2000–2009
預言者ジョセフの使命への不朽の証
脚注

Hide Footnotes

テーマ

預言者ジョセフの使命への不朽の証あかし

預言者ジョセフは,信仰をもってよく堪え忍ぶことについての模範であり,教師です。ジョセフを……主に召された回復の預言者として感謝し,愛しています。

力一セージで殉教する前夜,預言者ジョセフ・スミスは看守に証を述べました。モルモン書が神から授けられた真実の書物であること,天使の働きが現実のものであること,また神の王国が再びこの地上に設立されることについての証でした。

その夜,看守のうち祈りをささげた人が,はたして一人でもいたのでしょうか。聖霊は,この驚くべきメッセージが真実であると伝えようとしておられたはずです。御霊みたまの証を受ければ,看守たちは,自分がバプテスマを請い願うべき立場にあることが理解できたでしょう。そして,計り知れないほどの価値を有する聖霊の賜物たまものを授かることもできたはずです。その賜物があれば,すべてのことの真理を知ることができるのです。その夜,一人でも,あの祝福に至る唯一の道のすぐそばに自分が立っていることを理解した人がいたのでしょうか。その道をたどれば,来るべき世で救い主にまみえ,喜びに満たされて救い主の御顔みかおを拝し,「祝福された者よ,わたしのもとに来なさい。わたしの父の住まいには,あなたのために用意された場所がある」1 という言葉を救い主から頂けるのです。

だれにでも愛する人がいます。その人たちのことを今考えてみてください。それは自分の子供や孫かもしれません。夫や妻が頭に浮かぶかもしれません。今福音を教えている人かもしれません。友達かもしれません。皆さんはこのような人たちが,先ほど引用した言葉をいつの日か主から直接かけていただける時が来るよう,心の底から願っていることでしょう。しかし,そのような祝福にあずかるには,預言者ジョセフがカーセージで述べた証と同じ証を,試しの生涯の間中ずっと心に燃え立たせておかなければなりません。まさにジョセフが人生を通して行ったとおりです。

まず始めに,わたしたち峠愛する人たちに,目撃者の証言を伝えることができます。主は御自身がなされたことを証明させるために,ジョセフとともに証言する人を備えられました。天が開かれたときに,ジョセフとともにその場にいた人々です。

オリバー・カウドリは,教会が組織された後に初めて迎えた日曜日に,初めて伝道を目的とした説教をしました。その後,伝道に赴き,自分の目で見,自分の耳で聞き,自分の手で触れて得た知識について宣言しました。ほかの二人とともに証に署名しました。この3人は,決してその証を否定しませんでした。彼らの証はモルモン書のはしがきに記されています。

「この書物を手にするすべての国民,部族,国語の民,民族にこのことをお知らせする。わたしたちは,父なる神と主イエス・キリストの恵みによって,この記録が記されている版を見た。これはニーファイの民と,その同胞はらからであるレーマン人と,聖典に述べられているあの塔から来たヤレドの民についての記録である。また,その版が神の賜物と力によって翻訳されたことも知っている。神の声がわたしたちにそのことを宣言されたからである。したがって,わたしたちはこの書物が真実であることを確かに知っている。また,その版に刻まれている文字を見たことと,それがわたしたちに示されたのは人の力ではなく神の力によることを証する。また,一人の天使が天から降くだって来て,携えて来たその版を目の前に置いたので,わたしたちはその版とそれに刻まれている文字を見たことを謹んで言明する。目で見て,これらのものが真実であると証するのは,父なる神と主イエス・キリストの恵みによるものであることを知っている。これはわたしたちの目に驚くべきことではあるが,主の声がこのことを証するようにわたしたちに命じられたので,わたしたちは神命に従ってこのことを証する。わたしたちは,キリストにあって忠実であれば,すべての人の血をわたしたちの衣から取り除いて,キリストの裁きの座で染みがないと認められ,キリストとともに天に永遠に住めることを知っている。一つの神である御父と御子と聖霊に誉れがあるように。アーメン。

