2000–2009
確固として力強く進む
脚注

Hide Footnotes

テーマ

確固として力強く進む

将来の姿を心に描くくことで,力強く進むことができます。聖霊は,皆さんが確固として立てるように助けを与えてくださいます。また救い主に対する証を通して、皆さんは完全な希望の輝きをもって進むことができるのです。

デンマーク,コペンハーゲンの港には,クリスティーナという名の若い女性のブロンズ像があります。クリスティーナはシオンの聖徒の群れに加わるという願いを込めて,海のかなたを見詰めながら立っているのです。向かい風が激しく吹きつけていますが,クリスティーナは顔を背けません。非常に困難ではあっても,自分が正しいと信じる目標に向かって,確固として力強く進んでいるのです。わたしはこの像が好きです。なぜなら,クリスティーナは,わたしの高祖母こうそぼの姿を象徴しているように思えるからです。高祖母は,強い反対に遭いながらも教会に入る道を選んだデンマーク人です。高祖母の勇気と証あかしに感謝しています。当時の彼女の選択は,わたしの永遠の行く末に影響を与えるにとどまらず,子孫全体の行く末を決めることになったのです。

ニーファイはモルモン書の中で,わたしたちに力強く進むよう呼びかけました(2ニーファイ31:20)。それは単なる勧告以上のものでした。力強く進まな1プればならないと言ったのです。ニーファイは恐らくクリスティーナのように,確固とした個人の選択が子孫に影響を与えることを理解していたのでしょう。エルサレムに帰って,ラバンの版を持ち帰るように父親から言われたとき,ニーファイはこのように言いました。「まことに,これらの記録を手に入れるのは,神の知恵です。そうすれば,先祖の言葉を子孫に残すことができる……のです。」(1ニーファイ3:19;強調付加)まだ結婚について何の見通しもなかったにもかかわらず,ニーファイは将来自分が持つ家族について考えていました。荒れ野には,ニーファイの家族以外だれもいなかったことを思い出してください。ニーファイは天の家に帰る方法を見通していたばかりでなく,現世で必要とするものをすでに心に抱いていたのです。

救い主は,皆さんの将来の姿を心に描いておられ,わたしたちがそれをかいま見,理解できるように助けてくださいます。皆さんは,主の愛娘あいむすめなのです。主は皆さん一人一人を御存じであり,皆さんの人生のために計画を用意しておられるのです。そして皆さんがふさわしい生活をするなら,主の御霊みたまがいつもともにあることを約束してくださっています。

デンマークの埠頭ふとうで,クリスティーナに激しく吹きつける向かい風のように,皆さん一人一人がこの世の試練に立ち向かう時が来るでしょう。「力強く進む」とは,立ち向かうことを意味します。聖文には,前に歩く,前に動く,あるいはただ単に前進するとは書かれていません。力強く進むと記されているのです。力強く進むためには,どこに向かって歩いているのかを知る必要があります。聖霊は,皆さんが確固として立てるように助けを与えてくださいます。また救い主に対する証を通して,皆さんは完全な希望の輝きをもって進むことができるのです。

数年前,夫とわたしはボストンマラソンへの出場資格を得ました。大会前夜,レースを完走したときの姿をイメージするために,ボストンの市街地,ゴールの1マイル(約16キロ)手前辺りを訪れました。夜の静けさの中で,わたしたちはランニングシューズに履き替え,その1マイルを走りました。フィニソシュラインを越えたとき,わたしたちは両手を高く上げ,まるでレースに勝利しだかのように振る舞いました。そして観客席の数千人の観衆が声援を送ってくれている様子を想像してみたのです。翌日,大会に出場しました。262マイル(413キロ)の道のりは過酷です。心臓破りの丘という名にふさわしい登り坂が続き,その坂道を走っている間中,わたしはあのフィニッシュラインのことを心に描き続けました。そして前夜,フィニソシュラインを通過して勝利したときの気持ちを抱き続けたのです。ゴールでの自分の姿を想像することで,ニューイングランド特有の雨と大風の中でマラソンを完走することができました。

将来への姿を思い描くことは,力強く進むうえで大きな助けとなります。少し時間を取って,1年後,2年後,あるいは5年後の自分がどこにいるか想像してみてください。それから,その目標に向かって準備を始めるのです。何の準備もなしにマラソンに参加する人はいません。毎日練習し,262マイルを走り抜くための持久力と忍耐力を少しずつ養い続けるのです。人生も同じです。祈りと聖文の研究を毎日続けることで,目標に到達するための助けが得られます。日々の選択が,子孫に影響を及ぼすのです。

