中央幹部ならびに中央役員

テレンス・M・ビンソン長老

七十人会長会

テレンス・M・ビンソン長老は2013年4月6日,末日聖徒イエス・キリスト教会の中央幹部七十人として支持されました。この召しを受けたときは,太平洋地域で七十人第八定員会会員として奉仕していました。中央幹部に召された後,5年間アフリカ西地域会長会で奉仕し,最後の2年は地域会長を務めました。2018年8月1日,ビンソン長老は,七十人会長会の一員として指名されました。現在は十二使徒の内の3人と共に働き,北アメリカ南東,アフリカ南東,アフリカ西地域の監督をする責任にあります。

1974年,ビンソン長老はシドニー大学で数学と統計学の学士号を受けるとともに,シドニー教員養成大学から教育・教授学の卒業証書を授与されました。また,1996年にはマクォーリー大学で応用財政学の修士号を取得しました。職業面では,数学を教えるだけでなく,大学での研修や講義をすることにもかかわってきました。この23年間はおもにファイナンシャルアドバイザーおよび基金マネージャーとして働いてきました。2011年には,自らが設立したノースヘイブン資産管理会社の最高経営責任者兼会長を退職しました。この会社の相談役は,中央幹部として召されるまで,継続しました。

1974年に教会に加わってから,ビンソン長老はビショップリックの顧問,ビショップ,高等評議員,ステーク会長会顧問,地区代表,伝道部会長顧問,神殿儀式執行者,早朝セミナリーの教師,地域七十人など,数多くの召しを果たしてきました。

テレンス・マイケル・ビンソン長老は1951年3月12日,オーストラリアのシドニーで生まれ,1974年5月にケイ・アン・カーデンと結婚しました。夫妻には,6人の子供がいます。

総大会での説教

救い主の真の弟子10月 2019 総大会

神に近づく10月 2013 総大会

すべての総大会の説教 テレンス・M・ビンソン

氏名 テレンス・M・ビンソン

生年月日 1951年3月

出生地 シドニー, オーストラリア