オリバー・カウドリ

デビッド・ホイットマー

マーティン・ハリス」2

皆さんの愛する人たちは,3人の証人が目にし,耳にした物的証拠以上のものを得ることができます。3人の証人も実はさらにすばらしい証拠----わたしたち全員が必要とする証拠----を得ていました。すなわち,思いと心に,自分たちが見聞きしたことが真実であるという聖霊の証を受けていたのです。御霊は3人に告げました。一一「あなたたちに現れた天使は神から遣わされた者です。」一「あなたたちが聞いた声は主イエス・キリストの御声みこえです。」同じ御霊の証は,3人の証人にだけでなく,その場にいなかった多くの人にも与えられました。聖霊を伴侶はんりょとする資格があるならば,わたしたちにも同じ証が与えられ,しかも永遠にその証を保つことができます。

3人の証人はモルモン書の証を決して否定しませんでした。真実であると知っていたからです。想像を絶するような犠牲を払い,困難な目に遭いました。オリバー・カウドリは死の床に伏しているときでさえも,モルモン書の神聖な起源について揺るがぬ証を述べました。確かに,試練のときに彼らの信仰は揺らぐことがありました。ジョセフが神の預言者であり,救い主のみもとに帰る唯一の道は回復された主の教会にしかないという信仰は,揺らいだこともありました。しかし教会やジョセフから離れていた長い年月の間も,直接目にし,耳にしたあの驚嘆すべき経験:を証し続けました。そのためいっそう,彼らの証は力強いのです。

敵対や苦難という厳しい試練に遭った当時の人々に,主は,3人の証人のような物的証拠ではなく,御霊の証を与えられました。ブリガム・ヤング,ジョン・テーラー,ヒーバー・C・キンボール,そのほか多くの聖徒たちは,自分の証に常に忠実でした。信仰を貫き通せたのは,聖霊を伴侶とし,主のみからもたらされる,燃えるような証がなくならないように代価を払ったからです。

そのため彼らは,御霊が「神は生きておられます」「イエスはキリストです」「ジョセフは御二方の預言者です」とささやかれた過去の記憶以上の何かを得ていました。彼らはまた御霊のささやきから得た平安や喜びという思い出以上の何かを持っていました。聖霊を伴侶とする資格を有していたために,どのような状況にあっても,どれほど困難に遭遇しても,次のように証できたのです。「そのとき,それを知りました。真実だと感じました。そして今でもそう感じています。」

彼らはそのような証をいつも輝かせ活気に満ちたものとするために,簡単なことを幾つか実行していました。わたしたちも愛する人々に同じことをするよう教えることができます。そのことを,信仰をもって実行するなら,聖霊を常に伴侶とすることができるのです。また,愛する人たちに,信仰をもって祝福を願い求めるならば,御霊が真理を証してくださり,喜びと平安を感じることができると約束できるのです。

ところで,御睾にかかわる事柄を教えるには,模範と証が最も効果的です。わたしは,両親が聖霊について何を教えてくれたかは,あまり覚えていませんが,聖霊の影響を家庭に招くために様々なことを行ってくれたことと,二人のそのような姿を見たときに抱いた気持ちは忘れません。模範と証によって教えるためにできることを幾つかご紹介しましょう。この方法に従って教えるならば,主が皆さんの愛する人の思いと心に,真理を証する御霊を送ってくださるという自信を持つことができます。

御父に対する信仰をもって,イエス・キリストの御名を通して祈ることを教えてください。オムナイ書にこのことに関する約束が記されています。

「ところで,わたしの愛する同胞よ,わたしはあなたがたがイスラエルの聖者であるキリストのもとに来て,キリストの救いと,キリストの贖あがない力にあずかるように望んでいる。まことに,キリストのもとに来て,自分自身をキリストへのささげ物としてささげ,断食と祈りを続け,最後まで堪え忍びなさい。そうすれば,主が生きておられるように確かに,あなたがたは救われるであろう。」3

若いジョセフ・スミスは,そのような祈りをささげる方法を示しています。ジョセフはヤコブの手紙の中に記されている約束を信じました。4そして,祈れば答えを受けられるという信仰を胸に,森の中に入って行きました。ジョセフはどの教会に加わるべきか知りたかったのです。ジョセフは従順であり,命じられたことをすべて行う備えができていました。ジョセフは祈る前からすでに従おうと決意していました,そして,わたしたちもそうしなければなりません。

