わたしに学びなさい
戻る 次へ

わたしに学びなさい

D・トッド・クリストファーソン長老との夕べ

CES宗教教育者へ向けた説教・2018年1月26日,ソルトレーク・タバナクル

今晩皆さんとご一緒できることに感謝しています。教会の運営する学校や単科大学,総合大学で若い世代を対象にしたセミナリーやインスティテュート,宗教教育の教師を務める方々に,愛と感謝の言葉を贈りたいと思います。皆さんを愛しています。皆さんのすばらしい働きに感謝しています。ご家族に感謝し,ご家族が皆さんを支えてくださることに感謝します。教わる側である青少年やヤングアダルトにとって,皆さんは大きな祝福となっています。

今晩わたしは,生徒がイエス・キリストの福音を深く学べるよう助ける皆さんの努力に役立つような話をしたいと思っています。福音を深く,全身全霊で学ぶという経験をするために,生徒は3つのことを行う力をつけなければなりません。

  1. 頭と心で福音を知り,理解する。

  2. その知識に基づいて,効果的で義にかなった行動が取れる能力を伸ばす。

  3. キリストのような属性と人格を身につけて天の御父と御子イエス・キリストに似た者になる。

主イエス・キリストは,深く学ぶよう,二つの聖句で呼びかけておられます。最初の聖句はマタイによる福音書第11章28から29節です。「すべて重荷を負うて苦労している者は,わたしのもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう。わたしは柔和で心のへりくだった者であるから,わたしのくびきを負うて,わたしに学びなさい。そうすれば,あなたがたの魂に休みが与えられるであろう。」1

2番目の聖句は教義と聖約第19章23節です。「わたしに学び,わたしの言葉を聴きなさい。わたしの御霊の柔和な道を歩みなさい。そうすれば,あなたはわたしによって平安を得るであろう。」2

どちらの聖句でも,主は「わたしに学びなさい」と呼びかけておられます。何年も前にニール・A・マックスウェル長老が述べたように,この呼びかけは主イエス・キリストの贖いの力に根ざしたものであり,深く学ぶようにという勧めです。マックスウェル長老はこう言っています。「イエス・キリストと贖罪に関する聖句をわたしたちに当てはめることができる具体的な方法が,たくさんあります。しかし,すべては概念の天蓋とも言える次の聖句に包含されています。『わたしのくびきを負うて,わたしに学びなさい。』3事実,深く学ぶにはほかに方法がないのです。」4

深く学ぶ唯一の方法は,主の方法です。つまり,聖霊の力を通した啓示と霊感,活発で熱心な研究と努力,そして,イエス・キリストの恵みにあずかりながら互いに教え合うことによって,学ぶのです。5

ですから,「わたしに学びなさい」という救い主の呼びかけには,主の深く学ぶ方法と見事に一致する,相互に関係し合った二つの意味があるのです。

まず最初の意味は,「わたしを知るようになりなさい」ということです。

主を信じる信仰を持ち,主に頼って悔い改め,主の赦しと贖いの力を求め,主の戒めを守ることによって,わたしたちはイエス・キリストを知るようになります。キリストを知るとは,キリストによって生まれ,大きな心の変化を経験し,キリストの息子および娘となることです。イエス・キリストを知るようになると,心と思いが開いて聖霊の力をよく受けられるようになり,主の愛がはっきりと分かるようになります。

そして二つ目の意味は,「わたしから学びなさい」ということです。

主イエス・キリストは,わたしたちにまさに必要なものを御存じです。その知識と理解力,知恵と人格はすべて完璧で,非の打ち所がありません。聖文を熱心に読むとき,キリストの完全な模範から学びます。キリストはあらゆる神の属性と人格を備えた御方ですから,わたしたちは,キリストを中心にして福音を研究するべきです。キリストを知るようになるにつれてキリストから深く学べるよう助けると,キリストは約束しておられます。もちろん,わたしたちはイエス・キリストを信じる信仰をもって自分のなすべきことを行わなければなりませんが,それを行うならば,聖霊によってわたしたちに知識を与え,わたしたちの理解を速めるとキリストは約束しておられます。わたしたちが義にかなったことを行う能力を伸ばし,キリストに似た者になれるよう助けると約束しておられるのです。これが,深く学ぶということです。

これらが真実であることを,皆さんもわたしも知っています。わたしたちが忠実であれば,主は生涯にわたって教えに教え,訓戒に訓戒を与えて教えてくださいます。

愛する兄弟姉妹の皆さん,救い主が御自身から学ぶよう呼びかけておられることを心に留めてください。その呼びかけに応じるならば,皆さんは深く学ぶようになり,深く学ぶよう生徒たちに教えるようにもなるでしょう。また,この永遠の真理について自分の経験から証するようにお願いします。皆さんが主を知り,主から学んだことを自分の経験から証するならば,それを聴く生徒にはとても力強いものとなるでしょう。

では,自分自身の経験から得た証を述べて,わたしの話を終わります。わたしは神が生きておられること,イエスがキリストであられることを知っています。わたしは,自分自身の経験と,聖霊の啓示によって,救い主の愛と,救い主の贖いの力を知っています。主イエス・キリストから教えていただくのは,謙遜になる機会であり,喜びです。キリストの約束が成就することを証します。深く学ぶことは実際に可能であり,わたしたちの特権です。それは,わたしたちの大切な生徒たちの特権でもあります。イエス・キリストの御名により証します,アーメン。