指導者を対象に教える

指導者を対象に教える


 

指導者としてどのような機会に人々に教えなければならないでしょうか。

教えることは,教会の指導者として責任を果たす上で,最も重要なことの一つです。正しい模範を示し,教会の方針と手順に沿って福音の原則について直接教会員に話すことによって教えます。

指導者会で福音を教えます。時間が限られているので,この会議で教える内容を注意深く計画してください。時には短い霊的な事柄を教えるに留まることもあります。福音に関する話し合いで,参加者がグループの司会をするように依頼されることもあります。

面接において,人々に福音を教えます。入念な聖典学習をしていると,面接の最中に御霊の導きがあり,ある聖文を使って人に教え,慰めを与えるように導かれます。

教会指導者としてあなたに与えられている責任の一つに,あなたが所属する組織の教師を指導し,彼らの義務を教え,努力し改善する助けを与えるという責任があります。

研究すべき聖句

マタイ9:35;使徒行伝5:42;教義と聖約42:1443:8-950:17-2484:85モーセ6:23

あなたにできること

  • 指導するときに聖典から教えられるように,普段から聖典を研究してください。
  • 教えるべき聖文や福音の原則について証を述べてください。
  • あなたの指導を受けている指導者や教師が行っている良い事柄を挙げて感謝を述べてください。