子供と青少年を守る

子供や青少年の指導者と教師は全員,召しを受けてから1か月以内に本訓練を修了させる必要があります。

訓練を開始する

教会の活動やクラスは,子供や青少年にとって救い主の愛と聖霊の影響を感じる機会となります。子供と青少年が活動やクラスに参加している間,安全で守られていると感じる必要があります。指導者と教師は,子供たちに愛と関心を示された救い主の模範に従う必要があるのです。

この訓練では,身体的虐待,性的虐待,言葉による虐待,その他の種類の虐待を認識し,防止する方法について採り上げています。また以下のリソースも,虐待を認識し,防止するうえで助けになるでしょう。この訓練には,重要な原則や方針をさらによく理解し,応用するためのシナリオが用意されています。


本訓練で採り上げられている重要な原則と方針

  • 主はわたしたちに,虐待を防ぐために全力を尽くし,虐待の被害者を保護し助けるよう求めておられる。
  • 教会はどのような形であれ虐待を容認していない。虐待は神の律法に背くものであり,社会における法律違反である。
  • 「成人が教会で子供や青少年を教える際には,少なくとも二人の責任ある成人が同席すべきである。」(『手引き 第2部—教会の管理運営』11.8.8)
  • 「子供,青少年およびヤングシングルアダルトが出席するすべての教会主催の活動には,少なくとも二人の成人の監督者がいるようにしなければならない。」(『手引き 第2部』13.6.2)
  • 子供や青少年との1対1の長時間のコミュニケーションを避け,活動や懸念について親や保護者と定期的にコミュニケーションをとるようにする。
  • 不適切な行動や虐待が発生した場合は,子供や青少年を守るために迅速に行動すべきである。

アメリカ合衆国とカナダ

虐待があると知った場合は,直ちに法的機関に連絡してください。また,ビショップあるいはステーク会長に相談してください。ビショップやステーク会長は,被害者を助け,通報義務を果たすうえで必要な指導を受けるためにヘルプラインに電話します。

アメリカ合衆国とカナダ以外

いつ,どのようにして虐待を報告するのか学んでください。ほとんどの国では,直ちに法的機関に連絡する必要があります。指示を得るため,ビショップとステーク会長に相談してください。自国で虐待ヘルプラインが利用できない場合,虐待を報告し,虐待を受けた人を保護する適切な手順を学ぶため,ビショップはステーク会長や地域管理本部に相談します。

重要な原則の概要をダウンロードする 

虐待に遭った子供や青少年は,霊感を受けた教会の指導者や家族,専門家などからの親切で思いやりのある配慮を必要としています。また,訓練を受けた専門家は,虐待の痛ましい影響を克服できるよう助けることができます。救い主イエス・キリストの癒しの力は,重荷を軽くし,逆境に打ち勝つ力を与えてくれます。このオンライン訓練モジュールに関する詳細や,自分の召しにおける虐待の防止および対応方法については,以下の「よくある質問」をご覧ください。


よくある質問

この訓練を受ける必要があるのはどのような人ですか。

この訓練は,子供や青少年にかかわる責任に召された人を対象としています。これには以下の人々が含まれます。

  • ステークおよび地方部会長会,ビショップリックおよび支部会長会。
  • 高等評議員。
  • ステークと地方部,ならびにワードと支部の初等協会・若い男性・若い女性・日曜学校・扶助協会,そして長老定員会の各会長会。
  • 書記,教師,アドバイザー,キャンプ指導者,活動の日指導者,音楽指導者,ピアニスト,そして初等協会・若い女性・若い男性組織でその他の召しに就いている人々。
  • 日曜学校青少年クラス,およびセミナリークラスの教師。

この訓練にはどれくらい時間がかかりますか。

本訓練の完了に要する時間はおよそ30分です。

この訓練はどのくらいの頻度で受ける必要がありますか。

子供や青少年にかかわる責任に召されていれば,3年ごとにこの訓練を受ける必要があります。訓練の有効期限が切れる前に,電子メールで通知が届きます。

この訓練はミニスタリングにも適用されるのででょうか。

「責任ある二人の成人が青少年と同席するという指針は,ミニスタリングの同僚の割り当てにおいては適用されない。しかし,指導者はビショップの指示の下,青少年を成人の同僚として割り当てる際には知恵を使い,霊感を求めるべきである。

成人同僚は誤解を招くような状況を避けるようにしなければならない。また,青少年が安全かつ実りあるミニスタリングの経験をできるように,人目のない場所で一対一になることのないように注意を払うべきである。さらに,指導者は青少年を難しい状況の家庭や家族に割り当てないよう知恵を働かせるべきである。

青少年が親ではない同僚に割り当てられる場合,指導者は両親がその割り当てに反対していないことを確かめるべきである。」(『手引き 第2部—教会の管理運営』7.4.3,ChurchofJesusChrist.org)

これにより,青少年との面接に関する方針に変更はあるのでしょうか。

「ビショップリックまたはステーク会長会の一員,あるいは割り当てを受けた指導者は,子供や青少年,女性に会うときは,親または別の成人に,隣室,ロビー,またはホールにいてもらうよう依頼すべきである。面接を受ける人が望むならば,面接の間,もう一人の成人に同席してもらうことができる。指導者は誤解を招くような状況を避けるべきである。」(『手引き 第1部:ステーク会長およびビショップ』7.4,ChurchofJesusChrist.org)

別のワードや支部に移った場合や新しい召しを受けた場合,この訓練を再度受ける必要はありますか。

いいえ。この訓練は3年間有効です。

この訓練にアクセスするためにサインインする必要はありますか。

はい。教会のアカウントでサインインする必要があります。教会のアカウントに会員記録番号(MRN)が関連付けられていない場合,この訓練を修了する前にその情報を更新しておく必要があります。更新しなかった場合,修了したことが記録されません。

会員記録番号を教会のアカウントに関連付けるには,まず自分の神殿推薦状から会員記録番号を見つけるか,ChurchofJesusChrist.orgや会員ツールアプリで会員記録番号を調べてもらえるようワードの書記やほかの教会指導者に依頼します。自分の会員記録番号を入手したら,settings.churchofjesuschrist.org/membershipにアクセスして自分のアカウントにその番号を追加してください。詳しくは,settings.churchofjesuschrist.org/helpをご覧ください。

指導者はどのようにして訓練を受ける必要のある人を把握することができるのでしょうか。

ビショップとワード書記は,ChurchofJesusChrist.orgの「指導者と書記のためのリソース」セクションで訓練を修了する必要のある会員のリストを間もなく閲覧できるようになります。このリストは定期的に更新されます。

神権指導者として,召しを授ける前に知っておくべきことは何でしょうか。

子供と青少年の指導者と教師は,可能であれば,支持を受けてから1か月以内に訓練を修了するように求められています。

だれでもこの訓練を受けることができますか。

はい。子供と青少年にかかわっている人々に加えて,両親やその他の人々も自由にこの訓練を終えることができます。

助けが必要ですか。

教会のリソースにアクセスするためのアカウントの設定に関して助けが必要な場合は,ワードまたはステークの書記までご相談ください。また,この訓練を終えるためにコンピューターを利用する必要がある場合は,指導者までご相談ください。

訓練において問題が生じた場合は,こちらか本ページの下部にある「フィードバック」をクリックしてください。

回答が載っていない質問に関してはどうすればよいでしょうか。

こちらか本ページの下部にある「フィードバック」をクリックして,ご質問をお送りください。


教会のリソース

通報用リソース

その他のリソースと情報