メリソサはセミナリーを通して,自分がなりたいと思う若い女性について心に描くことができました。メリッサは教会の会員ではありませんでしたが,友人と一緒にセミナリーに参加したのです。そして18歳になったとき宣教師から学びました。メリソサは,教えられたことが真実であるとすでに理解していたのです。メリッサのバプテスマ会は御霊にあふれたすばらしいものでした。友人や家族だけでなく,メリッサの将来の家族もその場にいるかのように感じられたのです。監督は,メリッサの将来の家族が「お母さん,ありがとう」と言っている声が聞こえるようだと述べました。

メリソサと同じように,皆さんもバプテスマの聖約を交わしています。聖約を守ることで,聖霊の導きを得ることができます。聖霊は皆さんを守り,強めてくださいます。また,「あなたがたがなすべきことをすべて」教えてくださるのです(2ニーファイ32:5)。この賜物たまものによって,皆さんはこの世のものとは異なった存在となるのです。

標準を守るときに,皆さんがいろいろな抵抗を受けることを知っています。テネシー州とアーカンソー州の若い女性たちが,信仰のゆえに自分たちの直面した試練について話してくれました。ハイチで会った若い女性もまた,聖約を交わした若い女性にとってふさわしくない活動に参加するよう日々プレッシャーを受けています。けれども,若い女性たちの目には,福音による希望の輝きがあります。彼女たちは聖霊の「静かな細い声」に耳を傾け(列王上19:12),その促しに従い,確固として立っているのです。

聖霊は,皆さんが将来について決断するときにも導いてくださいます。わたしの知っているもう一人の若い女性は,背の高いハンサムな若い男性と交際していました。彼は高校のバスケットボールチームの花形選手で,3年生の学年委員長でした。お互いの将来について話し合ったとき,この若い女性は,ずっと以前から帰還宣教師と神殿で結婚することに決めていると伝えました。この男性は伝道を計画していなかったので,そのことについて何も触れませんでした。次の年のクリスマスに,彼女はこの若い男性から小さなプレゼントを受け取りました。包みを開くと,中にはこの男性の伝道の召しを知らせる神の預言者からの手紙があったのです。彼女の義に満ちた影響力によって,この男性は重大な決意をすることができました。

皆さんも,周りにいる若い男性に「もう少し高き道を目指し,もう少し良い人間にな〔る〕」よう感化することができます(ゴードン・B・ヒンクレー「すばらしい生き方を求めて」『リアホナ』1999年9月号,8)。若い男性が栄光ある伝道のために備え,伝道に出るように助けることができるのです。また,彼らが道徳的な清さを保ち,誇りをもって神権を行使することができるよう助けられるのです。皆さんの義にかなった力は,若い男性の人生のみならず,その子孫の人生に至るまで永遠にわたって影響を及ぼします。

娘のエミは15歳のとき,ある決心をしました。ある朝わたしは,エミがモルモン書のアルマ書第48章を開いたままにしているのに気づきました。エミは司令官モロナイを描写する聖句に印を付けでいました。「モロナイは屈強で勢いのある人であり,完全な理解力を備えた人であり,……確固としてキリストを信じた人であ〔った。〕」(11,13節t)

余白にはエミの書き込みがありました。「わたしはモロナイのような男性と結婚したい。」7年後にそれは実現したのです。聖文を読み,聖霊の促しに耳を傾ける中で,エミは将来の伴侶はんりょに対する展望を得たのです。また,救い主と「偉大な幸福の計画」について理解するようになりました(アルマ42:8)。

聖文を読むとき,皆さんは救い主が世の光や命以上の御方であることを理解するようになるでしょう。救い主は唯一の希望の光です。救い主を通して,皆さんは天の御父とともに暮らすという希望を持つことができます。救い主を通して,皆さんは悔い改め,確固として進むうえで妨げとなるものを克服することができるのです。救い主を通して,向かい風が激しく吹きすさぶときでさえ確固として進む強さと勇気を得ることができるのです。

皆さんはクリスティーナのように,埠頭に立って困難な選択に直面する必要はないかもしれません。またマラソンコースの急な坂道を確固として進むこともないと思います。けれども,永遠にわたって影響を及ぼすような選択に直面することでしょう。将来の姿を心に描くことで,力強く進むことができます。聖霊は,皆さんが確固として立てるように助けを与えてくださいます。また救い主に対する証を通して,皆さんは完全な希望の輝きをもって進むことができるのです。

行く手には急な上り坂があるかもしれません。しかし,主であり救い主であるイエス・キリストは,一歩一歩ともに歩むと約束してくださいました。現在ほど,確固として力強く進むことが重要となる時代はありません。

ニーファイとともにわたしはこう申し上げます。「したがって,あなたがたはこれからもキリストを確固として信じ,完全な希望の輝きを持ち,……力強く進まなければならない。そして,……力強く進み,最後まで堪え忍ぶならば,……御父は,『あなたがたは永遠の命を受ける』と言われる。」(2ニーファイ31:20;強調付加)イエス・キリストの御名みなによって,アーメン。