会員のためいっそう多くの儀式が行われます。彼らに対しても心からの感謝を表します。

    今年の初めに,ダグラス・L・カリスター長老とウクライナの首都キエフを訪れました。旧ソビエト社会主義共和国連邦内で最初のステークを設立するためです。うれしいことに,ウクライナ・キエフ地方部はステークになる備えが十分にできていました。よく組織され,シオンのステークの一つに数えられる準備ができていたのです。そこで出会った宣教師の中に,忠実な年配の夫婦宣教師が何組かいました。わたしたちは彼らの話に熱心に聞き入りました。

    そのとき聞いた,ルディー・ヘゲバルド長老とエバ・ヘゲバルド姉妹の話を思い出します。彼らは旧東ドイツで育ちました。ドイツなまりがかすかに残る二人は,第二次世界大戦とそれに続くソ連占領下の時代の苦しかった日々を振り返り,奪われた多くのものについて話してくれました。主の真の教会に出会い,後にアメリカに移住できたことは二人にとって大きな祝福でした。移住後,5人の健康な子供を授かり,霊的にも経済的にも成長を遂げました。宣教師として奉仕することは主への感謝を示す良い方法であると考えた二人は,東ヨーロッパで伝道したいという強い希望を表しました。こうして二人はウクライナ・キエフ伝道部への召しを受けたのです。ヘゲバルド夫妻はこう書いています。「かつて敵であった国での伝道も終わろうとしています。ウクライナの人々に福音を教え,彼らを愛する機会に恵まれたことを感謝しています。主に仕えるとき,霊が癒いやされ,家族のきずながさらに強められました。ほんとうに満足できるすばらしい経験をし,たくさんの小さな奇跡を見ました。」8

    この3組の夫婦が皆,受けた祝福について書いていることに注目してください。別の夫婦は,宣教師として奉仕することにより得られる祝福についてこう書いています。「親切な人たちが,わたしたちのいない間ずっと立派に親の役目を果たしてくれます。……家庭内に祈りや断食でも解決できない問題があるのなら,伝道を考えるべきです。」9

    夫婦宣教師が家を空けるのは容易ではありません。ジョセフ,ブリガム,ジョン,ウィルフォードとて同じでした。彼らにも子供や孫があり,家族を愛することではだれにも引けを取らなかったのです。しかし主を愛し,主のために働くことを望みました。いつの日か,この神権時代を確立するために働いたこれらの忠実な人々に会うかもしれません。そのとき,晩年だったとはいえ,預言者から伝道の召しを受けたときに逃げ隠れしなかったことを喜ぶでしょう。

    1925年10月の総大会で,ヒーバー・J・グラント大管長は「健全な判断力を有する成人男性で,福音を宣べ伝えたことのある者は,出ていって伝道の業に携わるように」10と,高らかに呼びかけました。

    伝道の必要性は今も続いています。世界中の神権指導者を対象とした最近の訓練集会で,ゴードン・B・ヒンクレー大管長は同様の呼びかけを行いました。「もっと多くの夫婦宣教師が絶えず必要とされています。彼らは世界中ですばらしい働きをします。〔指導者の〕皆さんは夫婦が志願するのを待っている必要はありません。全時間を使って主に仕えることに伴う犠牲は,夫婦とその家族,そして彼らが仕える人々に豊かな祝福をもたらします。」11

    伝道の資格

    監督も預言者の呼びかけに従い,該当する教会員に奉仕できるか尋ねる必要があります。夫婦宣教師の奉仕の機会は多様で広範です。12彼らの召しは,職歴や言語経験,個人の能力などを祈りながら考慮した後,正式に決定されます。13様々な伝道の資格の中でも,最も大切なのは仕えたいという 望みです。主ははっきりとおっしゃいました。

    「おお,神の務めに出いで立とうとする人々よ,終わりの日に神の前に罪のない状態で立てるように,あなたがたの心と,勢力と,思いと,力を尽くして神に仕えなさい。

    あなたがたは神に仕えたいと望むならば,その業に召されている。」14

    多くの謙遜けんそんな末日聖徒が,自分は伝道の業にふさわしくないのではないかと恐れています。しかし伝道を考えているそのような人に対して,主は次の約束を与えておられます。「神の栄光にひたすら目を向けて,信仰,希望,慈愛,愛を持つ者には,その業に携わる資格がある。」15

    年齢や健康上の制限

    夫婦伝道を奨励する中で,伝道に出たいと願いながら,実行できない人が大勢いることに気づきました。年齢や健康上 の制限,家族の特別な必要を満たさなければならない場合には,現実的な対応が求められます。心の内が燃える一方で,そのような制限が存在するときには,ほかの人を介して奉仕を行うことができます。伝道資金を提供し,だれかが代わりに働けるようにするのです。また自宅を離れずに宣教師として時間と才能をささげる方法もあります。16主はそれぞれの働きを喜ばれ,それぞれが主の称賛を受けるでしょう。

    福音

    すべての人が言葉と行いによって福音を伝えることができます。福音とは「良い知らせ」,すなわち主イエス・キリストとその救いのメッセージです。17イエスは福音を,御自身がこの世で遂行した使命と務めの両方と見なしておられました。イエスは御自身の使命についてこうおっしゃいました。

    「わたしがあなたがたに告げた福音とは,次のとおりである。すなわち,父がわたしを遣わされたので,わたしは父の御心みこころを行うために世に来た。

    父は,わたしが十字架に上げられるようにと,わたしを遣わされた。」18

    救い主のこの世での使命は,贖あがないとして知られています。

    そして救い主のこの世での務めは,主が行われたそのほかのすべてのことを含みます。教えを説き,愛を示し,儀式を重んじ,祈りの方法を教え,堪え忍ばれたことなど,ほかにも多くあります。主は生涯を通じて模範を示し,御自身の務めについて語られたときに,その模範を福音に等しいものと見なされました。「以上がわたしの福音である。……わたしがするのを見たその行いを,あなたがたもしなさい。」19したがって,信仰,悔い改め,水と火と聖霊によるバプテスマ,選民の集合,最後まで堪え忍ぶことなどは,すべて福音の一部なのです。20年齢,状況,居住地にかかわらず,すべての人が主に倣ならうことができます。

    「全世界におけるキリストの名の特別な証人」21の一人として,キリストが生ける神の御子であり,救い主,贖い主であられることを宣言します。この教会は御心を果たすために末日に回復された主の教会です。ゴードン・B・ヒンクレー大管長は現代の主の預言者です。これらをイエス・キリストの御名みなにより証します。アーメン。