マスター教義

原則と望ましい結果
浜辺で聖文を読む少年

霊的な知識を得て教義を修得できるようにするために,神が定められた原則に生徒が従えるよう助ける。

原則

  • 真理を学び理解するために天の御父が定められた原則と規範に従うとき,生徒が霊的な知識を習得し,疑問点に対応するためのより良い備えができる。
  • 救い主の教義を理解し,信じ,生活に応用することにより,生徒はイエス・キリストに対する改心と従う決意を深め,悪魔の影響から守られ,人々の生活を祝福する備えがさらによくできるようになる。

望ましい結果

宗教教育セミナリー・インステチュート(S&I)の指導者と教師が以下のことを行う:

  • すべてのマスター教義の教材に完全に精通する。
  • マスター教義に関して,次のような結果を引き出す計画を評価し,改善する。
    • 霊的な知識を獲得し,信仰をもって行動することにより質問に答え,永遠の観点から概念や問いを検証し,神が定められた情報源からさらなる知識を得るための,神聖な原則を学んで応用する。
    • イエス・キリストの福音の教義とその教義を教えている聖句に精通する
  • 生徒たちの質問に答える際は,引き続き,人々が霊的な真理を得るのを助けるための原則や技法を取り入れていく。

生徒が次のことを行う。

  • 霊的な知識を得るために神の原則を学び,応用する。
  • 教義のテーマ,教義の鍵となる文,および関連するマスター教義聖句を使いこなす(セミナリーにおいて。役立ち,適切であると教師が感じた場合にはインスティテュートでも)。
  • 各マスター教義のテーマに関連した練習問題で霊的な知識を得るための原則を復習して実践する(セミナリーにおいて。役立ち,適切であると教師が感じた場合にはインスティテュートでも)。
  • (クラスの内外で)霊的な知識を得るための原則を活用して自分の抱いている疑問の答えを見いだしたり,決断を下したりする。

『マスター教義に関する基本文書』ここから利用できます。

以前の原則と望ましい結果:2016年

マスター教義ホームページに戻って関連リソースを利用する。