ステーク神権指導者

ステーク

15.1.2ステーク会長は,ステーク初等協会を監督する割当を顧問に与える。この顧問は,ステーク初等協会会長会が自分たちの務めについて確実に指導を受けられるようにする。

また,ステーク会長会の各員は,それぞれが割り当てを受けている補助組織の会長会と定期的に集会を持つ。これらの集会において,関係者はともに各組織内の会員の進歩と必要について評議する。


ステーク初等協会担当高等評議員

11.6.2 ステーク会長は,ステーク初等協会会長会とともに働くよう高等評議会の一員に割り当てる。この高等評議員の責任については,15.3に述べられている。これらの責任に加え,スカウト活動が教会により承認されている地域では,8歳から11歳の男子を対象としたスカウトプログラムの実施を助ける(教会発行のScouting Handbook参照)。

15.3.1ステーク会長会は,ステーク補助組織とともに働き,15.1.2に挙げられているようなプログラムに取り組むよう高等評議員に割り当てを与える。ステーク会長会の一員がステーク補助組織会長会と集会を持つ際には,割り当てを受けている高等評議員もこの集会に出席する。高等評議員は,割り当てを受けている補助組織を対象とするステーク補助組織指導者会にも出席する。


戻る 初等協会における役割と責任メインページに戻る。