ジョセフは命じられたことを行うために,自分のすべて,最終的には命をもささげるよう求められました。ジョセフは24年にわたって堪え忍びましたが,その間も絶えず,子供のような信仰と謙虚な思いを胸に祈り続けました。わたしたちも愛する人々に,前もって従おうと決意して祈るよう教えることができます。そうすれば聖霊を伴侶とすることができると約束できるのです。預言者ジョセフ・スミスを通じてもたらされた聖文を読む度に,読者は御霊によって聖文が真実であるという証を得ることでしょう。さらに御霊によって,神が預言者を通して語られたことが再確認できるでしょう。

毎日聖文を読み,その意味を深く考え,しかも御霊から教えを受けるという信仰を持ちながら考えるように教えてください。今こそ,ジョセフ・スミスが翻訳した聖文の言葉に耳を傾けてください。なすべきことについて今教えが与えられると期待してください。そうすれば聖文を学ぶ方法や,愛する人たちに聖文の学習方法をどのように教えたらよいかについて,霊感を受けることでしょう。

「したがって,あなたがたはこれからもキリストを確固として信じ,完全な希望の輝きを持ち,神とすべての人を愛して力強く進まなければならない。そして,キリストの言葉をよく味わいながら力強く進み,最後まで堪え忍ぶならば,見よ,御父は,「あなたがたは永遠の命を受ける』と言われる。」5

預言者ジョセフは,聖文を味わうとはどういう意味か教えてくれました。モルモン書は「人〔が〕その教えを守ることにより,ほかのどの書物にも増して神に近づくことができる」6 書物であると言いました。この書物を通して主に近づき,主をもっと愛するようになるのです。それこそモルモン書ヤコブ書第3章2節に記された約束なのです。

「おお,あなたがた,心の清いすべての人よ,頭を上げて,喜びをもたらす神の御言葉みことばを受け入れ,神の愛をよく味わいなさい。あなたがたの思いが確固としていれば,とこしえにそうすることができるからである。」

皆さんも,皆さんの愛する人たちも神の御言葉に従うことによって神の御言葉を授かります。そうすることによって彼らは神の愛を感じることができます。これこそが聖霊の賜物のもたらす最も大きな祝福の一つです。この愛を感じるときに,自分が神の目にかなった道を歩んでいることが分かります。これがモルモン書に記されているおいしい実を味わうということなのです。7

愛する人たちに,神の王国を築くために犠牲を払うよう教えてください。そのような犠牲を払うときに御霊の証が得られます。預言者ジョセフは,はるか昔の預言者がわたしたちの時代のために残したすばらしい約束を翻訳してくれました。

「その日,わたしのシオンを起こそうと努める者は幸いである。彼らは聖霊の賜物と力を受けるであろう。また,彼らは最後まで堪え忍ぶならば,終わりの日に高く上げられて,小羊の永遠の王国に救われるであろう。また平和を告げて広め,まことに大いなる喜びのおとずれを告げる者は,山の上にあって何と麗しいことであろう。」8

この約束を受ける権利はだれにでもあります。どんなに若く経験の浅い会員でも神の王国を築こうと努力することができます。シオンを構成するのは個人であり家族です。個人や家族の信仰が増せば増すほど,神の王国はより強固になっていきます。わたしたちはそのために毎日努力することができます。どれほど小さな行為であれ,一人のあるいは家族の信仰を築こうとするときに,聖霊の賜物や力を受ける資格があります。聖霊は真理について証されます。ですから,奉仕するときに,イエスがキリストであられ,天の父なる神が生きていてわたしたちを愛しておられること,またジョセフが彼らの預言者であったことに対する信仰は深くなります。皆さんはそうなることを期待することができます。ホームティーチャー,家庭訪問教師,あるいは友人として,信仰を築くためにある家庭を訪問するときにはいつでも,そうなることを期待してよいのです。

