少年たちがアロン神権を受けられるよう備えるのを助ける

神への信仰

「アロンの神権は……メルキゼデク神権に付属するものであり,外形上の儀式を執行する力を持つ……。」教義と聖約107:13-14

『神への信仰—少年用』

少年たちは,11歳の間に以下の活動を修了しなければなりません。これらの活動は,少年たちがアロン神権を受けられるよう備え,義にかなった若い男性となるうえで助けになります。

  • アロン神権の回復について学んでください。(教義と聖約13章107:20ジョセフ・スミス—歴史1:68-73参照)。
  • 教義と聖約20:57-60および『神への務めを果たす—アロン神権者用』7ページを読んでください。アロン神権の目的と神への務めを行うとはどういうことかについて,親あるいは指導者と話し合ってください。
  • 執事定員会の役割について,執事定員会会長会と話してください。執事定員会の一員として,どのように主に仕えることができるか,日記に書いてください。
  • 教義と聖約88:77-8088:118130:19を読んでください。親あるいは初等協会の指導者と,良い教育がどれだけ大切なのか,また,良い教育が家庭,家族,および教会において神権者としてどのように強めてくれるか話し合ってください。
  • 家族—世界への宣言』を読んでください。家族を強め,幸せな家庭を築く助けとなるためにできることのリストを作ってください。そのリストを親あるいは初等協会指導者と分かち合ってください。

神殿と神権のための備え

11.5.5毎年,初等協会会長会は,ビショップリックの指示の下,「神殿および神権準備集会」と呼ばれる集会を準備する。この集会は,11歳の少年少女のために開かれる。その集会には子供たちの両親も招待される。子供たちが神殿での奉仕,神権者としての奉仕,そして神聖な聖約を交わし守ることによってもたらされる祝福を理解できるよう助けることがこの集会の目的である。

集会のトピックとして以下が考えられる:

  • 神権の目的,責任,儀式,祝福について教える。
  • 少年たちが神権を受ける備えをする決意を強めるのを助ける。
  • 少年少女たちが救いの業に携わる機会を理解するのを助ける。
  • 子供たちを励まして,12歳になるときに限定神殿推薦状を受け,状況が許すときに身代わりのバプテスマに参加するのにふさわしくあるよう備えさせる。

ビショップリックの一員がこの集会を司会し,初等協会会長会の少なくとも一人が出席する。そのほか,執事定員会会長会やビーハイブクラス会長会,若い男性会長会と若い女性会長会の各員など,ほかの指導者も出席することができる。

ワードの11歳の子供の数が非常に少ない場合は,ステーク会長会の指示の下で,ほかのワードと合同またはステーク全体で行うこともできる。地元の必要に応じて,日曜日の夕方に,日曜日の初等協会集会の一部として,またはそのほかの時間に開くこともできる。


戻る 「活動の日」メインページに戻る。