教会で奉仕してもそのような祝福を感じない入がいるかもしれません。しかし,それは形式面にとらわれていて,神の王国において神の子供たちに「平和を告げて広め,まことに大いなる喜びのおとずれを告げる」栄光に満ちた機会であるということを忘れているからです。奉仕に対してこのような正しい見方ができるなら,終わりの日に高く上げられるばかりか,道中度々元気づけられ,励まされることでしょう。さらには御霊からこの教会が末日に回復された主の王国であるという証を得ることでしょう。

皆さんの愛する人たちに,人に仕え,愛するよう教えてください。そう教えるときには,御霊が注がれます。預言者ジョセフも人を愛するよう教え,自らその教えに従いました。ジョセフの愛情の深さについては多くの記録が残っていますが,わたしが最も感銘を受けたのは,ジョセフが亡くなる前夜,カーセージの監獄での話です。ジョセフに同行した人物の中に,ダン・ジョーンズがいました。預言者は暴徒が何をしようとしているか察知していました。殻にこもり,自分のこと,自分に及ぶ危険のことを考えるのが当然のような状況でした。しかし,ジョセフは逆に外に目を向け,人を慰めようとしたのです。

全員が寝静まったと思われるころに,ジョセフはダン・ジョーンズにささやくような声で話しかけました。「死ぬのが怖くはありませんか。」ダンは答えました。「もうその時が来たのでしょうか。大義のために生きているのですから,それほど怖いとは思いません。」ジョセフは答えました。「あなたはウェールズを訪れ,与えられた使命を果たすまで死ぬことはないでしょう。」9

ダン・ジョーンズは生き長らえ,ウェールズで宣教師として働きました。そして何千というウェールズの改宗者がシオンへ移住しました。その中に歌の才能のある人々がいました。彼らが所属した聖歌隊から,後にタバナクル合唱団が生まれたのです。合唱団の歌を聴くときに,預言者ジョセフの患実な友人であったダン・ジョーンズのことを思い出していただければと思います。ジョセフは自分が慰めを必要としていたときに,人を慰めました。愛する人たちにこのことを忘れないようにと教えてください。主を信頼しながら人を慰める人に,主は慰め主を送ってくださいます。勺ジョセフはこの慰め主,すなわち聖霊により,預言者として愛と励ましを与える力を授かりました。

ジョセフは親切で愛に満ちた行いを通して,モルモン書の次の言葉が真実であることを教えたのです。「したがって,最も大いなるものである慈愛を固く守りなさい。すべてのものは必ず絶えてしまうからである。

しかし,この慈愛はキリストの純粋な愛であって,とこしえに続く。そして,終わりの日にこの慈愛を持っていると認められる人は,幸いである。」10 

わたしにとって預言者ショセフは,信仰をもってよく堪え忍ぶことについての模範であり,教師です。ジョセフを礼拝しているわけではありませんが,主に召された回復の預言者として感謝し,愛しています。ジョセフは,従おうという決意をもって祈ることができるよう,わたしを助けてくれました。ジョセフのおかげで,神の御言葉と愛をもっと味わうことができます。ジョセフのおかげで,主の王国においてだれかの信仰を築くのを助けるときに,より頻繁に聖霊を感じることができます。また預言者ショセフについて知っているおかげで,また彼を通じて明らかにされた聖文のおかげで,援助の手を差し伸べようとするときに,神がその子供たちに抱いておられる愛や,わたし自身を愛してくださっていることを,もっと頻繁に感じることができます。

願わくは,わたしたちも,愛する人たちも,回復されたイエス・キリストの福音と主の王国に,信仰を持ち続けることができますように。聖餐せいさんを受けるときに約束を交わすように,常に主を覚えることができますように。そうして,主の御霊が常にともにありますように。家庭の夕べを行うときに,宣教師と求道者の話し合いに参加するときに,また集まって主を礼拝するいついかなるときにも,行いと言葉と人格により,聖なる御霊を招くことができますように。

神が生きておられることを証します。イエス・キリストが生きておられること,イエス・キリストが救い主であられることを知っています。この教会は主の教会です。ジョセフは神の預言者でした。ゴードン・B・ヒンクレー大管長は現在の神の預言者です。わたしはこのことを御霊によって知っています。御霊はこれらのことが真実であるとわたしに告げておられます。イエス・キリストの聖なる御名により証します。アーメン。